相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ | トップページ | アフリカ編28 マラウィの青年協力隊 »

2007年5月17日 (木)

アフリカ編27 一年

今回の旅を始めて18日で1年になります。今日は思い出深い写真を一挙掲載させていただきます。
010img_1284 思い起こせば去年の5月18日、準備不足と緊張からほぼ徹夜明けのハイな状態で成田から釜山に向けて旅立ったのでした。

015p1470519 最初のうちは見る物聞く物全て珍しくて目を丸くしながら旅してました。
食べ物が口に合わなかったり1泊2000円の宿が汚く思えて閉口したりと今振り返るとニヤッとするようなエピソードをたくさん生みながら旅はそこそこ順調に進んで行ったのです。
018p1450872 ところが8ヶ月が過ぎアジアが終わる頃になるとこの旅もマンネリ化してきて何を見ても感動しにくくなっていました。

020img_0135 そこへモーリシャスでの盗難事件が起きて自分の心は揺らぎました。こんな目にあってもまだ旅を続けるのか?この先もっと大変なことが起きたらどうするのか?挙句の果てには自分はいったい何のために旅をしているのか?そんなことを思うようになったんです。

030img_8642 でも少し落ち着いて考え直してみました。
自分は小さい頃から旅が好きだったんです。幼稚園の頃には自宅から10キロ離れた両親の職場まで1人で歩いて行って驚かせたことがありました。また小学校の時は毎週土曜日になると昼に学校から帰ってきてから電車とバスを乗り継いで母の実家がある田舎の村に遊びに行ったものです。一人で乗り物に乗って出かけるのが楽しくて仕方なかったんですね。そして学生時代は国内のあちこちにふらっと出かけるのが好きでした。友達からは”また失踪したぞ。”なんて言われてました。そしていつの頃からか将来世界の旅に出たいと思うようになっていました。
その思いが今こうして実現しているのです。だから少し位の困難にめげてなるものか。そう思い直したのです。アフリカに突入したこともいい刺激になっています。

040p1460384 旅を始めた最初の頃は1箇所には数日間しか滞在しないで早足に次々と周っていました。でも最近の傾向としてはあまりあちこちに行かないで1箇所で長く滞在しています。そこで人々の暮らしをもっと身近にじっくりと見て見よう、どっぷりと体験してみようという気持ちが強くなったのです。実際モーリシャスからはその土地の人々と接する機会が増えました。宿のオーナーやスタッフ、コーヒーショップの店員、道端で野菜を売っている女の人、乗り合いバスで隣り合わせた人などいろいろです。中には”南ア日本人会”というTシャツを着た黒人グループもいました。こういう人々との出会いは旅の醍醐味のひとつです。

050p1460062l 今では米はおろかとうもろこしの粉をこねた主食も素手でおいしくいただき、1泊300円の宿で水だけのシャワーやシャワーすらなくてもそれなりに過ごすことができるようになりました。24時間窮屈なバスで移動したりゴキブリがうようよいるキッチンで食事を作ったりもお手の物です。現在46才の自分は徹底して安く旅をしようと言う気持ちはありません。でも自分にとって自分自身がこれだけ変化を遂げられたことがうれしくて仕方ないのです。サラリーマン生活を22年間続けてきた自分にとって今までにない新しい自分との出会いとなったのですから。
060p1000169 またこの1年大きな怪我や病気がなかったことも感謝の念で一杯です。40才を過ぎてから体力の衰えは目に見えて激しくなっています。でも旅に出る前までずっと続けてきたエアロビクスなどの運動を通した体力維持はとても役に立っていると思います。
070p1460446 今回の旅の一番の収穫と言えばやはりこれまで以上に日本のことが好きになったと言うことです。食べ物はおいしいし、美しい四季の自然もあるし、人はいいし、秩序はあるし、温泉もあるし、そこそこ安全だし、気心が知れているし。自分が生まれ育った国、やはり日本が最高だと思います。

080p1470890 さてとりとめもない話をしましたが、今日をひとつの節目にしてこれからまた新たな気持ちで旅を続ける決心がつきました。みなさんがこのブログを見てくださることは自分にとってこの上ない励みになります。今まで本当にありがとうございました。

090img_3035 いったいいつまでこの旅が続くのか自分でもまだわかりませんがこれからもこのブログをよろしくお願いします。

« アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ | トップページ | アフリカ編28 マラウィの青年協力隊 »

コメント

Yoshiさん。祝1周年!見覚えのある写真も懐かしいね。でも、先進国でない国々を一人で1年も旅するなんて、何がYoshiさんの支え、原動力になってるのかな。いつも、このプログを拝見するたびに、段々不便なところに行っているのに、逞しさを感じます。当分、帰国の予定はないようなので、引き続き健康・安全に注意してください。

YOSHIさんおめでとう!!

我が家を振りかえり周りを見渡すと、モノで
あふれかえり窒息しそうです。

なんかこういう生活は間違っているんだろな
と強く思う日々。

徒手空拳って言葉が浮かんできました。

私もさっぱりした生活に改造しようと思います。

 では今後もお元気で旅行を楽しんでください。

Nagaさん。同感です。昔はもっとシンプルな生活だったのに、今は物と情報にあふ自分たちが翻弄される日々と思います。自然に親しむ時間も少ないし、もういい歳だし改善したいものです。

YOSH さん 感動的なまとめをありがとう!
これからも頑張って下さい。
 そして、訪れた国国で、日本自慢を是非。
お願いします。
 応援しています!!ZUN

竹さん、nagaさん、
どうもありがとう。
確かに旅を始めた頃と比べると自分が野生的になったような気がします(笑)バックパックの荷物だけで1年間生活してきましたからね。そのくせもうパソコンがないとだめかも知れません~。
自分も日本に帰ったらもっとシンプルな生活をしようと思います。
お2人のようにブログを見てくれる方は本当にいい励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。

KOPAさん、
最近よく街中で中国人と間違われるんですが自分は必ずはっきりと訂正します。”自分は日本人です。”と。
そして自分の振る舞い如何で周りの人の日本人に対する印象が決まるんだと思いながら接するようにしています。これからもこの気持ちを持ち続けたいと思います。

おめでとうございます!!
早いような、長いようなの1年だったでしょうか。
引き続き大事故が起きないよう、気をつけて下さいね。
ブログもちょくちょく覗きにきます♪
素敵な写真、楽しみにしていますね〜。

無事一年が経過したんですね。
えっ?という驚きと羨ましさを感じてから一年経ったのですね。
見出しの年齢が増えたのに微笑んだりしながら、楽しく拝見させて頂いています。
僕も機会を捉える事ができたら飛び出して行きたいです。
これからも体に気をつけて頑張って下さい。いつも楽しみに見ていますよ。

snowintheseaさん、
本当にありがとう。
確かに長いようなあっと言う間のような1年でした。これからも楽しんでもらえるような写真を載せられるようにがんばりますよ~。

TERUさん、
はい、ありがとうございます。
もしTERUさんもそのような機会があったらどこかで会えたら楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ | トップページ | アフリカ編28 マラウィの青年協力隊 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ