相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編26 旅のお復習い(旅は道連れ) | トップページ | 中南米編28 イースター島あれこれ »

2008年2月 1日 (金)

中南米編27 モアイの島

6320km/85878km リマ-サンチャゴ(35カ国目 チリ)-イスラ・デ・パクスア空港(イースター島)-ハンガ・ロア-アフ・タハイ-アフ・アビキ-アフ・ハンガ・テエ-アフ・トンガリキ-ラノ・ララク-ハンガ・ロア

久しぶりの移動です。
010s_america 020chile_l_150 リマから夜行の飛行機に乗ってチリの首都サンチャゴに来ました。そしてそこからさらに国内線に乗り換えて3700キロ離れた太平洋に浮かぶ離れ小島にやってきました。イスラ・デ・パクスア(イースター島)です。

110p1040854 120p1040856 ここは周囲58キロ、2000人程が暮らす静かな島。なぜここにはるばるやって来たのか。目的はただ一つ、モアイに会うためです。自分にとっては今回の旅で最初から来ようと思っていた場所の一つです。

島内には約100体のモアイがあちこちに立っているんだそうです。その他に倒れているモアイもたくさん。
しかしこの島には今でも多くの謎があるんです。
一番近い島でも1900キロ。どんな人がどこからここにやって来たのか。またいったい何のためにモアイ像を立てたのか。
先住民は後からやってきた人達によって絶滅させられてしまったそうで過去を伝える人はもう誰も残っていないのです。

さて島内に散らばっているモアイをひとつずつ見て周りました。

210img_4968 220img_4984 230img_4772_2 240p1050038 岩山から切り出す途中のモアイ、運ばれる途中で失敗して倒れたままのモアイ、一度は立ったのに島内の民族争いで倒されてしまったモアイなど様々です。

320img_4789 また白珊瑚の目が入ったモアイ、頭にプカオという帽子のようなもの(当時の男性の髪を模したものらしい)をかぶったモアイ、それに写真にはありませんが女性のモアイもいます。

320p1040889

405p1040983 410img_4783 420img_4791 430img_4872 440p1040964 1体だけのモ アイ、7体、15体と集まったモアイもいます。

450p1050047 この15体のモアイは日本企業の協力で修復されたんだそうです。

510p1040952 515p1050142 520p1040929 540img_4833 550p1040934 560p1040957 日の出、日中、日没でまたモアイは違った表情を見せてくれます。

570img_4907 牛や馬もモアイの近くで草を食べています。

610img_4852 620p1050078 630p1050144 640img_4903 白黒やセピア色に加工したモアイも情緒があって好きです。

710img_4868 720img_4874 730img_4961 740img_4913 750p1040912 7604 この何とも言えない存在感。ずっと見ていても飽きません。

今回は説明はこれくらいにしてモアイをたっぷりと見て下さい。

« 中南米編26 旅のお復習い(旅は道連れ) | トップページ | 中南米編28 イースター島あれこれ »

コメント

モアイの間から射す太陽がきれいですね。このモアイという言葉の意味ご存じでしたらYOSHIさん教えてください。携帯でモアイと打つとモアイ像の絵が出るのに驚きました。渋谷駅前にあるのは、本物でしょうか?

あぁ~ 鼻血ブゥ~~

yoshiさん今、日本一羨ましい男にランクインされました。おめでとうございます。

あぁ、もう絶対、新婚旅行とかでイースター島に絶対連れてってもらいます!!

モアイ、良いですよね~!
スキューバダイビングもできると思いますし
是非やってきて下さい!
僕は見れなかったですが水深40mにモアイが
沈んでるみたいです。
(ダイビング用の偽物ですが・・・。)
それとホテルでカリカリダンスってのが
見れます。素晴らしいです!!是非。
あとポストオフィスでパスポートに
スタンプ押してもらえますよ!

夜行の飛行機で移動とはおつかれさまでした

イースター島、行きたいです。
でもなんだかチケットが取りづらいとか。

それとやはりレンタカーじゃないと効率よく見れないのかな?

やっぱりサンティアゴに着いてからじゃ遅いかな。

ダイビング、私も行けたら潜りたいです。

ところで、中田英寿の写真はいつのいつのもの?

やっぱりイースター島に行っのかな?

これがかの有名なモアイですか・・・。
わりと素朴な顔です。
写真が綺麗です。YOSHさんが羨ましいです。
わたしも旅に出たいです。

いいですねえ、イースター島、行ってみたいって思ってる土地のひとつです。
いじってある写真もステキですね

イースター島は一昨年行きました。
誰も考えることは同じなようで、私も全く同じような写真を撮って来ましたよ。(特に夕陽とモアイの写真)
イースター島はモアイも良かったですが、自然そのものも素晴らしかった思い出が強いです。
YOSHIさんの今後の予定は知りませんが、ビーニャ・デル・マールの日本人宿「汐見荘」に行って自炊でシーフードを食べまくるのも楽しいですよ。

NAGAさん、
モアイの意味は諸説があって特定に至っていないため、現在も不明なんだそうです。
でも宗教との関連がありそうです。
そうそう、渋谷にもありましたね。

eikouさん、
ありがとうございます。
あれ、連れてってもらうんですか?是非連れてってあげてください。とても喜んでくれると思います。

ゆーすけさん、
残念ながらダイビングは機会がありませんでした。
何という名前かわからないのですが地元のダンスを見に行きました。次回の日記にアップしようと思います。

風の旅人さん、
イースター行きのチケットは日によってばらばらみたいです。俺の場合行きは満員でしたが帰りはがらがらでした。
島内は距離的にはバイクや自転車でも大丈夫なんですがなんせ日差しが半端じゃなくすごいです。2輪車の場合は日焼け対策を万全にしてください。中田は去年の暮れに行ったそうです。甲太郎という空港の近くの日本食屋に毎日来ていたそうです。

KOPAさん、
そうですね。モアイ自体はとても素朴です。でもそれがまた自分は好きなんです。ずっと見ていてもあきません。今年は旅に出てくださいね。

meggyさん、
どうもこんにちは。
是非行ってくださいね。
ありがとう。写真はいろいろ楽しいですね。

流浪人さん、
そうですね。自然も素晴らしかったです。海や空の青さとかですね。
「汐見荘」の情報ありがとうございます。是非行ってみたいと思っています。

ところでYOSHIさんもやはり、レンタカーで回られたのでしょうね。

風の旅人さん、
自分はレンタカーの半額位のバイクで周りました。
自転車のように漕がなくていいので坂道や舗装していない道でも楽々でした。
でも太陽の強烈な日差しは容赦ないです。日焼け止めや長袖などの日焼け対策を万全にしておかないと後で辛い目に合います。
ちなみに自分は現在露出していた腕や首の皮がむけてボロボロです(涙)
それからバイクや自転車だと舗装していない道を1日走ると全身埃まみれになって鼻の穴まで真っ黒です。

こんにちは、ヨシさん&サイさん!!
パナハッチェルでお会いしたNAOKOです。

私は今ペルー・・・
イースターは今月後半です!!
この後はどんなルートなのでしょうか?!
お会いできたら嬉しいな♪

NAOKOさん、
どうもこんにちは。
おっだいぶ近くなってきましたね。

自分はこれからひたすら南下していく予定です。でもこの先何カ所かでまた停滞する予感が、、、
お待ちしています。

ご無沙汰です。
イースタ島いいですね。
必ず行きたい所にランクアップしました。でも遠すぎて中々行くチャンスが無いかも知れないけど、念じれば通じるっていう事で頑張ります。

TERUさん、
イースター島は自分は大好きです。あのモアイって見ていて飽きないんですね。遠いですが機会があったら是非行ってみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編26 旅のお復習い(旅は道連れ) | トップページ | 中南米編28 イースター島あれこれ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ