相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編38 もうひとつの大都市リオ・デジャネイロ | トップページ | 中南米編40 純白の砂漠 »

2008年4月24日 (木)

中南米編39 ブラジルの古都サルバドール

1210km/102604km リオ・デジャネイロ-サルバドール

005s_america リオ・デジャネイロからサルバドールへやって来ました。バスか飛行機かどちらにするか考えました。ネットや旅行代理店を回った結果安い飛行機チケットならバスも飛行機も値段はほとんど変わらないことが解りました。バスは30時間、飛行機なら2時間です。それで今回は飛行機で移動することにしました。

サルバドールは1763年にリオ・デジャネイロに首都が移るまで約200年間ブラジル最初の首都だったそうです。16世紀にはサトウキビ栽培の人手確保のためにアフリカからたくさんの黒人奴隷が連れてこられたそうなんです。そして現在も人口270万人の80%が黒人とその混血だそうです。

010p1060267 安チケの為夜の21時過ぎに出発して到着が23時半でした。にもかかわらず到着ロビーに出るとこのようなこの地方独特の民族衣装を着た女性が歓迎してくれました。これはうれしいサービスです。空港を出た途端ムワッとした空気に包まれました。リオよりもかなり気温も湿度も高い感じです。

030p1060293 060p1060297  翌日さっそく街の中を歩いてみました。確かに黒人の数が多いんです。と言うよりもほとんどが黒人です。そのせいか街の雰囲気も今までの街とは大分違っていてアフリカに来たかのようです。古い建物はきれいに塗り替えられていてかわいい町並みです。

040p1060274 歩いている途中で気になる店がありました。骨董品屋のようなガラクタ屋のようなおもしろい店でした。店先の猫が出迎えてくれました。

070p1060270 ここは海の目の前。そこで魚市場に行ってみました。中ではエビ、伊勢エビ、タコ、サヨリ、イカ、アサリなどいろんな新鮮な魚介類を売っていました。

110p1060306_2 120p1060309 さてビーチに行ってみました。ここではまだまだ夏。たくさんの人が休暇を楽しんでいました。青い海とヤシの木は絵になりますね。

230p1060323 240p1060329 250p1060342_2 260p1060353 この街では黒人によってもたらされた習慣や音楽で溢れています。それを紹介するショーを観にいきました。カンドンブレと呼ばれる黒人密教の儀式では様々な神が登場します。

263p1060294 266 これはビリンバウと言う楽器。この地方の独特の物です。昔黒人は武器を持つことも格闘技を習うこともを許されていませんでした。そこで主人に見つからないように見た目は踊っているかのように見える格闘技が広まったのです。それをカポエラと言います。そのカポエラの練習もこの楽器を奏でながら行います。見た目は本当に踊っているようです。

270p1060362 通りでは太鼓を持った少年達が街を行進していました。その心地よいリズムに合わせてみんな踊っています。自分もついつい身体が動いて一緒に踊っていました。

280p1060371 そして各クラブではサンバ、レゲエなどいろんな音楽に合わせてたくさんの人が夜遅くまで踊りまくっていました。音楽に包まれたこの街、自分は大好きです。

治安が悪いと言われるブラジルでも特に注意が必要なサルバドール。自分が滞在中も同じ宿に泊まっていた日本人2人組が日曜日の朝、通りを歩いていて2人組の強盗に襲われました。ナイフを持っていてカバンを奪われそうになったのです。幸い被害はなく犯人の1人も捕まったそうです。しかしその犯人が10才と7才位の少年だったということで2重にショックを受けました。皆さんもブラジルに旅行される際は気をつけてください。もちろんそれ以外の国でもです。自分もこれから更に用心しつつ旅を続けたいと思います。

さてここでお知らせです。
現在ベネズエラにいるのですがここから山登りに参加する予定です。またしばらく日記の更新ができませんがまた帰ってきてから更新するので少しの間お待ちください。

« 中南米編38 もうひとつの大都市リオ・デジャネイロ | トップページ | 中南米編40 純白の砂漠 »

コメント

ウシュアイアでお会いしたカップルの片方です
サルバドール!カーニバルの時期じゃなくても同じような雰囲気なんですね!
リズムに溢れ色彩豊かなあの町、私大好きです
もう日本に帰ってきてしまったけど、ブログ楽しみにしてますよ
蔡さんと洋子さんにもよろしく

牛美です。山登り 楽しかったですか? 歩くの嫌いなさいさんは大丈夫だったかな。我々はトロントに居ます。日曜に10キロのレースを走ったら即サンパウロへ行きます。そこで質問。リオではどこに泊まったのですか? いい安宿ありました? 教えて下さ〜い。宜しく御願いします。牛。

Yoshiさん、大変ご無沙汰しています。いつの間にか南極まで行ってたのですね。写真で見ても迫力があるので、生は凄い感動でしょうね。ブラジルは2年前に仕事でクルチバという
ところに行きましたが、とにかく遠かった。
日本はGWが今日で終わりです。私は妻と2人で三重の伊勢・志摩・松阪などに数日行きました。Yoshiさんのハードな旅とは正反対で超のんびりでしたが、とても楽しかったです。
明日から仕事なので、夏休みを励みに頑張ります。Yoshiさんの旅を今月で2周年ですね。引き続き良い旅をお祈りします。

ayaさん、
サルバドールのように音楽で溢れている町って素晴らしいですね。歩いているだけで思わず体が動きだしちゃいます。
ありがとう、これからもブログをよろくしね。
これから日本での生活を満喫してください。

牛美さん、
返事が遅くなってすみません。
山登りはとてもきつかったですが景色はよかったですよ。
リオではJucatiというホステルのような宿に泊まりました。建物はとてもきれいで長期滞在で割安になるしWifi無料です。地下鉄の終点から歩いて10分位でコパカバーナにも歩いていけます。ただし住所がわかりません。ごめんなさい、ネットで調べると見つかるかもです。ではブラジル滞在楽しんでくださいね。

竹さん、
どうも久しぶりです。
2周年をよく覚えていてくれました。あっと言う間でした。
もう間もなくこの旅も終わりを迎えようとしています。
日本に帰ったら伊勢にも行ってみたいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/40976488

この記事へのトラックバック一覧です: 中南米編39 ブラジルの古都サルバドール:

« 中南米編38 もうひとつの大都市リオ・デジャネイロ | トップページ | 中南米編40 純白の砂漠 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ