相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 中南米編17 豊かな海岸コスタリカ | トップページ | 中南米編19 いよいよ南米へ »

2007年12月 8日 (土)

中南米編18 太平洋とカリブ海を結ぶ道

485km/76343km サン・ホセ-パナマ・シティ(33カ国目 パナマ)

005p1040228 今回はまた長い距離を移動です。午前11時にバスに乗りひたすら走ります。今回は小さな子供がたくさん乗っていてみんな車内でぐっすりお休みです。

010s_america 020panama_l_150 翌日朝6時にパナマ・シティに到着しました。ここではコスタリカと1時間の時差があるので実質20時間乗っていたことになります。

030p1040325 パナマ・シティは今までの中米の中で一番都会的な感じがしました。パナマ運河のおかげで経済が発展しているのではないかと思います。新しいビルが次々と建築中でした。

040p1040321 こちらの教会はパナマの国旗と同じ色の垂れ幕で飾られてとてもきれいでした。

100img_4715 110img_4740 120p1040272 130p1040268 さてさっそくパナマの目玉、パナマ運河を見に行きました。運河のすぐ横に見学用の建物があります。まずびっくりしたのがあんな大きなコンテナ船が一見とても狭く見える運河をよく通れるなということです。また運河には2本の水路があるので上りと下りだと思っていたんです。でも実際にはどちらの水路にも同じ方向に行く船が通過して行きました。多分その時の需要によって使い分けているのでしょう。向かって右側がカリブ海、左側が太平洋です。自分も確か中学校の時に社会科で習ったのですがこの運河には高低差があるのでいくつかの区間に区切って隣りの区間と同じ水の高さになるように調整しながら先に進んで行きます。
また運河の中は自走ではなくてこのような水路の両側にある線路上を走る運搬車に引っ張られて進んで行くんです。多分自走だとぶれてしまってこの狭い運河は通れないんだと思います。
1401 その様子を1時間以上見ていましたが巨大な船が運搬車に引かれてゆっくりと進んで行く様はとてもユーモラスでした。

150p1040276 見学施設の前には昔使っていたであろう機関車の運搬車が展示されていました。

この運河は元々アメリカ合衆国が1903年コロンビアから独立したばかりのパナマとの条約によってその永久租借権を得たそうです。そして1999年12月31日をもってパナマに返還されたんです。その時のパナマ国民の喜びは計り知れないものだっただろうと思います。この運河のパナマ国民に対する影響力はとても大きいだろうし、世界経済にも影響を与え続けていることは驚異ですらあります。また昨今の原油高できっとこの運河の役割は益々重要なものになっていることでしょう。

210p1040234 さてパナマの食べ物ですが海に囲まれていることもあって海産物が豊富です。中華料理も人気でこのエビの炒め物を中心としたコースが一人1500円程で食べられました。おいしかった~~。

200p1040328 ビールはこのアトラスが人気でした。苦みが少ないので誰にでも飲みやすい味です。

あっと言う間のパナマでしたがここからいよいよ南米に上陸します。

« 中南米編17 豊かな海岸コスタリカ | トップページ | 中南米編19 いよいよ南米へ »

コメント

バスで20時間はきついですね。
パナマ運河は噂に聞いたことが有ります。

Yoshiさんの旅はガンガンと元気よく続いていますね。いいなぁ~。次は南米ですね。勝手に何故か自分までワクワクしています◎ 

お金が掛かりますが・・・銀行から出しているのですか?それともトラベラーズチェック?
にしても・・・持ち歩くのは危険だと思うのですが、対策はどうしているのですか??

KOPAさん、
確かに20時間はかなりきつかったです。でも舗装された道路がずっと通っていたので助かりました。
パナマ運河はとても機能的に造られていて船が往来する様は箱庭のようできれいでした。

スエズ運河も行ったんですよね?
すごいですね!でも船をボーっと眺めてると
あっという間に時間が過ぎちゃいますよね。
で、いよいよ南米ですね!
僕もそこそこ色んなとこに旅してますが
一番好きな観光地はマチュピチュです!
でも南米は本当に治安が悪いみたいですし、
十分気をつけて楽しんできてください。

eikouさん、
ありがとう。
これから南米に突撃です。これからもよろしくお願いします~。

KOPAさん、
お金の件ですがおっしゃる通りなるべく危険を回避できる手段を考えてます。
具体的にはキャッシュカード、クレジットカード、トラベラーズチェック、それに若干の現金って感じです。それらを分散して持ってます。

ゆーすけさん、
ありがとう!
マチュピチュは是非行きたいと思っています。はい、これからの南米気をつけて行ってきます~。

文章読んで驚きました。いっしょにみたのに観察力が全然違うなと!でもパナマよかったですね!中華おいしかったし!

こんにちは。もう?ペルーですか。

ペルーには、旅立ちから 2053 日目の世界一周中の「タビフーフ」さんがプカルパ [ ペルー ] 辺りにいらっしゃるようですよ。

さて、私が南米に行けるのはいつになるでしょうか。

お気をつけて。

yosukeさん、
ありがとう。でもそんなことはないですよ。それにyosukeさんは自転車で回ったという素晴らしい事実があるじゃないですか!
パナマの中華は本当においしかったですね♪

風の旅人さん、
おお!タビフーフさん!
今まで他の旅人や情報ノート、HPなどでその存在は知っていました。だからいつか是非お会いしたいとずっと思っていたんです。今が絶好のチャンスですね。これから探してみたいと思います。
風の旅人さんもお会いできるといいですね♪

YOSHIさん。
私もタビフーフさんのHPは時々チェックしてます。

情報も細かくて参考になりますよね。

一方的にマイミクにさせていただいています。

私も旅の途中にお会いしたいものですが、私が南米に行く頃はもう中米あたりに通り過ぎているかもしれません。

もしYOSHIさんがタビフーフさんに会われた時はどんな方々だったかお教えください。

タビフーフさんに会えるといいですね。

そして、わたしもYOSHIさんにお会いできるといいです。

それでは。

風の旅人さん、
はい、タビフーフさん、そして風の旅人さんにもお会いできるのを楽しみにしています。

飛び出せ☆地球発見管理人様

はじめましてKjと申します。

この度、御サイトにリンクして頂きたくコメントさせて頂いております。

一人旅 - バックパッカー海外旅行


御サイトはすでにリンクさせて頂きました。
http://www.1tabi.com/link.html

私は21歳で海外旅行に目覚め、ただいま25歳の大阪人です。

私の行っていない国ばかり行ってらっしゃるのですごい参考になります。


私は年明けにはオーストラリアへ行く予定です。


以上、ご多忙の所恐縮ですがリンクして頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

KJさん、
リンクありがとうございます。さっそく相互リンクさせてもらいました。これからもよろしくお願いします。
お互いに安全に楽しい旅にしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中南米編17 豊かな海岸コスタリカ | トップページ | 中南米編19 いよいよ南米へ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ