相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編40 エチオピアあれこれ | トップページ | アフリカ編42 スーダン魂の踊り »

2007年7月 7日 (土)

アフリカ編41 エチオピアからスーダンへ

997km/49447km バハルダール-メタマ-ガラバード(21カ国目 スーダン)-ゲダレフ-ハルツーム

005africa_3 010p1010413 バハルダールからバスに乗ってスーダンとの国境地帯に行きます。道は舗装はされていないものの結構よくて6時間程で国境の町メタマに着きました。

030_1 020p1010458_1 そこから歩いての国境越えです。それぞれのイミグレーションや税関の場所が分かりにくかったのを除けば出国も入国もスムーズにいき13時半にはバス乗り場にやってきました。

040p1010465 ところがこのミニバス、乗客が一杯にならないと出発しないようです。なかなか人が集まらず結局ここで3時間も待ってしまいました。
17時近くになってやっと出発です。エチオピアの景色とは大 分違って砂漠のように何もない荒野をひたすら走ります。しばらく走ると雲行きが怪しくなってきました。と思った途端に降り出しました。

050p1010472 ものすごい滝のような雨です。前が見えない為しばらく停まって待ちます。辺りはどんどん暗くなってきました。しばらくすると雨が小降りになったのでまた走行開始です。ところが今度は雨水で道路のあちこちが川のようになっています。多分この辺はそんなに雨が多くないのでこんな大雨には弱いのでしょう。ボロボロの満員のミニバスは真っ暗になったゲダレフの町にやっと到着しました。それからの宿探しは大変でした。

060p1010486 070p1010493 080p1010503 さて次の日朝食に何を食べようか近所をうろうろしていました。するとすれ違う人や店の人がみんな珍しそうにこちらをみているんです。観光客目当ての怪しいガイドや物売りはただの1人もいません。そしてほとんどの人がにこっとしてハローと声をかけてくれるんです。たいていチャイナ?と聞くけどのですがジャパンと答えると益々うれしそうに"Oh, Japan!"と言ってくれます。そして3人もの人がお茶やコーヒーをご馳走してくれていろいろ話しました。また食事中にはまだ話しすらしたことがない人がいきなりコーラをご馳走してくれました。お礼を言うと何事もなかったかのように去って行きました。
その他にもカルツームまでのバスの乗り方を説明してくれたり挙句の果てには遠く離れたバス乗り場まで一緒に来てくれて外国人の面倒な乗車手続きまでみんな面倒みてくれた人までいるんです。別れる時もバスまで来てくれて外で手を降ってくれるんです。たった今会った見ず知らずの人になんでここまでしてくれるのでしょうか?イスラムの教えでは旅人に施しをすると徳を積むことになるらしいのですがでもそれだけでここまでしてくれるものなんでしょうか?
幸いこれからイスラムの国をいくつか周る予定です。もしイスラム教徒であることだけが原因なら他のイスラムの国でも同じことが起きるはずです。その辺をよく見てみようと思います。

そしてスーダンの首都ハルツームにやってきました。町中は砂埃がすごくまた日中は37度と言う信じられない暑さです。やはりどこの国でも都会はたくさんの人がいてあんまり人のことまでかまってられないと言うのは同じのようです。それでもハーイと声をかけてくれる人は多いんです。道を聞くとみんなとても親切に丁寧に教えてくれたりその場所まで連れて行ってくれたりします。自分はアラビア語を話せないし相手が英語がわからなかったりするとみんなに聞いて周って英語を話す人を探してくれたりもします。この埃と暑さにもめげずスーダンが好きになった感じがします。

090p1010519 さて今回注意しなければならないと思ったことがあったのです。宿の前には主に衣類を売る露天がたくさん並んでいました。興味深かったのでその様子を2枚カメラで撮ってから歩き始めました。するとその様子をどこかで見ていた地元の人が突然怒った様子で近づいてきたんです。そして”何をしているんだ。こっちへ来い。”と言って急に手を引いてどんどん進んで行ったのです。どこへ行くのかと思ったら交番でした。その人はおまわりさんに盛んに何かを訴えていました。おまわりさんはどんな写真を撮ったか見せてくれと言うのです。今撮った写真を見せると"No problem."と言ってこの件はおわりになりました。その男の人とも握手をして別れたのですがその人は何か釈然としない様子でした。今回の件は自分が思うに今まであまりいなかった観光客が突然やってきて町中の様子をパチパチと撮っていく様子が彼にはおもしろくなかったのだと思うんです。自分達の国の現状がこうなんだと言うことを知られるのがいやなのかもしれないです。でも嫌な気持ちになる人がいるのであれば公共の場で写真を撮る時は気をつけなければいけないと思いました。

« アフリカ編40 エチオピアあれこれ | トップページ | アフリカ編42 スーダン魂の踊り »

コメント

アッサラーマ・アレイクム!!スーダン行ってるじゃないっすか~!!
やっぱイスラムは人ほんまいいですよねぇ。

日本におった時ブラウン管から流れてくるイスラムの印象は何やったんやろってよく思いました。

えっ、これってエチオピアでスーダンビザがとれたということですか。
だとしたら相当すごいことだと思うんですけど。

イスラームの人たちが、信仰心ゆえに
親切なのかどうか??
わたしも、今後の旅に注目したいと思います。

写真撮影は、魂を抜かれるとか、偶像崇拝禁止などの理由以外でも、単に商売のじゃまになったり、偵察されているのではないかとか、或いは誘拐目的などいろいろな憶測を呼ぶようです。
高級ホテルの中だと、他のお客様の肖像権のため、という理由で撮影禁止のこともあります。

だいちさん、
本当にその通りだと思います。今回の件はイスラムの人に対する考え方が変わるいいきっかけになると思います。これから中東の国をいくつか周る予定なのでもっと深く接してみたいと思うんだ。

すみさん、
ビザはナイロビで取りました。思ったよりすんなりと取れてびっくりしました。何事も当たって砕けろですね。

KOPAさん、
はい、これからのレポート見守っていてくださいね。

AGIさん、
貴重な参考意見ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。もう冷や冷やしたくないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編40 エチオピアあれこれ | トップページ | アフリカ編42 スーダン魂の踊り »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ