相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編43 2年 帰国決定 そして2度目のハプニング | トップページ | 北米編1 カナダ、そしてついに帰国 »

2008年6月11日 (水)

中南米編44 アマゾン経由でコロンビアへ

3130km/111191km サンタエレナ-ボア・ビスタ-マナウス-タバティンガ-レティシア(コロンビア)-ボゴタ

ロライマ山からサンタエレナに帰って来た時には靴ずれとビーチサンダルの疲れで足はもうボロボロになっていました。しかしロライマに行く前にこの町に長居をしてしまったのでその日のうちにまたバスを乗り継いで翌朝マナウスまで戻ってきました。

010133016_2 020133611 マナウスで2日休養をとりそこから飛行機で更にアマゾンの奥地にあるタバティンガに向かいました。飛行機から見た空港の周りはこのように鬱蒼をしたジャングルでした。

タバティンガからタクシーに乗ってすぐ隣りにあるコロンビアのレティシアと言う町に来ました。この2国間はフェンスも何もなく市民は自由に行き来できるんです。でもブラジル側と比べてコロンビア側の方が店が多く、きれいで、品物もたくさんある感じでした。隣同志なのにこんなに違うんだと不思議な気持ちです。

S_america_2 さてこのレティシアからコロンビアの国内線に乗って夕方には首都ボゴタに到着しました。コロンビアはまだゲリラが活発で南米でも相当危険な国だと聞いていたのでまたまた緊張して空港から出ました。しかし宿に向かう途中に車から見た景色はとても整備されてきれいな町並みでした。

宿は旧市街にあってその周りにはたくさんの店がありました。宿の人もとても親切だったのですが、そればかりか道行く人も気軽にあいさつしてくれるのです。今まで南米のいくつかの国を周ってきてここコロンビアの人達が一番友好的な印象を持ちました。
また市内にはトランスミレニオと呼ばれる新交通システムがありました。バスを専用車線上に走らせて乗り降りは数ブロック毎に道路上に作られた駅で行います。地下鉄に比べたら工事費用が格段に安いでしょうし路線もたくさんあって便利な乗り物です。ただ一般車両はそのために渋滞に巻き込まれることが以前より多くなってしまったようです。こんな感じです。
http://www.estfukyu.jp/estdb6.html
またもしバスを電気バスやハイブリッドにしたらもっと地球に優しくなるのになって思いました。それでも快適でしたよ。

110150550 120150646 さてバスを乗り継いでボゴタ近郊のシバキラと言う町にやってきました。きれいな町並みです。そしてここには塩でできた教会があるのです。ここは元々は岩塩の採掘場だったそうでその地下にある岩塩を削って広大な教会を作ったそうです。
130154202_2 140161253_2180164618 170163555 150161535_2 160162914_2 190170337 さっそくトンネルに入っていくと真っ暗な地下は青い照明を上手く使って幻想的な世界を作り上げていました。美しかった~~。


210142732 宿の部屋にいる時大きな音楽が聞こえてきました。何かと思って窓から見ると鼓笛隊のパレードでした。しかし、ここボゴタは山に囲まれているため天気がころころと変わります。この数分後に大雨になってしまいみんなあわてて雨宿りしていました。



220163646 またコロンビアにもアンデスの先住民がいてこのように街角で演奏していました。いいですねぇ、あの音色。聞いていると眼頭が熱くなってくるんです。

それではコロンビアの食べ物を紹介します。
310112100 320231750 まずこちらではスープをよく飲みます。肉や魚などいろんなバリエーションがあって薄味でとってもおいしいです。


330155957 そしてこれが典型的な昼食。米や野菜もたっぷりで強い香辛料も使っていないので食べやすいです。これにスープとジュースがセットで300円とうれしい値段です。

340231117 コロンビアのビール、一番人気はコステーニャ。苦味が結構あって自分好みです。85円と安いのもいいね~。

« 中南米編43 2年 帰国決定 そして2度目のハプニング | トップページ | 北米編1 カナダ、そしてついに帰国 »

コメント

岩塩でできた教会は幻想的ですね。
なくしたカメラは??
新たに購入したのですか??
パソコンもどうやって更新しているのですか?

バスのシステムは素敵ですけど、隣の渋滞が気の毒ですね。
地下の教会、素敵ですね。地下って聞いたら何か迫害でもあったのかなって思いました。
ビールが安くていいですね。まあ、我が家の発泡酒も120円位ですがね。

KOPAさん、

塩の教会は本当にきれいでした。素晴らしい照明効果ですね。

現在は東京の自宅で更新しているんですよ。

TERUさん、

コロンビアもいずれは地下鉄になるようなことを聞きました。

そうですね、なぜわざわざ地下に作ったのか。岩塩の採掘場に作ったからだと思います。

ビールはやはり安くてうまいのがいいすね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/41499778

この記事へのトラックバック一覧です: 中南米編44 アマゾン経由でコロンビアへ:

« 中南米編43 2年 帰国決定 そして2度目のハプニング | トップページ | 北米編1 カナダ、そしてついに帰国 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ