相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編44 スーダンからアフリカ最後の国エジプトへ | トップページ | アフリカ編46 ついにアフリカ縦断、地中海へ »

2007年7月21日 (土)

アフリカ編45 巨大なアブシンベル神殿

560km/51267km アスワン-アブシンベル神殿-アスワンハイダム-イシス神殿-切りかけのオベリスク-アスワン

アスワンから午前4時に出発するツァーに参加しました。まずはスーダンとの国境近くまで車で引き返してアブシンベル神殿を訪ねました。往きのバスの中はそのまま仮眠所となっていました。7時半に到着。まずは大神殿を見に行きました。入場ゲートから川べりにに進んでふと後ろを振り返ると遥か向こうにその巨像が鎮座していました。

010img_4344 020img_4354 近づくにつれてその大きさが生半可ではないと実感します。見上げると顔の部分がずっと上の方に見えます。
またこの大神殿は石を積み上げて造ったのではなく巨大は岩を掘って造ったというのですから尚更驚きです。しかも今から3300年前のことなんて信じられません。王の権力が相当大きかったことが容易に想像できます。でも気になったのはこんなナイル川の上流にいったい誰に見せる為にこのような巨大な神殿を造ったのでしょうか?
この大神殿、アスワンハイダムを作る時に水没してしまうことがわかったので世界中の資金や技術の協力を得て何と神殿丸ごと60メートル上にそっくり移動したんだそうです。建築した時もすごいけどそれを移動した時もとてつもなく大変だっただろうと思います。
また神殿内部はたくさんの壁画や立像などが並んでいて興味深いんです。たくさんのいろんな神様が描かれていて当時の信仰の多様さが伺えます。

030p1010678_1 大神殿の隣りには何分の1のスケールの小神殿がありました。こちらは大神殿を造った当時の王ラメセス2世が王妃の為に造ったものだそうです。スケールこそ小さいですが王の王妃への愛情が感じられる神殿です。

さて神殿を見終わって再びアスワンに戻って来ました。そしてアスワン近郊の数箇所を周りました。

100p1010689 まずはアスワンハイダムです。この巨大なダムのおかげでナイル川で繰り返された氾濫は収まり農業が発達し、また水力発電も安定稼動できるようになったそうだ。中学校の社会の教科書で習ってからずっと頭に焼きついていたアスワンハイダムを見ることができてひとつすっきりしました。

040img_4360 050img_4362 060img_4368 070p1010695 次に船に乗ってナイル川の中洲にあるフィラエ島にあるイシス神殿に行きました。この神殿もアスワンハイダムによって水没した別の島にあったものが移転されたものだそうです。人が少ないこの神殿内部はひっそりとしてのんびりと散策できました。自分はエジプトの歴史には全く疎いのですがこうして古代の遺跡を観ているとその頃の息吹が伝わってくるようです。

1102_1 そして最後に古代の石切り場に行きました。そこでは昔の人がこのようにして石を切り出していたのかをうかがい知ることができます。エジプトの遺跡と石は切っても切れない関係にあるのですね。

« アフリカ編44 スーダンからアフリカ最後の国エジプトへ | トップページ | アフリカ編46 ついにアフリカ縦断、地中海へ »

コメント

神殿の写真、彫刻の完成度が高く
すばらしいですね。
 何かの本で、こうした神殿の壁画みたいな
ものに、ヘリコプターや飛行機のデザイン、
潜水艦等現在の乗り物がなぜだか、わからないけど描写されている写真を見たことがあります。
 とにかくいろんな思いで、こうした神殿を
作ったのでしょうね。たいしたものですね。

nagaさん、

そんなものがあるんですね。乗り物に関しては自分も興味があるのでこれからもあちこちで探してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編44 スーダンからアフリカ最後の国エジプトへ | トップページ | アフリカ編46 ついにアフリカ縦断、地中海へ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ