相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編29 マラウィ湖縦断 | トップページ | アフリカ編31 ザンジバルの悲しい2つの歴史 »

2007年5月26日 (土)

アフリカ編30 タンザニア国境からダルエスサラーム、そしてザンジバルへ

1086km/44254km チルンバ-カロンガ-ソングウェ(18カ国目 タンザニア)-ムベヤ-ダルエスサラーム-ザンジバル

010africa_5 Photo フェリーを降りて1泊した後、バスを乗り継いで国境を越えてタンザニアに入りました。そこからさらにバスでムベヤと言う町に来たのです。
タンザニアに入ってまず感じたのはイスラム系の人の数がぐっと増えたことです。国民の35%がキリスト教、そして同じ35%がイスラム教だそうです。そして肌の色もとても黒い人もいれば褐色の人もいます。また今までよりも英語を話さない人がたくさんいる感じがします。
あいさつは”ジャンボー”、”ジャンボー”又は”マンボー”、”ボア”です。

020p1000497 町の真ん中には日本とタンザニアの友好を記念してこのような記念碑?が建っていました。タンザニアには中国人がたくさんいるそうで町の人も最初自分とすれ違うと”チーノ?”と声をかけてきました。”いや、日本人です。”と言うと”そうかそうか、俺は日本人が好きだ。日本はこの国にたくさん手助けをしてくれているんだ。”とうれしそうに話してくれるのです。そうやって話してくれるととてもうれしいものですね。自分の税金がこういう所にも役に立っているんだと感じられました。

そして翌朝早くまたもや長距離バスでダルエスサラームに向かいました。

030p1000518 途中停まった町では高い座席に乗っている自分達によく見えるように焼きとうもろこしを長い棒に刺して売っているのがとても可愛らしかった。もちろん本人達はおおまじめですけどね。

040p1000523 さてダルエスサラームはアラビア語で”平和な港”と言う意味だそうです。その通り海に面しているタンザニア最大の都市です。3-5月が雨季だそうで夕方着いた時にもかなり降っていました。今までの高原地帯と違いすごい湿気です。タクシーの運ちゃんは”毎日雨雨でいやになっちゃうよ。”とこぼしていました。

050p1000541 060p1000543 070p1000684 090p1000696 100p1000711 110p1000757 080p1000691 それから2日後さらにそこからフェリーに乗ってザンジバルと言う島に向かいました。そこは昔はアラブ商人の町、1964年にタンガニーカと合併してタンザニアとなるまではこの島だけで独立した国でした。さて島は青い海と白い砂浜に覆われて大変美しい場所です。人はみな素朴でいい人達です。次回はこの島が背負った悲しい歴史に触れてみたいと思います。

« アフリカ編29 マラウィ湖縦断 | トップページ | アフリカ編31 ザンジバルの悲しい2つの歴史 »

コメント

美しい街ですね。
アフリカのイメージが、どんどん払拭されて行きます。
 次回も楽しみにしています。

お久しぶりです。遅ればせながら一周年おめでとうございます。たまに地図帳を見たりしながら「タンザニアってここにあるのか」、なんて勉強させてもらってます。お体に気をつけて元気な旅続けて下さい。

KOPAさん、
正にそのとおりです。自分もアフリカに来てから随分アフリカに対する考え方が変わりました。
これからもその辺りをレポートしていきたいと思っています。

notonoriさん、
ありがとうございます。
地図を見ると場所がよくわかって臨場感が広がりますよね。
はい、体が資本なのでこれからも気をつけていきます。

こんにちは、初めまして。
友達からURLを送ってもらい初めて拝見させていただきました。
タンザニアの写真の中で、日本タンザニア友好碑は1996年に協力隊で滞在している時、三叉路の分離帯を設置したついでに記念として建設しました。未だにペイントがきれいに残っているのは、何回か塗り替えてくれたようです。碑の上にいるのは、”サイ”です。
手前上の余白には、日本語で”青年よ大志を抱け”って日本語で書いたのですが、さすがに日本語は再ペイントできなかったようです。
久しぶりに懐かしい写真を見て感慨深くなりました。ありがとうございます。

kobakinさん、
はじめまして。
1年以上前ですがあの記念碑のことはよく覚えています。そうだったんですね。あの地で協力隊員として活躍しておられたんですね。
ムベヤの人達は親切な人が多かった記憶があります。あと鶏料理がおいしかった~。
これからもよろしくお願いします。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編29 マラウィ湖縦断 | トップページ | アフリカ編31 ザンジバルの悲しい2つの歴史 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ