相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の7件の記事

2007年8月31日 (金)

アジア編91 死海に浮かぶ

330km/55612km ワディムーサ-アンマン-死海-アンマン

Africa 005p1020646 ぺトラ遺跡があるワディムーサからバスで首都アンマンまでやってきました。

010p1020689 020p1020692 030p1020638 ここで宿泊しようと決めていたのはクリフホテルと言うバックパッカー御用達の宿です。覚えている方もいらっしゃるかも知れませんがここは2004年10月にイラクに行って殺害された香田証生さんがイラクに発つ直前に泊まっていた宿です。またここにはサーメルさんと言うとても気立てのいい従業員がいて何かと親身に日本人パッカーの面倒をみてくれます。ここにある情報ノートを読んでも彼がいかに日本人パッカーに慕われているかがわかります。サーメルさんは香田さんが泊まった時のことはよく覚えているらしいです。彼がイラクに行きたいというのを何度も引き止めたそうですが結局は止めきれずに行ってしまったんだそうです。サーメルさんはそのことをずっと後悔してきたようです。彼は念願かなって間もなく共同経営で自分のホテルを持てるようになるそうですがそのホテルの名前を香田ホテルと名づけるんだそうです。それ程彼の中で香田さんの死が与えた影響は大きいようです。現在香田さんのご遺族の方ともメールでやりとりしながら準備を進めているそうです。
ところでこのホテルに来るとみんなサーメルさんにその事件当時のことを根掘り葉掘り聞いているようですがこれはどうかなと思うんです。彼にとってあの時のことはもう思い出したくないのが本音ではないでしょうか。でもお客さんに聞かれたら答えない訳にはいきません。そこでもしこれからクリフホテル又は香田ホテルでサーメルさんにお世話になる時はなるべくその話題には触れないでそっとしておいてあげたらどうでしょうかと私は提案します。彼はトランプやバックギャモンが大好きなので一緒に遊んでくださいね。

040p1020650 050p1020654 060p1020658 さて夕方になって宿の何人かで車をチャーターして死海に行きました。ところが途中でパスポートチェックがあってコピーではなくて本物のパスポートでないとだめだと言われて泣く泣く引き返す羽目になってしまったのです。しかも途中で交通事故まで起きていました。おかげで着いた時にはもう日がどっぷりと暮れて真っ暗の中での死海体験となりました。
070p1020677 080rimg0025 ゆっくりと身体を水に入れると、、、うわ~~浮いた浮いた。最近は脂肪率が高くなって浮き易くなったと思うもののここまで浮くと爽快です。下向きになっても浮いていることができます。試しに海水をちょっと舐めてみるとしょっぱ~~い、そして苦味もありました。水から上がってしばらくしたら身体に付いた海水が塩の結晶になっていました。死海恐るべしです。

2007年8月27日 (月)

アジア編90 9000年前の町、ぺトラ

275km/55282km ダハブ-ヌエバア-アカバ(23カ国目 ヨルダン王国)-ワディムーサ

Photo ダハブからバスでヌエバア、そこからさらにフェリーに乗ってヨルダンのアカバに着きました。自分の区分けではエジプトはアフリカ、ヨルダンはじめ中東はアジアに入れたいと思います。

010p1020617 ヨルダンもエジプトと同じくイスラムの国。しかし町はもっと近代化されていて都会のイメージです。街中にゴミが少ないので余計にそういうイメージがあるかもしれません。
そして翌日アカバからバスに乗ってワディムーサと言う町に着きました。ここにはぺトラ遺跡があります。

ぺトラのすぐ北側にあるベイダと言う場所には今から9000も前には人が住む町があったそうです。

020img_4476 040img_4487 050img_4501 060img_4506 070img_4511 080img_4516 090img_4522 ぺトラ遺跡には神殿や円形劇場などがあります。

030img_4482 中でも特に美しかったのがエル・カズネと呼ばれる霊廟です。崖を削り掘り抜いて造られているのですがその岩がバラ色をしていて日光があたりとても鮮やかに見えました。

2007年8月21日 (火)

アフリカ編52 紅海の神秘

840km/55007km カイロ-ダハブ-シャルムアルシェイフ-沈没船-ラスムハンマド国立公園-シャルムアルシェイフ-ダハブ

カイロからバスに乗ってスエズ湾を渡りシナイ半島を横断して半島の東側まで来ました。シナイ半島とアラビア半島に挟まれてアカバ湾があります。ここは紅海に繋がっていて世界でも屈指の美しい海だと言われています。
005africa 010p1020468 今日はそのアカバ湾に面した町ダハブにやってきました。こじんまりとした町で海岸沿いにメインストリートがあります。そこは両側に宿、食べ物屋、土産物屋などがずらっと並んでいてまるでタイのカオサンやネパールのポカラに来たようなちょっとなつかしい感じです。

020p1020414 その町に面した湾に立つとそこには群青色をした海が広がっていました。

030p1020487_2050p1020511  遠くにはアラビア半島にあるサウジアラビアの山が連なって見えます。水に入るとすぐに深くなり透明度抜群の海が続いています。さすが世界に名だたる紅海って言う感じです。

目の前の海もサンゴがたくさんあるのですが今回はここでダイビングをすることにしました。20年前にオープンウォーターと言う初級の認定証を取ったのですが今回20年振りにアドバンスと言う中級に挑戦することにしました。これがあると今までよりも潜れる範囲が広がるのです。ドキドキしながら2日間の講習を無事に終了しました。
沈没船を探検したり100mの深さの大穴を見たりといろんなスポットに行きましたが自分はやはりサンゴといろんな魚が乱舞するダイナミックな紅海が気に入りました。今回水中で撮った写真がこちらです。

060img_7278 070img_7298 080img_7330 100p1020567110img_7355 120img_7383 130img_7460 140img_7471 150p1020586 160p1020546 

165p1020434 170p1020604 Deep Blue ダイビング ショップの日本人インストラクター たこさんとアシスタントのまるみちゃん大変お世話になりました。

いよいよ長かったエジプトともお別れして次の国に向かいます。

2007年8月17日 (金)

アフリカ編51 エジプトあれこれ

0km/54167km 

020p1010813 これはシーシャと呼ばれる水パイプ。イスラムの国全般で見られるようです。下のガラスのビンに水を入れ上にタバコの葉をペースト状にしたものと火のついた墨を置きます。パイプを吸うとタバコの煙が水を通ってタールが除かれてから口に入ってきます。そのせいかとてもマイルドです。またタバコにはりんご、ハッカなどいろんなフレーバーの物があります。
街角のいたる所にカフェがありみんなそこでシャーイと言う甘ーい紅茶を飲みながらこのシーシャを燻らせています。自分は2年前に禁煙してからタバコは吸いませんがこのシーシャをのんびりと吸うのがエジプトに来てからの日課になりました。

010p1010760 こちらはカイロの地下鉄です。アフリカ大陸で見た唯一の地下鉄は近代的でした。女性専用車両もついていました。

030p1020010 030p1020079 040p1010963 これは砂漠の中にある温泉。湯加減もよく久しぶりの温泉に身体は大喜びでした。砂漠で飲む1杯のシャーイはまた格別の味でした。そして砂漠の夕暮れ、移動中には水は欠かせません。

050p1010935 またこれはエジプトでも西方のシーワのオアシスだけで見られた女性の姿です。イスラムの国で顔を黒い布で覆って目だけを出すというのは見たことがありますがこちらではその目さえ隠しているのです。顔中真っ黒なので初めて見た時にはぎょっとしました。既婚女性はこのように顔を覆って他の男性から見られないようにするんだそうです。

060p1020168 070p1020186 エジプトはイスラムの国なのでこのようなモスクがたくさんあります。各モスクはその形も違ってそれぞれ独自の美しさを放っています。日の出や日没になるとこのモスクからアザーンと呼ばれる呼びかけが行われます。お経のようにも歌のようにも聞こえるこの呼びかけはアッラーは偉大である。礼拝に来たれ。と呼びかけているんだそうです。

080p1020196 こちらはカイロにある考古学博物館です。エジプト中の遺跡などから発掘された様々な展示物が並んでいます。

Photo 中でも観光客に人気なのがこのツタンカーメンの黄金のマスクです。今から3300年程前9歳で王になりわずか18歳で亡くなったと言う王の墓からこのマスクを被ったミイラが見つかったんだそうです。館内は撮影禁止の為これは外部からの写真です。

2007年8月14日 (火)

アフリカ編50 エジプトの食べ物

0km/54167km

010p1020229 020p1010748 こちらはエジプトの国民食コシャリ。まず器に米とマカロニと短いスパゲティを混ぜたものを入れる、そこに豆や揚げ玉ねぎを乗せて、最後にトマトソースをかける。好みで酢やとうがらしソースをかけてがつがつ食べる。店によって配合やソースで特色がありおいしい店はおいしいです。これで60円は安い!好き嫌いが別れる食べ物ですが自分は好きでした。

030p1010669 040p1010670 そしてこちらがエジプトビールの2大ブランド、ステラビールとサカラビール。エジプトもイスラムの国なので酒が飲めなかったらどうしようかと心配していたのですがそれには及びませんでした。酒屋があちこちにあってもう飲み放題状態です。値段はロング缶で130円ほどです。

045p1010753 ちなみにワインも結構いけました。

050p1010727 エジプトで地元のカフェに行くと2種類のコーヒーがあります。これはトルココーヒーと言って本物のコーヒーを細かい粉にしてこの小さな鍋に入れてお湯を注ぎグツグツと煮立てて作ります。そこにたっぷりの砂糖を入れて飲みます。暑いせいなのかこの甘~いコーヒーが結構飲めちゃうんです。ちなみにもう1種類はネスカフェと呼ばれるインスタントコーヒー。不思議なことにこの方が値段は上です。

060p1020300 そしてこれがエジプトで人気のモロヘイヤスープ。とろっとしていかにも健康によさそうです。味はさっぱり塩味で自分は好きです。

070p1010752 エジプトは暑いのでみんなアイスクリーム大好き。このジェラートの店は夜遅くまで大賑わいでした。マンゴとイチゴのジェラート、毎日食べたくなります。

080p1010848 またエジプトは地中海や紅海に面していてシーフードも豊富です。これは海老。新鮮なので茹でただけで十分です。プリプリの身の甘いこと♪幸せでした。

090img_1894 100img_1897 最後がこちら。インド以来6ヶ月間待ちに待った日本食でした。 今回は迷った末味噌ラーメンと鉄火巻きを食べました。もう本当に涙が出そうな位おいしかった。ごちそう様でした。それにしても世界中(ネパールを除く)日本食ってどうしてこんなに高いのでしょうか?この味噌ラーメンが税サービス料込みで1000円もしちゃうんです。1回しか食べられませんでした。いくらおいしくても悲しい~~。

2007年8月 9日 (木)

アフリカ編49 ナイルのある風景

0km/54167km カイロ

人類の文明の発祥の地となったエジプト。その繁栄の中心とも言えるのがこのナイル川です。
ナイル川は世界最長の川です。中央アフリカ東部のビクトリア湖を流れ出た川は、いくつかの支流を集めて白ナイル川となり、エチオピアのタナ湖に発する青ナイル川とスーダンのハルツームで合流。アスワンハイダムなどを経たあと、カイロから巨大な三角州を形成して地中海に流れこむのです。

010img_4242 今回の旅では青ナイルの水源であるタナ湖から

020p1010506_2 ハルツーム、

Img_4359 P1010623 そしてアスワン、

P1010736 ルクソール、カイロ、

P1010836 そしてアレキサンドリアとナイル川に沿って延々と進んで来ました。

P1020232 P1020244 P1020326_2 P1020330 ある時は砂漠の中を悠々と流れまたある時は都市の交通手段や人々の生活用水となります。中国の長江(揚子江)、タイのチャオプラヤ川、インドのガンジス川など様々な川を見てきましたが、どの川もその流域の人々と深く結びつき生活を支えてきました。正に生命の源です。自分は海や川など水を見るのがとても好きなのでこれからもいろんな場所で水を見続けていきたいと思います。

2007年8月 5日 (日)

アフリカ編48 古代の奇跡ピラミッド

0km/54167km カイロ

0053 カイロの郊外に有名なピラミッドがあります。
エジプトのピラミッドは前2700年ごろから前1600年ごろまでに建造されました。最大のものはクフ王の墓として建造された「大ピラミッド」で、世界の七不思議のひとつに数えられています。建造当初には、高さ147m、底辺が230mもありました。

010img_4453 020img_4422 030img_4423 まずはこのピラミッドの前に立ったんです。この大きさにはただただ圧倒されるばかり。このような巨大な石でできた建造物が5000年も前に造られたと言うのは信じられないことです。今造ろうとしてもとても大変だと思うのです。それだけ古代の王の権力が強大なものであったのでしょう。
ここには3つのピラミッドが連なるように並んでいます。この風景は先日見た黒砂漠の岩山とそっくり。やはりあれを手本にして造ったんじゃないかと憶測します。強烈な暑さにもめげず長い時間じっと眺めていました。

040img_4429 050img_4430 060img_4472 070std_4445 さてそのピラミッドに囲まれるようにして立つのがスフィンクスです。頭は人間で身体はライオンというそのいでたちは近くで見ると結構愛嬌があります。まるでピラミッドを守っているかのようにも見えます。

0802 その近くでは地元の携帯電話のコマーシャル撮りが行われていました。

090p1020223 帰りに近くのファーストフード屋に寄ったらそこの3階からは見事にピラミッドと正面を向いたスフィンクスが見られました。ピラミッドを見る時にはおススメです。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ