相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編23 旅のお復習い(麺料理) | トップページ | 中南米編25 旅のお復習い(酒) »

2008年1月13日 (日)

中南米編24 旅のお復習い(風呂事情)

0km/79558km リマ

今回も前回に続いて旅のお復習いをしてみたいと思います。日本では今は温泉、お風呂が最高にうれしいシーズンですよね。そこでその辺の事情をまとめてみました。

お風呂に入る目的って何でしょう?
1.身体を洗って清潔にする。
2.湯船に浸かってリラックスする。それによって疲労回復、新陳代謝などの効果がある。
3.いつもと違う湯で気分転換する。みんなで入って裸のつきあいをする。
こんな感じでしょうか。

自分が今までに周ってきた国々では大きく分けて3つのタイプがあると思います。
1.シャワーのみを浴びるタイプ。
2.湯船に浸かるタイプ。個人用や大浴場などいろいろある。
3.河や湖、露天風呂など自然をそのまま利用するタイプ。

ではこれらのタイプ別に各地の様子を見てみましょう。
まず1.のシャワー。これがあちこちで最も一般的に見られるタイプです。お湯のシャワーが出ますが暑い場所では水シャワーだけの所も多いです。安宿ではシャワーは共同のことの方が多くしかも1日のうち数時間しか使えないこともざらです。また水が貴重な地方では雨水が屋根の上のタンクに貯めてあってそれを使うのですがすぐになくなってしまいシャワー浴びられたらラッキーという感じでした。タンザニアのダルエスサラームでは週に何回も断水してシャワーなしの日が続いたりしました。またシャワー設備すらなくてコーヒーポットのような入れ物に水をくみその1杯だけで全身を洗うこともありました。

003img_0183 006img_0184 ラオスのルアンプラバンには何と赤十字が直営しているサウナがあったんです。設備はこじんまりとしていましたがサウナ室の扉を開けた途端に強烈な蒸気とハーブの匂いが立ち込めていい気持ちです。サウナの横には身体を洗うための水シャワーがありました。その後首都のビエンチャンでも同様のサウナを見つけたんです。こんなに暑い国に地元の人に愛されるサウナがあるのは驚きですね。

そして次が2.の湯船に浸かるタイプ。
010p1450432b まずはこちらは韓国でも有数の大温泉地です。中はスーパー銭湯のようにいろんな浴槽があって結構混んでいました。韓国人も日本人と同じくお風呂好きのようです。そこでやってもらった垢すりは痛いけど文字通り一皮むけた感じで気持ちよかった~。

中国には暑い南部を除いて各地に公衆浴場がありました。湯船もありましたが中で身体を洗っている人もいたりしてあまり清潔とは言えなかったです。サウナに入って汗を流した後でマッサージをやってもらいました。中国式は日本の按摩に似ていて痛いですが終わってから気持ちよかったです。030img_7776 040img_7783 050img_8511 またこのようにガラス瓶の中を真空にして背中に貼り付けて悪い血を吸い出すと言ったものや耳掃除のサービスもありました。

210img_0887 220img_0913 225img_1006 マダガスカルのアンチラベは高原にある保養地で温泉がありました。
ここは個室がたくさん並んでいて各部屋に一人用の浴槽があったんです。単純泉のようなくせのない柔らかい泉質で気持ちよかった~。またここのマッサージが変わっていました。裸で立っていると少し離れた場所から消防の消火ホースのようなもので体中に水を浴びせかけるのです。最初はびっくりでしたが案外気持ちよかったです。
230img_0959 240img_0963 もう1軒郊外にある温泉場に行くとこちらも個室が並んでいました。さっそく湯船に入ると、、、あちち。50度近くありそうでとても入れません。近くから汲んできた水を入れて何とか入れるようになりました。こちらも単純泉ですが温度が高めの分じーんと沁みてその日一日体がポカポカしていました。やはり温泉はいいなぁ~。

410p1010183 こちらがエチオピアの首都アジスアベバにある共同温泉です。共同と言っても個室でゆったりと入ることができました。入っている間はあまり温泉らしくなかったのですが出た後の体のポカポカ感は正しく温泉です。

530p1020738 540p1020740 550p1020749 これはエジプトにあったトルコ式風呂ハンマームです。中ではアカスリやマッサージもしてくれて湯上がりにはこんなにきれいな場所でリラックスです。

そして最後に3.の自然をそのまま利用するタイプです。
600p1470339 603p1470843 まずインドのガンジス川では沐浴と称してたくさんの人が聖なる川ガンガーに浸っていました。地元の人達は毎朝ここに来ては石けんで体中洗っていました。正にお風呂感覚だと思います。インドではその他にも路上や池など様々な所で身体を洗っていました。

606img_1168 そしてこちらはスワジランドのエズルウィーニにある温泉です。施設の外には何と露天風呂があったんです。みんな日本と同じように裸で入っています。その中に混じって入って見ると、これがいいお湯なんです。マダガスカルでは個室で時間制だったのでゆっくりできませんでしたがここは制限なし、しかもこちらの露天風呂は無料です。みんなとてもいい人達で温かく迎えてくれました。久しぶりにゆっくりと温泉に入りました。

608img_3686 これがマラウィー湖で水浴している地元の人達です。みんなきれいに洗って気持ちよさそうでした。

620p1020010 これはエジプトの砂漠の中にある温泉。湯加減もよく久しぶりの温泉に身体は大喜びでした。

650p1030885 そしてこれがグァテマラのアティトラン湖湖畔にある露天風呂です。湧き出ているお湯はかなり熱いのでそれを湖の水で適度に薄めて入ります。先客が何名かいましたがご一緒させていただくことに。目の前にそびえる富士山のような山を見ながら温泉に浸かってビール。最高でした。

この各地の風呂事情を振り返って最も感じたのは水の大切さです。水はいつでもどこでも簡単に手に入るというものではありません。人間は水なしでは生きて行かれません。その命の水をこれからも大切に有効に使っていかなくてはならないと痛感しました。

« 中南米編23 旅のお復習い(麺料理) | トップページ | 中南米編25 旅のお復習い(酒) »

コメント

お久しぶりです&明けましておめでとうございます。
Africa ZimのPalmRockで一緒だったMeggyです。
Mbira弾いてますか?

温泉私も大好き、今日その話で地元の方とちょうど盛り上がってたんです。
っていうのも、昨年の11月に群馬の下仁田町へ引越して来て、今日は地元のお祭りのようなものがあったもので。

尾の線は日本は ほんっと恵まれてますよね。
今、温泉ブームもあって、他からローリ-
タンクで運んできて、また沸かしなおして、天然温泉なんてうたってるスーパー銭湯モドキのトコが最近の日本ではよくあるけど、
個人的には 秘湯の湯とか、源泉掛け流しが基本ですね。

うちの近くにも、割といい温泉があるので、
旅の疲れを癒しに 帰国したら、是非いらして下さい。
ではでは、今年もヨロシクお願いします!
Meggy

meggyさん、
ご無沙汰しています!
明けましておめでとうございます。

ムビラは一足先に帰国して主人の帰りを待っています(汗)すみさんも日本で活動再開してますよね。

そうですか。下仁田に越したんですね。下仁田と言えばこんにゃくとねぎがうまいですよね。それに群馬には温泉がたくさん。いいですね~。
帰国したら是非行ってみたいなぁ。

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

僕が海外を旅してて日本食の次に恋しいのは
やっぱり湯船のお風呂ですかね?
僕が泊まる宿なんかに湯船はあるわけもなく・・・。
でもルクソールで日本人の方と知り合って
彼の部屋のお風呂に入れてもらったときは
本当に幸せでした!(ユニットバスですが)

マチュピチュの下にも温泉ありますよね?
まあ、温泉だけど温水プールって感じですが
やっぱり気持ちよかったです!

砂漠では本当に命の水って何度も思いました。
でも日本にいるとその有難みも
あって当たり前で忘れがちです。
ホントあの気持ちを忘れないようにしなきゃ
ですね・・・。

ゆーすけさん、
そうですね。
確かに食べ物と風呂が一番日本を離れてて辛いことですよね。
水の大切さは今回の風呂以外にもいろんな所で感じました。
スーダンのカルツームからワジハルファへ向かうバスもすごかったです。あのバスに水がなかったら確実に乗客全員危なかったですからね。
これからも水を大切にという意識を持ち続けていきたいと思います。

今週は極寒のデトロイトに来ました。気温マイナス7度。朝晩は外を100メートル歩くのも厳しいです。温泉に入りたい気分ですが、ホテルは何の工夫もないので湯船があるけどシャワーのみ。週末は帰国するので日帰り温泉に行こうと思います。車で朝出れば長野、山梨あたりの温泉は十分に日帰りで楽しめます。うちは夫婦で温泉好きなので、月1くらいで出掛けます。
こういうことを書いていたら本当に行きたくなってきました。

こんにちは。

今まだ、ペルーはリマでのんびりされているのでしょうか?

私、いつもながら行こう行こうとは思いながらチケットは未だに未購入です。

果たして自分でも行くか(行けるか)どうかわからないです。


ところでこの後はどのようなルートで南下されるのでしょう。

私の考えているルートは、出来ればパタゴニアトレッキングを、そして、安いクルーズがあれば南極へと考えていますので、北上ルートになりそうです。

もしかしたら、上記の2つは今回は先送りにして、コロンビアinで南下ルートになるかもしれません。

このように、どっちにするかも決めていない状態です。

YOSHIさんはパタゴニアや南極へは考えていらっしゃらないのでしょうね。
今からだと南極はだいぶ時期をはずれそうですね。

それから、テント持参の旅行者にあったことありますか?
パタゴニアトレッキングにテント持って行こうかどうしようかと思案中です。

ストーブやコッヘルはトレッキングに行く行かないに関係なく持って行くつもりです。

YOSHIさんはストーブ等はお持ちでしょうか。

では、これからもお気をつけて

竹さん、
デトロイト、本当に寒そうですね。
こういう時には温泉が恋しくなるでしょうね。
日本には東京から日帰りで行ける温泉もたくさんあるから日本に帰ったらさっそく行ってください。
自分も帰国した折にはまず日本食と温泉は真っ先に楽しみたいです。
ではアメリカ滞在気をつけて。

風の旅人さん、
自分は元々寒い所が苦手なこともあって今まで暖かい時期になるように各国を周ってきました。
今回ここからずっと南下してパタゴニアまで行きたいと思っています。ですからその頃にはもう大分寒くなってしまっているかもしれません。
今までは必要がなかったので防寒対策は全くしていません。この先必要になったらその都度手に入れようと思っています。
風の旅人さんはテント生活も慣れていらっしゃるようですね。そういう旅も自然と直に触れ合えていいかもしれませんね。
もしかしたらパタゴニアでお会いすることになるかもしれませんね。

YOSHIさん

ということはやはり今までテント持参のバックパッカーにはあったことがないようですね。
YOSHIさんご自身もお持ちではないようで。

テント生活なれてないですよ。1度だけアラスカのデナリを1週間ほど歩いただけです。

このままだとパタゴニアも寒い時期になり、行きでトレッキングできなくなるかもしれませんね。

ブログにも書きましたが、だんだんパタゴニア&南極ははずれて、それ以外の国を回るかもしれません。

代わりにブラジルが浮上です。
さて、どうしたものでしょう。

また書きますね。

風の旅人さん、
そうなんです。テントで旅している日本人に会ったことがないんです。そして自分自身もテントを持っていません。

せっかくの南米ですからいろんな国を周るのもいいかもしれませんね。
お話を聞いていると接近しそうな予感がします♪
また知らせてください。

こんにちは。
確かに、南米は遠いし,せっかく来たのだからといろいろ回りたいですが、残念ながらYOSHIさんのように、のんびり、気分次第であちこちとは行けません。

フリーランスで割と自由に時間が取れるとはいえ、やはり生活がありますから。
自由があるとはいえ、その分保証がないです。

失礼ですが、YOSHIさんはご結婚は?

南米をまわるとすれば私の予定では
・パタゴニア&南極
・ブラジル&ブラジル以北の国
・それ以外の国
の3ルートでしょうか。

確かに一回で南米を回れればいいのですが、そうなると半年以上かかりそうで。

駆け足で回るのもありだけど、それだとつまらないですから。

それから今のところの予定ですが、キトinブエノスアイレスoutになりそうです。
おおまかにはエクアドル〜ペルー〜ボリビア〜チリ〜サンティアゴ〜ブエノスアイレス〜パラグアイ〜ブエノスアイレスでしょうか。

北上ルートもあるけど、雨期の時期のウユニ塩湖で、水面に景色が映る様子を見たいものですから、南下になりそうです。

まあ、予定は未定ですけど、2月以降出発の3ヶ月Open探しているところです。

リマはいつ頃までいるのでしょうか?
上記の予定で出たとして追いつけるかどうか(笑)

では

YOSHIさん。

やはり雨期のペルーはずっと雨なのでしょうか?

風の旅人さん、
どのルートも捨てがたいですね。
自分はパタゴニアに少しでも暖かいうちに行きたいと思っているのでパタゴニアから北上する予定でいます。
だったら早くここを出発すればいいんですけどいろいろと事情がありましてね。
だから南下してくる風の旅人さんとどこかでお会いするかもですね。

さてペルーの雨期についてですがここリマは年間を通してほとんど雨が降らないそうです。アンデスの東側はアマゾンで雨期にはかなりまとまった雨が降るそうです。
クスコの方も雨期があるがそちらはずっと降り続くというものではないみたいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編23 旅のお復習い(麺料理) | トップページ | 中南米編25 旅のお復習い(酒) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ