相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編33 ケニアへ、そして最危険地帯へ | トップページ | アフリカ編35 サファリ ケニア編2 »

2007年6月12日 (火)

アフリカ編34 サファリ ケニア編1

260km/45495km ナイロビ-マサイ・マラ国立保護区

ナイロビから7日間の日程でサファリに参加しました。

010p1000992 015p1000969 まず向かったのがタンザニアとの国境に面して広がるマサイ・マラ国立保護区です。
1840Km2の区内に広がる草原、それを食べる草食動物や鳥類たち、そしてそれらを狙う肉食動物たち。正に自然の姿がそこにありました。

020img_3817 030img_3896 040img_3942 050img_3800 060img_3922 080img_3985 110img_3962 120img_3959 130img_3970 140img_3989 210img_3898 070img_3813 今回見ることができた動物はトムソンガゼル、インパラ、グランドガゼル、ヌー、イボイノシシ、セグロジャッカル、シマウマ、アフリカゾウ、アミメキリン、ハゲワシ、バッファローなどです。

220img_3885 おもしろかった場面はまずライオンとハイエナがまるで協力するかのようにイボイノシシを挟み込んで捕らえようとしていました。結局捕らえることはできませんでしたがいつもは捉えた獲物を取り合う彼らにもこういう協力関係があるのが意外でした。

230img_3921 昼間にはライオン達は草原の真ん中で堂々と寝ます。頂点にいる動物だけの特権です。

233 またハイエナの2つの別々のグループが縄張り争いをしていました。お互いに横一列になって向かい合い鳴き声を上げながら前進したり後退したりを繰り返していました。まるではないちもんめのようでした。

235tiger 今回残念ながら自分はオスのライオンを見られませんでした。同じ日に別の車で周った人にもらった写真がこちらです。

240img_4002 チータが獲物を捕らえて食べているところに遭遇しました。他の獣に取られないように警戒しながらおいしそうにほおばっていました。

250img_3815 強いはずのバッファローでさえ倒されてこのような姿になってしまうのが厳しい自然界の掟です。

260p1000964 さてこれから別の公園に向かいます。

« アフリカ編33 ケニアへ、そして最危険地帯へ | トップページ | アフリカ編35 サファリ ケニア編2 »

コメント

サファリの動物達良いです。
私も見たいです。でも・・・体力に自信が有りません。
 私も旅行に出る事にしました。2週間ほど
タイランドに行きます。
 どんな旅行になるか今から楽しみです。
時間に余裕があれば、カンボジアまで足を伸ばしたいですが、行ってみないと解りません。

KOPAさん、
そうですか。タイに行かれるんですね。タイは自分も大好きな国のひとつです。気をつけて楽しんできてください。

サファリっ!
たくさん動物みましたね♪

本当にお世話になりました( ・∀・)アヒャ

こんなにたくさん動物がみられるんですね!しかもかなり近くで・・・?一眼レフ+望遠レンズとかでばっちり撮っているんでしょうか?どの写真もとてもきれいですね~お食事中のチーターの迷惑そうな顔、笑ってしまいました

しょうこさん、
こちらこそ本当に楽しかったです。またどこかで合流できるといいですよね♪

TAMAさん、
自分は一眼レフとかは持ってないです。ちょっと大きめのデジカメなんです。技術の進歩は本当にすごいですよね。それでたくさん助けられてます。
チータの必死さはこちらにもよく伝わってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編33 ケニアへ、そして最危険地帯へ | トップページ | アフリカ編35 サファリ ケニア編2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ