相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の4件の記事

2008年1月25日 (金)

中南米編26 旅のお復習い(旅は道連れ)

0km/79558km リマ

旅をしているといろんな人と出会います。今回はシリアで出会った旅人とのエピソードを紹介します。

旅は道づれ。

旅の途中で知り合いしばらく行動を共にする。
時には一緒に飯を喰らい酒を酌み交わす。
そしてまたそれぞれの目的地に向かう。

ヨルダンで23歳の女の子と出会った。
明るくてよく笑う子で通り過ぎる男達は皆彼女を見ていた。

彼女はこの旅行の為に2年間一生懸命働いた。
そして世界一周航空券を持って4ヶ月前に日本を出た。
これから一番楽しみなヨーロッパと南米に向かうのだ。

最初は同じ宿で話をするだけだった。
そのうちに同じバスに乗り同じ宿に泊まり同じ飯を食べるようになった。

010 020

アンマンのクリフホテルから見た景色

030 クリフホテルのサーメル(現在はコーダホテル勤務)

040 ヨルダンの甘いお菓子

100

ヨルダンから陸路で国境を越えてシリアに入りいくつかの町を旅した。

110 ダマスカスで人気の鶏丸焼き

120 ダマスカスのジュース売り

130_2  ダマスカスのアルラビホテル

140 ハマの巨大水車

150 ハマの女性達

160 レバノン産ビール

170 アレッポのジューススタンド

180 ダマスカスのアルアハドアルジャディドホテル

190_2 ラタキアのビーチ

200 ラタキアのレストラン

210 超大盛りパスタ

220 ラタキアのアルアトライホテルのおじいちゃん

最後の1週間を地中海の小さな町で一緒に過ごしてその翌日に別れた。
彼女はトルコを目指し北へ向かった。
自分は首都を目指し南へ向かった。

その日の夜21時、俺の泊まっている宿に電話がかかってきた。
彼女からだった。
”今日おじいちゃんが死んじゃったの。私すぐに日本に帰らなくちゃいけなくなっちゃった。”

それからが大変だった。
空港に行けば何とかなるだろうとチケットもないまま彼女は夜中に350キロ離れた国境の町からタクシーをすっ飛ばして首都の空港へ向かった。

俺はまずネットで日本に帰る飛行機を探した。
シリアから日本への直行便はない。
ルートはたくさんあるのだが運賃が数千ドルもかかってしまったり乗り継ぎが複雑で3日もかかってしまったりととても使い物にならない。
やっとのことでダマスカス発イスタンブール経由関空行きのトルコ航空便を見つけた。
ところがトルコ航空のサイトで予約しようとすると1週間先まで全て満席。
こうなったら空港で直接交渉だ。

230 ダマスカスの空港

俺は真夜中の1時に一足先に空港に着いた。
やっとのことでトルコ航空のオフィスを見つけて駆け込んだ。
”おじいちゃんが死んじゃってどうしてもすぐに帰らないといけないんです。”
”大丈夫、席はありますよ。”天使の声が聞こえた。
4時25分発、まだ3時間ある。
後は彼女が来るのを待ってチケットを買うだけだ。

240 出発ロビー

ところが2時になっても2時半になっても彼女は姿を見せないのだ。
モニターでは搭乗手続き中のサインが。
3時になった時俺はターミナルの外に出て送迎車の行き来する通りに立ち尽くしていた。

やるだけのことはやったよ。
明日の飛行機に乗っても1日遅れるだけだ。
そう思いながらも悔しい気持ちが拭えない。

3時半を過ぎて俺はあきらめてターミナルに引き帰そうとしていた。
その時だ!
”ごめんなさ~い。”
遠くから聞き覚えがある声。
振り向くとバックパックを背負った彼女が一生懸命走っていた。

”飛行機見つかったよ!今ならまだ間に合うかもしれない。”
それから大急ぎでセキュリティチェックをすり抜けてトルコ航空のカウンターへ。
渋る係員を説き伏せて航空券を買えることになった。

ところがここでまた問題発生!
クレジットカードの端末が故障中で使えないのだ。
そこでトルコ航空のスタッフに引き連れられて空港ロビーに出てきた。
そこにあるATMで必要額を引き出すためだ。
しかしこれだけ多額の現金を一度に引き出せるかどうか解らなかった。
カードを入れて暗証番号と金額を入れてOKを押す、、、
”I'm sorry,,,"
うわっだめだ、どうしよう。

落ち着いてよく読むとどうやら1回の引き出し額の上限を超えているようだ。
金額を小さくして再度挑戦。
ガチャン、ビーッ。
やった、出てきた。
これを何回か繰り返して必要額を入手。

こうしてついに搭乗券を手にしたのだった。

”本当にお世話になりました。”と彼女は深々と頭を下げた。
突然の死。突然の旅行終了。突然の帰国。
混乱の極みであっただろう彼女は別れ際にニコッと微笑んだ。
その目からキラリと光るものが流れた。

電話を受けてから7時間後に彼女は機上の人となった。
あー今日はよく眠れそうだ。
薄明るくなった頃空港からのバスに乗った自分は言い知れぬ満足感に浸っていた。

250 旅は道づれ。

さて長かったリマともついにお別れして次に向かいます。

2008年1月21日 (月)

中南米編25 旅のお復習い(酒)

0km/79558km リマ

今回は酒についてです。酒というのも実にその土地の文化と深く関わっていると思います。その地で採れる原料をうまく工夫して作っています。酒好きの自分にとっては次はどんな酒と出会えるかも楽しみのひとつです。

まずどこでも一番よく飲まれているのはビールです。
010p1010124 020p1030077 特にエチオピアとベルギーはビールの種類が多く味もバラエティーに富んでいました。果物の香りがする物や冷やさないで常温で飲むビールもありました。

030img_7701 あの苦みの元はホップが一般的だと思うのですが、中国では苦瓜を使ったものもありました。

韓国にはマッコリという米で作った酒。日本のどうろくのように濁っていてちょっと酸味があって辛い韓国料理との相性抜群です。

040img_7097 韓国と北朝鮮の国境の町板門店。そこの売店で売っていたのがこの北朝鮮の酒、その名も平壌です。残念ながら飲みはしませんでした。

110img_7797 中国の白酒はコウリャンが原料で50度もあります。これを油っこい中華料理の油を洗い流すようにくい~っと飲みます。のどがか~っと熱くなります。

115img_9024 ベトナムには昔ロシア人がたくさん住んでいた時期があって彼らが持ち込んだウォッカがよく飲まれてました。これは意外でした。

120img_9721 タイには沖縄の泡盛のルーツと言われているラオ・カーオという酒があります。泡盛と同じく米を原料にしていて口に含むと米の香りが広がります。何となく泡盛に似ているような気がします。

123img_0921 ネパールの湖畔の町ポカラ。こちらではチベットでよく飲まれていると言う穀物酒アラックがありました。このようなれはトゥンバと言う金属製の特別な容器に何かの穀物と酒が入っています。その容器に金属製のストローをさして人肌程に温められた酒を吸うのです。アルコールの強さはビール位でなかなかイケル味でした。なくなったらお湯を足して3回楽しめました。

125img_1634 インドでは表向きはあまり酒を飲みません。でも裏通りなどに飲み屋や酒屋があってみんなビール、ウィスキーなどを飲んでいました。これはインド産のラム酒です。

126img_0845 マダガスカルではぶどうから作ったグレーワインが名物でした。淡いロゼ色で味はかなり酸っぱいんです。酸っぱいワインが好きな人にはいいかも。

127240img_1574 ジンバブエではとうもろこしを発酵させて作るチブクという酒をみんな飲んでいました。このように大きな容器(2リットル位)に入っているチブクをがぶ飲みします。酸味が結構あってとうもろこしの粉も一緒に混じっているので最初はかなりとっつきにくいです。
ファンクションと呼ばれる宗教儀式ではみんなでこれを回しのみしながら歌い踊ってトランス状態になっていきます。

128p1010284 129p1010323 エチオピア北部では蜂蜜から作られるタッジという酒がありました。このようにフラスコに入って出てくる黄色い液体が可愛いんです。飲むと蜂蜜のほのかな香りが口一杯に広がってこれはおいしい~~。多分ワインと同じ位の強さだと思うんですがフラスコ3本はいけます♪♪

130p1010479 スーダンは厳格なイスラムの国。だからアルコールが一切ないんです。観光客にはあるだろうと思っていたのですが首都のカルツームを含めついに1回もお目にかかることはありませんでした。あったのはこのノンアルコールビールのみ。今回の旅でアルコールがなかった唯一の国です。みんな甘い菓子やお茶でその代わりとしているようでした。

エジプト西部の砂漠の真ん中にあるシーワというオアシスの町。この町は禁酒の町で観光客が結構いるのにビールなどのアルコールは一切売ってません。ところが仲良くなった土産物屋の主人がこの町でも地元の人がこっそりと飲んでいる酒があるというのです。お願いして買ってきてもらうことにしました。アラキというなつめやしを原料にした酒です。使い古しのペットボトルに入った透明の液体。変なものが入ってないかちょっと心配でしたが一口飲んでみました。3、40度はありそうなかなり強い酒。味も結構クセがありました。それでもこの町唯一のこの酒はこの後4日間の砂漠の旅のお供になりました。

133p1030257 キューバなどカリブ海、中米ではみんなさとうきびから作ったラムを飲みます。日本のカップ酒と同じく紙パック入りのもあって気軽に飲んでます。ほのかな甘みがあって自分はかなり好きです♪

135p1030468 このラムにライムと砂糖を加えてソーダで割りミントの葉を入れたモヒートというカクテルも人気です。

140p1040784 こちらはメキシコのテキーラという酒。リュウゼツランという植物が原料です。独特な味で一種スパイシーな感じを受けます。最初はちょっと抵抗がありましたが飲んでいるうちに結構好きになりました。

150p1040785 これはペルーのピスコというぶどうから作った酒です。ライム、シロップ、卵白と共によく泡立ててピスコサワーにして飲みます。甘酸っぱくて口当たりがいいのでスイスイいけます♪

酒はその土地の祭りや儀式にはなくてはならないものです。また酒を飲みながら地元の人や旅人と話をすると益々親しくなれるような気がします。これからも”酒”を探求していきたいなと思います。

2008年1月13日 (日)

中南米編24 旅のお復習い(風呂事情)

0km/79558km リマ

今回も前回に続いて旅のお復習いをしてみたいと思います。日本では今は温泉、お風呂が最高にうれしいシーズンですよね。そこでその辺の事情をまとめてみました。

お風呂に入る目的って何でしょう?
1.身体を洗って清潔にする。
2.湯船に浸かってリラックスする。それによって疲労回復、新陳代謝などの効果がある。
3.いつもと違う湯で気分転換する。みんなで入って裸のつきあいをする。
こんな感じでしょうか。

自分が今までに周ってきた国々では大きく分けて3つのタイプがあると思います。
1.シャワーのみを浴びるタイプ。
2.湯船に浸かるタイプ。個人用や大浴場などいろいろある。
3.河や湖、露天風呂など自然をそのまま利用するタイプ。

ではこれらのタイプ別に各地の様子を見てみましょう。
まず1.のシャワー。これがあちこちで最も一般的に見られるタイプです。お湯のシャワーが出ますが暑い場所では水シャワーだけの所も多いです。安宿ではシャワーは共同のことの方が多くしかも1日のうち数時間しか使えないこともざらです。また水が貴重な地方では雨水が屋根の上のタンクに貯めてあってそれを使うのですがすぐになくなってしまいシャワー浴びられたらラッキーという感じでした。タンザニアのダルエスサラームでは週に何回も断水してシャワーなしの日が続いたりしました。またシャワー設備すらなくてコーヒーポットのような入れ物に水をくみその1杯だけで全身を洗うこともありました。

003img_0183 006img_0184 ラオスのルアンプラバンには何と赤十字が直営しているサウナがあったんです。設備はこじんまりとしていましたがサウナ室の扉を開けた途端に強烈な蒸気とハーブの匂いが立ち込めていい気持ちです。サウナの横には身体を洗うための水シャワーがありました。その後首都のビエンチャンでも同様のサウナを見つけたんです。こんなに暑い国に地元の人に愛されるサウナがあるのは驚きですね。

そして次が2.の湯船に浸かるタイプ。
010p1450432b まずはこちらは韓国でも有数の大温泉地です。中はスーパー銭湯のようにいろんな浴槽があって結構混んでいました。韓国人も日本人と同じくお風呂好きのようです。そこでやってもらった垢すりは痛いけど文字通り一皮むけた感じで気持ちよかった~。

中国には暑い南部を除いて各地に公衆浴場がありました。湯船もありましたが中で身体を洗っている人もいたりしてあまり清潔とは言えなかったです。サウナに入って汗を流した後でマッサージをやってもらいました。中国式は日本の按摩に似ていて痛いですが終わってから気持ちよかったです。030img_7776 040img_7783 050img_8511 またこのようにガラス瓶の中を真空にして背中に貼り付けて悪い血を吸い出すと言ったものや耳掃除のサービスもありました。

210img_0887 220img_0913 225img_1006 マダガスカルのアンチラベは高原にある保養地で温泉がありました。
ここは個室がたくさん並んでいて各部屋に一人用の浴槽があったんです。単純泉のようなくせのない柔らかい泉質で気持ちよかった~。またここのマッサージが変わっていました。裸で立っていると少し離れた場所から消防の消火ホースのようなもので体中に水を浴びせかけるのです。最初はびっくりでしたが案外気持ちよかったです。
230img_0959 240img_0963 もう1軒郊外にある温泉場に行くとこちらも個室が並んでいました。さっそく湯船に入ると、、、あちち。50度近くありそうでとても入れません。近くから汲んできた水を入れて何とか入れるようになりました。こちらも単純泉ですが温度が高めの分じーんと沁みてその日一日体がポカポカしていました。やはり温泉はいいなぁ~。

410p1010183 こちらがエチオピアの首都アジスアベバにある共同温泉です。共同と言っても個室でゆったりと入ることができました。入っている間はあまり温泉らしくなかったのですが出た後の体のポカポカ感は正しく温泉です。

530p1020738 540p1020740 550p1020749 これはエジプトにあったトルコ式風呂ハンマームです。中ではアカスリやマッサージもしてくれて湯上がりにはこんなにきれいな場所でリラックスです。

そして最後に3.の自然をそのまま利用するタイプです。
600p1470339 603p1470843 まずインドのガンジス川では沐浴と称してたくさんの人が聖なる川ガンガーに浸っていました。地元の人達は毎朝ここに来ては石けんで体中洗っていました。正にお風呂感覚だと思います。インドではその他にも路上や池など様々な所で身体を洗っていました。

606img_1168 そしてこちらはスワジランドのエズルウィーニにある温泉です。施設の外には何と露天風呂があったんです。みんな日本と同じように裸で入っています。その中に混じって入って見ると、これがいいお湯なんです。マダガスカルでは個室で時間制だったのでゆっくりできませんでしたがここは制限なし、しかもこちらの露天風呂は無料です。みんなとてもいい人達で温かく迎えてくれました。久しぶりにゆっくりと温泉に入りました。

608img_3686 これがマラウィー湖で水浴している地元の人達です。みんなきれいに洗って気持ちよさそうでした。

620p1020010 これはエジプトの砂漠の中にある温泉。湯加減もよく久しぶりの温泉に身体は大喜びでした。

650p1030885 そしてこれがグァテマラのアティトラン湖湖畔にある露天風呂です。湧き出ているお湯はかなり熱いのでそれを湖の水で適度に薄めて入ります。先客が何名かいましたがご一緒させていただくことに。目の前にそびえる富士山のような山を見ながら温泉に浸かってビール。最高でした。

この各地の風呂事情を振り返って最も感じたのは水の大切さです。水はいつでもどこでも簡単に手に入るというものではありません。人間は水なしでは生きて行かれません。その命の水をこれからも大切に有効に使っていかなくてはならないと痛感しました。

2008年1月 7日 (月)

中南米編23 旅のお復習い(麺料理)

0km/79558km リマ

今更ながら明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さてここペルーに滞在して早1ヶ月半が過ぎました。これからもまだしばらく滞在するつもりなんです。
リマから移動していない為に日記の方は正直ネタがなくなってきました。

そこでこれから数回に分けてまた旅を振り返ってみたいと思います。
今までも思い出に残った写真を中心に紹介させてもらってきました。
今回は今までとは違った切り口で、毎回あるテーマに沿った写真を集めて紹介してみたいと思います。
国によってこんな違いがあるのかと感じてもらえたらうれしいです。

まず最初に紹介するのは各国の麺料理です。
005img_7190 こちらは中国は天津で見つけたもの。
看板には蘭州牛肉ラーメンと書いてあります。小さな店の店先には麺を打つ台があります。

010img_7188 注文が入るとその度に寝かせてあった生地を延ばして麺を打ってくれます。

020img_7191 そうして出来上がったのがこれ。牛肉のだしが効いた薄味スープに麺、牛肉、ザーサイと八角、かすかなカレー粉も隠し味になっていました。これに香酢を少しいれるといろんな味が絡みあって何とも言えぬおいしさでした。

こちらはベトナムの麺フォーボーです。フォーはきしめんのような米の麺をスープで食べるもの。ボーは牛肉です。
110img_8871 120img_8872 目の前に山積みになっている麺を湯がいて具を乗せてスープをかける、あっと言う間にできあがり。朝の忙しい時の人気メニューです。
このスープは上の蘭州牛肉ラーメンのスープにとてもよく似ていました。こちらはライムやニュクマム(ベトナムの魚醤)を入れて食べます。胃に優しいさっぱり味です。

210img_9715 220img_9778_2 230img_9797 240img_9844 タイにはこのようにたくさんのいろいろな麺料理があ250img_9846 ります。あっさりしたもの、こってりしたもの、辛いものなど個性豊かです。

310img_9808 こちらはチェンマイ名物のカオ・ソーイ。カレー味のスープの中に麺、そしてその上にも油でからっと揚げた麺が乗っています。辛酸っぱくて深い味わいにはもうはまりっぱなしでした。チェンマイ滞在中は毎日のように食べてました。

320img_9767 そしてこれが世界3大スープトムヤムクン味の麺です。エビの旨味とココナッツミルクのハーモニーが絶妙でした。

410img_0141 420img_0158 430img_0180 これらはラオスのいろんな麺料理です。

510img_0846 520img_0893 530img_0896 ネパールのカトマンドゥには日本食屋があってきつねうどん、冷やし中華などがありました。中でも絶品だったのがこの味噌らーめんです。

540img_1043 その近くのチベット料理屋にあったのがこのトゥクパと言う麺です。こちらも意外にあっさりしていて日本人の口に合うと思います。

ネパールからインドに入った途端に麺料理を全く見なくなってしまいました。それからいろんな国で見る麺料理はいつも中華料理屋でした。それも歯ごたえが全然ない位にゆですぎた麺がほとんどでした。

610p1020961 最後に紹介したいのがネパールから約1年後にベルギーで食べた味噌ラーメンです。ブリュッセルにある”やまと”という日本人の夫婦でやっておられる店です。こちらはこってりした味噌スープ、しこしこ麺、柔らかいチャーシューともう言うことなしです。

このように麺料理と一口に言っても実に様々です。それぞれの土地でそこに合った麺料理が長い年月の間に工夫されてきたんでしょうね。これはもう立派な文化だと思います。これからも昔ながらの味を伝えつつ新しい味もどんどん生んでいってもらいたいと思います。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ