相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編18 太平洋とカリブ海を結ぶ道 | トップページ | 中南米編20 ペルー台所事情 »

2007年12月12日 (水)

中南米編19 いよいよ南米へ

2365km/79558km パナマ・シティ-リマ(34カ国目 ペルー)

003s_america 006peru_l_150 パナマ・シティから飛行機に乗ってペルーの首都リマに着きました。やはり飛行機は速いですね。

010p1040415 020p1040429 030p1040425 040p1040420 050p1040433 060p1040427 070p1040439 リマはパナマ・シティよりもずっと涼しくて湿度も低く暮らし易い感じです。人口770万人余りを擁する大都会です。旧市街にある商店街を歩いてみるとたくさんの店と人。生活の豊かさを実感しました。

080p1040411 海沿いにはこんなに近代的なショッピングセンターもあります。

100p1040468 またペルーにはたくさんの日系人が住んでいます。ここはその日系人の為の運動施設なんです。野球、サッカー、ジムなど広大な敷地にいろんな設備があります。中では見た目は日本人と区別できない日系人の方達がたくさんいました。日本語ののぼりも立っています。まるで日本の運動公園に来たようです。”こんにちは”と思わず声をかけました。すると驚いた顔でこちらを見ています。そして話をしているのはみんなスペイン語でです。遠い南米ペルーにこういう空間があるとは何とも不思議な感じがしました。

110p1040471 園内にはジャカランダが咲き誇っていました。ジャカランダは中南米原産の木で、春先に紫色の花を約3週間ほど咲かせるんだそうです。アフリカジンバブエの首都ハラレにも街中にジャカランダの並木があったんですが季節外れで花は見られませんでした。今回初めて見た花はきれいだった~。

200p1040444 さて南米最初の国ペルーにこれからしばらく滞在するつもりです。

« 中南米編18 太平洋とカリブ海を結ぶ道 | トップページ | 中南米編20 ペルー台所事情 »

コメント

時々のぞかせてもらっています。ジャガランタってホタルブクロ?(こっちは草ですけど)みたいな花の形なんですね。
遠目に木全体が紫色になっている写真は何度かみたことがあったので、桜みたいな花弁を想像してました。
そちらは春なんですね!温暖化で暖かいとはいえ、やっぱり私の住む京都の冬は寒い訳で・・うらやましいです~。

TAMAさん、
ジャガランタの花、意外に長細くてきれいでした。
TAMAさんは京都にお住まいなんですね。自分は京都大好きなのでとてもうらやましいです。これから厳しい冬ですが風邪を引かないように暖かくして過ごしてくださいね。
リマはもう春のはずなんですが結構肌寒いです。

南半球はこれから夏になっていくんですね。暖かい中、新年を迎えるってどんな感じでしょう。そんなわけで、ちょっと早いですが、来年も良い旅を続けてください。
後、メールアドレスを添付させてもらいました。

ペルーは日系人が大統領になっていた国ですね。・・・確か・・・。
 顔は日本人でも言葉がスペイン語と言うのは
ちょっと不思議な感覚ですね。

かんのけんたろうさん、
ありがとう。
リマは日によって暖かかったり肌寒かったりしてます。どうせなら暑~い年越しをしてみたいものです。
ちょっと早いけどかんのさんも来年も元気でね。
ところでメールアドレスが添付されていなかったようなのですみませんがもう一度お願いします。

KOPAさん、
その通り、フジモリ大統領がいた国です。
日系の2世、3世の方達はほとんど日本語を話さないようなのでとても不思議な感じです。南米には各地にこういう場所がありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編18 太平洋とカリブ海を結ぶ道 | トップページ | 中南米編20 ペルー台所事情 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ