相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編35 アルゼンチンあれこれ | トップページ | 中南米編37 日本移民草分けの地 »

2008年4月 9日 (水)

中南米編36 ド迫力、イグアスの滝

1556km/99914km ブエノスアイレス-プエルト・イグアス-フォス・ド・イグアス(38カ国、地域目 ブラジル)

010s_america ブエノスアイレスから夜行バスに18時間揺られてプエルト・イグアスと言う町にやってきました。
アルゼンチン、パラグァイ、ブラジルの国境地帯にある世界3大瀑布のひとつイグアスの滝を見るためです。
イグアスとは先住民グアラニー族の言葉で”壮大な水”を意味するんだそうです。

015p1060030 翌日さっそく滝の見学へ。朝からあいにくの曇り空です。バスで小1時間で滝の入り口に到着です。そこから観光電車に乗り換えて終点まで。そしてさらにイグアス川にかかる遊歩道を歩いて進みました。遠くの方で水煙が上がっています。

020img_0600 0301 その方向にずっと歩いて行くと突然目の前に轟音と共にいきなりイグアスの滝の中でも最も迫力のある悪魔ののどぶえと呼ばれる滝が目の前に現れました。

040p1060081 その迫力は凄まじいものがありました。

ここの観光ツァーの目玉がボートに乗ってこの悪魔ののどぶえの滝壺に突入すると言うものでした。いくら濡れてもいいように海パンに着替えてさっそく挑戦です。ボートはいくつかの小さな滝の滝壺で準備運動?をしてから本命に向かって行きました。ドライバーはきっと熟練していて安全にしかもスリルが味わえるぎりぎりの線でボートを操ってくれているんです。滝壺に近づいた瞬間ものすごい量の水がボートを直撃しました。あちこちから悲鳴、歓声があがっています。数秒後、その滝壺から脱出しました。全員全身水浸しになりながらも大声で喜んでいました。

110brazil_l_150 120img_0636 さて翌日国境を越えてブラジル側の町フォス・ド・イグアスに来ました。こちらからもイグアスの滝を見に行きました。

130img_0637 140img_0663 150stb_0641 1603 この日はよく晴れていて滝の水しぶきに見事な虹がかかっていました。こちら側からは滝の全容がよく見られました。

210img_0561 220img_0614 230rimg0499 またこの近辺にはめずらしい動植物もたくさん見られました。ハナグマやきれいな蝶々達、それに色とりどりの鳥達。特にオニオオハシは大きなくちばしがとても美しかったです。

これから南米のほぼ半分を占めるこの広大な国を周って行きたいと思います。

« 中南米編35 アルゼンチンあれこれ | トップページ | 中南米編37 日本移民草分けの地 »

コメント

マイナスイオンをたっぷり浴びましたか~
こちら日本ではひのき花粉?をたっぷり浴びてます・・
絵でよくみる熱帯の鳥!目撃できたんですね
すごいなあー

命知らずな滝壺突入!!
げ~~~~!!
なんでそんな危険なツアーがあるの??
私は見るだけで充分です。
怖すぎまーーす。

行ったか!やっぱ行ってしまったか!

次はエンジェルフォールですか?
GW中にそのあたりにいるなら、
偶然を装ってエンジェルフォールの滝壺で瞑想して待っていること可能ですが、どうします?(笑)

TAMAさん、
滝の水しぶきはすごい迫力でした。水しぶきと言うよりは土砂降り^^
あの鳥のくちばし、小さい頃よく食べた森永チョコボールを思い出しました(笑)

KOPAさん、
見た目は怖いですが実際に行ってみると意外にそうでもないんですよ。ただ全身びしょ濡れになるのでその対策さえすればOKです。

kayoさん、
うわーっ!
3度目の再会!!
是非是非お待ちいたしておりまする!!!

Yoshiさんこんにちは~!!
ついこの間、私もそこにいましたっ!!
(今はもう日本ですけどね~)

もうちょっとずれていれば、
南米で再会出来たんだな~と思うと
かなり残念です!!

メールした通り、遅ればせながら
只今ミクシィに奮闘中(笑)!!

元気に楽しい旅、続けてくださいネ♪

NAOKOさん、
残念でした~~。
ミクシィでまたお会いしましょう。
ありがとう。NAOKOさんもお元気で。

mixi私もやっているので
ぜひアカウント教えてください☆
宜しくお願いしますhappy02

ゆっきぃさん、

返事が遅れてすみません。
mixiのアカウントは8617185です。
よろしくお願いします。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/40825208

この記事へのトラックバック一覧です: 中南米編36 ド迫力、イグアスの滝:

« 中南米編35 アルゼンチンあれこれ | トップページ | 中南米編37 日本移民草分けの地 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ