相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編31 パタゴニアの船旅 | トップページ | 中南米編33 飛び出せ☆地球発見@南極 »

2008年3月15日 (土)

中南米編32 南米最南端へ

640km/93008km プエルト・ナタレス-ウシュアイア(36カ国目 アルゼンチン)

010s_america 110p1050469 120p1050475 プエルト・ナタレスから朝早くバスに乗りました。途中でバスを乗り換えてそのバスのままフェリーに乗ってマゼラン海峡を横断です。30分程の航海でしたが500年近く昔この海峡をかのマゼランが渡って世界一周を実現したと思うと感慨も一入でした。

130p1050480 そこからさらにバスを乗り換えて夜遅く南米最南端の町ウシュアイアに到着しました。

210p1050483 220p1050761 230p1050764 ウシュアイアでお世話になるのはアルゼンチン在住40数年、先日85才の誕生日を迎えられた上野さんが切り盛りされている上野山荘と言う日本人宿です。5年前にご主人を亡くされてからは娘さん夫妻の助けを借りながらも通常は1人で運営されています。宿泊者もよく心得ていて自分達でできることはなるべくお母さんを煩わせないように宿泊しています。とは言っても宿をやるのは大変、我々日本人旅行者の為にこうしてとても良心的な値段で宿を提供してくれるのはありがたいことです。優しいお母さんと甘えん坊の愛犬トゥルーチャに出迎えられてここまでやってきてよかったと思う旅人はたくさんいるはずです。またここにはドラム缶の五右衛門風呂があるんです。パタゴニアに来て冷えた身体をこの五右衛門風呂が温めてくれて最高の入り心地でした。

310p1050706 320p1050484 330p1050490 340p1050710 翌日は快晴。町の中を歩くと遠くには雪をかぶった山々。そしてヨーロッパ風の風情のある町並み。ここが南米であることを忘れてしまいそうです。

410p1050733 420p1050745 またここには世界最南端の鉄道が通っているんです。と言ってもそれは今から100年程昔ウシュアイアに建設された刑務所に物資を運ぶために囚人によって作られた幅60センチのミニチュア線路なんです。その上に小型の蒸気機関車が1日3往復観光客を乗せて7キロの道のりを往復します。それは世界の果ての列車と呼ばれています。ゆっくりと走る列車の窓からは広く色づいた山々、紅葉が始まった森、馬がたくさん駆け周る草原などが次々と見えて1時間の旅はあっと言う間に終わります。冬になるとあたり一面雪で真っ白になるそうです。

さてこのウシュアイアは南緯55度、北緯でいうと北海道の更に北、サハリンの北端に当たります。ということは、この辺の海にはいるんですよ、カニさんが。
510p1050713 という訳でついに日本を離れて初めて食べました。正式名はわかりませんがこちらでセントージャと呼ばれるカニはタラバガニそっくり。味もあのカニと同じです。久しぶりでおいしかった~~。

520p1050716 そしてこのアイス、パタゴニアに自生しているカラファテという木の実がはいっています。甘酸っぱくて美味でした。

この南米最南端の町に来たのには実は大きな理由があるんです。
それはこの地球の最南端を目指すためです。そうです。南極です。
その様子は次回のこのブログで紹介させていただきます。

« 中南米編31 パタゴニアの船旅 | トップページ | 中南米編33 飛び出せ☆地球発見@南極 »

コメント

yoshiさん、お元気で旅をお続けのことと存じまする。いよいよ明日奴のマラソンです。さっきゼッケンピックアップに行って来ました。今回は200人程度の参加らしいです。(少人数ですね。。)
今晩夏時間に変わるらしく、危うく集合時間、間違えるとこでしたよ、やばいやばい。。。 頑張りま〜す。ブログの更新 楽しみにしてます!!

牛美さん、
コメントありがとうございます。
今頃はマラソンが終わって一息ついている頃でしょうか?200人とは少ないですね。ならばきっとお国の代表として走られたんでしょうね。お疲れ様でした。
また南極の日記も更新するので見てみてくださいね。

マラソンはフランス代表で元気に完走してきました。早速のリンクありがとうございます!! そして素敵な紹介文。恥じない様に楽しんでブログも続けて行きま〜す。YOSHIさん、食事情が良過ぎてカロリー過多にならないようくれぐれもご注意を。。。 バモース!!

牛美さん、
これからもブログ楽しみにしています。
確かにカロリーオーバーかも、いや確実にそうです。気をつけなきゃ。

いよいよ南極ですか。寒そうですが・・・
楽しみにしています。
 私は念願のタイランド行きのチケットを予約しました。体調が不安定なので今回はツアーにしました。今から楽しみです!!

KOPAさん、
南極は思っていた程は寒くなかったんですよ。冬の北海道の方が寒いと思います。
おお!ついにタイに行かれるんですね。いつ頃どこに行かれるんでしょうか?楽しんで来てくださいね。

やはり湘南とは景色が違いますね(笑)
虹がキレイです!
ついに南極まで行ってしまったのですね♪
私には未知の世界ですー。
引き続き気をつけて旅して下さい!

snowintheseaさん、
湘南には湘南の魅力がありますよ。
自分も日本に帰ったらきっと近いうちに行くと思います。
虹は偶然港に出てました。それもほんの数分間だけ出て消えちゃったんですよ。
ありがとう。
南極のレポートもうじきアップしますんでまた見てくださいね。


久しぶりにプログが見れましたよ。
地名と写真をみて、懐かしかったです。
そして貰ったメールもみました。
ブエノスに居られるのですね。
そして6月に帰られる予定とのこと。
そのときは我々北欧に向けて移動中だと思います。
日本に帰ってから、少しは日本に居るのですか?
また旅へ?

私たちの予定は今のところ、ジェンケン条約以内3ヶ月かな~とも思いますが、行ってみて決めよと思っています。
また便り楽しみにしています。

今庭椿が満開で、日本は春です。

おさむ やすこさん、
日本はもうすっかり春ですね。

日本に帰る予定はまだはっきりとしてません。何せ気ままな旅なので。

おさむ やすこさん達も再び始動ですね。どうか安全と健康第一で楽しい旅にしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編31 パタゴニアの船旅 | トップページ | 中南米編33 飛び出せ☆地球発見@南極 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ