相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編27 モアイの島 | トップページ | 中南米編29 サンチャゴの魅力 »

2008年2月11日 (月)

中南米編28 イースター島あれこれ

20km/85898km ハンガ・ロア-アナケナビーチ-オロンゴ-ハンガ・ロア

まずはイースター島の食べ物から。

010p1040927_2 020p1050168 イースター島でまず紹介したいのがマグロです。新鮮なマグロが捕れるので刺身やマリネでいただきます。メニューにも”Sashimi”と書いてあり醤油とわさびまでついています。前菜となっていましたがこれだけで満腹のボリューム、やっぱりマグロはうまい!

030p1040863 こちらは島民にも大人気のマグロのエンパナーダ。マグロと玉ねぎがたっぷりと入ったパイです。これだけで昼食には十分、ホクホクのマグロがイケます。

040p1050054 050p1040984 060p1050160 070p1050161 さてこちらは焼きそば、カツ丼、そしてサンラーメン(醤油味の具入りラーメン)です。イースター島唯一の日本食堂”居酒屋甲太郎”はチリ人の旦那さんと日系人の奥さんがやっているレストラン。息子の名前が甲太郎だそうです。
島ではとても限られた食材しか手に入りません。大阪で修行した旦那さんはそれを使ってここまでの日本食を作りました。大したものです。味もおいしい~~んですよ。これからも家族でこの店を継続していってもらいたいものです。

080p1040877 島で1軒の手作りジェラートの店、10種類位あったかな。イースター島は今夏真っ盛り。たくさんの味があるんで毎日でも食べたいです。

110p1040894 日曜日の朝、教会に行ってみるとたくさんの人。島民の大部分はキリスト教徒のようです。みんな正装をしてミサに出席していました。ここで歌われるゴスペルはポリネシアな感じでみんな楽しんでいるようでした。

120 130p1040921 この旗はレイミロと呼ばれています。島の旗にもなっているこのデザインは男性の顔が両側に描かれ12世紀頃作られてそうです。イースター島ではチリの国旗と共にあちこちに掲げられています。そして町役場の前にはその石像が建っていました。

140p1050084 今が夏の島のあちこちに様々な花が咲き誇っています。これは何という花でしょうか。きれいなオレンジ色でした。

150p1050094 アナケナビーチは白い砂浜が美しい海岸。珊瑚も見られます。

160p1050096 バイクで移動中にふと見ると”77777”。こりゃあいいことあるかな。

205p1040995 210p1050023 地元の伝統ダンスのショーを見に行きました。ハワイのフラダンスを想像していたんですがとてもテンポが速く激しい動きのダンスでした。最後は自分も参加させてもらって大満足でした。

215p1050222 220p1050108 230p1050102 これは2月に開催される大きな祭りのポスター。今日はそのリハーサルの日。残念ながら本番は見られませんがこの練習風景だけでも楽しめました。みんな年に1度の祭りをとても楽しみにしているようです。

310p1050149 こちらは島の南部にある火山湖。住民の飲み水は全てここから賄われているそうです。葦が覆う湖面は美しく輝いていました。

320p1050153 ここがオロンゴと呼ばれるかつての聖地。ここには復元された住居がたくさん残っていました。しかしこの海、きれい~~。

イースターはチリに属してはいますが位置的にはポリネシアの一部です。住んでいるのも南米の人とは全く違います。ハワイの人に近い感じがします。その島では独特の時間が流れています。また人々は友好的で親切。沖縄を彷彿とさせます。南の島というのは共通点があるのかもしれません。南半球では北の島と言うのかな。

410p1050206 やっと夕日が沈んだのが21時。無数の星と共に静かな島の夜が始まります。

さてイースター島の滞在もあっと言う間に終わって再び首都サンチャゴに向かいます。

« 中南米編27 モアイの島 | トップページ | 中南米編29 サンチャゴの魅力 »

コメント

海凄いキレイですね。
イースター島で刺身が食べれるなんて知りませんでした。
ライトアップされたモアイ像も神秘的です。
僕も行きたくなりました。

イースター最高ですよね!一週間いたけど全然足りなかった!島の人も優しいし、もっといたかったなあ!

エンパナーダはホント美味しいですよね!
それから居酒屋が出来たんですね!?
僕が行った4年前はちょっと高いレストラン
しかなかったです・・・。

kazutomoさん、
モアイを見ながらぼーっと過ごすのもいいんじゃないかなと思います。朝昼夜でまた違った表情を見せてくれるしね。是非候補リストに載せてください。

yosukeさん、
そう、モアイもいいけどこの島の人達が陽気でフレンドリーなのはうれしかったなぁ。それにyosukeさんはあの元サッカー選手にも会えたんだもんね。

ゆーすけさん、
エンパナーダ毎日食べてました♪
もしかしてこの島にも自転車で来たのかな?自分はバイクで島を周っただけでヘトヘトになっちゃいました。
居酒屋甲太郎は確かできてから3年って言ったかな。バックパッカーの為にもがんばってもらいたいものです。

イースター島は食べ物もおいしそうですね!
それにしても海がキレ〜〜〜happy02
見ているだけでも癒されますから、実際はもっと澄んでいるんでしょうね!!

snowintheseaさん、
新鮮なマグロがおいしかったです。
海は紺碧でしたね~。透明度は60メートルとか言ってました。ちょっとピンと来ない数字ですがそれだけ透明なんでしょうね。

まぐろがおいしそうでした。
島の人たちは陽気な人が多そうですね。
楽しそうでした。

KOPAさん、
しばらくこの島に滞在しているとマグロを積んだ船が戻って来るのを待っていて漁師さんから直接買うことができるそうです。マグロ1匹買ったら当分マグロには困らなさそうですね。はい、島の人達は皆陽気で楽しい人達でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編27 モアイの島 | トップページ | 中南米編29 サンチャゴの魅力 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ