相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編24 ジンバブエあれこれ | トップページ | アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ »

2007年5月 6日 (日)

アフリカ編25 ビクトリアの滝とルナレインボー

020p1000061_1 880km/41268km ハラレ-ブラワヨ-ビクトリア・フォールズ-リビングストン(16カ国目 ザンビア)

010africa_3 今年になって初めての列車の旅です。ハラレから夜行列車で翌朝ジンバブエ第2の都市ブラワヨへ。ジンバブエドルの値下がりはさらに続いていて運賃は円換算で200円位と驚くべき安さです。列車は2人用と3人用個室があって結構快適でした。
”世界の車窓”風にいくと”列車は夜9時定刻にジンバブエの首都ハラレを惜しむかのように緩やかに出発して真っ暗になった線路を駆け抜けて行きます。社内ではみんなのんびりと時を過ごしています。そして翌朝明るくなってくると爽やかな空気に包まれて草原の中を走り続けます。”♪タランタンタンタ♪なんて感じでしょうか。
でも実際には隣の人の携帯がピーピー鳴ったり子供が泣き喚いたりで優雅な列車の旅と言うわけにはいきません。それでも窓の外の景色は次々に変わって自分の目を楽しませてくれます。
030p1000142 翌朝9時半にブラワヨに到着しました。ここはジンバブエの商業の中心で駅前に大きな火力発電所があります。ここで丸一日滞在したんですが、日曜日ということでほとんどのお店は休業。仕方がないので映画館で時間をつぶしました。そしてその日の夕方また夜行列車に乗って翌朝ビクトリア・フォールズ駅に着きました。ここには世界3大瀑布のひとつビクトリアの滝があるんです。

0508 060img_3538 070img_3561 0751 ビクトリアの滝は先住民のマコロロ族が「モシ・オ・トゥニャ」(雷鳴轟く水煙)と呼び、恐れていたそうです。さっそく見に行きました。遠くからでも水煙が上がっていてその場所はすぐに分かります。近づくにつれてゴーッと言う地響きのような音が聞こえてきました。この滝一帯は公園として整備されていて入場料を払って中に入らないと滝が見られないようになっています。鎌倉の長谷寺の大仏さんを思い出しました。
さて石段を降りて展望スポットに行くと、、、
うわ~すごい迫力です。毎分30万m³もの水が轟音(ごうおん)のとどろきとともに105mを落下していきます。ずっと見ていると中に吸い込まれていきそうです。いくつかのスポットを周りながら滝の迫力に呆然としていました。

080img_3526 そしてその水煙をスクリーンにして見事な虹がかかっていました。

090 100 このビクトリアの滝はジンバブエとザンビアとの国境になっていておおきな橋がかかっています。この橋を徒歩で渡りました。するとちょうど真ん中辺りでバンジージャンプをやっていました。ロープ1本で繋がれて100m下に飛び下りる様は見ているだけで手に汗握ってしまいます。

さてただでさえド迫力のビクトリアの滝ですがここにはもうひとつ名物があるんです。それは満月の夜に月明かりによって作り出される虹です。ちょうど半年前、去年の11月にインドで偶然満月のタージマハルを見ました。そして今回また偶然にも満月のビクトリアの滝を見る機会がやってきたのです。お月様に感謝しながら満月の前後3日間だけ夜も開放するというビクトリアの滝にチャレンジしました。その姿はもう言葉にできない程美しいものでした。60秒開放してこんな写真が撮れました。どうかご覧ください。

110p1000165 120p1000168

« アフリカ編24 ジンバブエあれこれ | トップページ | アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ »

コメント

お久しぶりです。
一番最後の写真は、きれい過ぎますね。
実際見たら泣いてしまいそうです。
この辺の地域は英語が通じるのですか?

YOSHIさんはラッキーですね!
すごくきれいな虹。星も輝いていて、「わぁ!キレイ」とモニターの前で叫んで、後はもう、うっとり~です。
私は近頃、仏像が再ブームです。

かんのさん、
はい、本当にきれいでした。このままずっと見ていたいと思ったほどです。
アフリカはだいだい英語かフランス語が公用語で英語の国は小さい子でも英語を話してくれるので助かります。

ほーりーさん、
はい、これはラッキーだったと思います。ハラレで1ヶ月も沈没していた甲斐がありました(笑)
ほーりーさんは仏像ブームなんですね。とすると次はどちらに向かうんでしょうか?

夜の満月に輝く滝の虹。綺麗ですね。
すごいラッキーですね。
私も見てみたいです。

KOPAさん、
この写真を見て一緒にこの場にいる気持ちになっていただけたらうれしいです。

ご無沙汰です。アフリカの写真は特にどれも鮮明で目を奪われますね。私はGWはシンガポールとシンガポールからフェリーで一時間弱のビンタン島(インドネシア領)に1週間程行って来ました。Yoshiさんのアフリカの美しさにはかなわないですが、ビンタン島も良かったです。本当に何もなく、ホテルと海辺でノンビリするだけですが、南シナ海の朝日と夕日を見ているだけで気が和みます。でも日本人が多いですね。GWだからかもしれないけど、半分以上でしょうか。たどたどしい英語でも何とか通じるので、欧米旅行よりは楽な気がしますが。Yoshiさんの世界の旅も今月で1年ですね。このペースだと3年くらい掛かるような気がしますが、大丈夫かな?一時帰国の予定はありますか?

お元気ですか?
短い時間でしたがザンビアでご一緒させて頂いたkazutomoです。
今頃はマラウィーですか?
マラリアが心配ですがお体気をつけて下さい。CHIBUKU日本に持って帰りましたが、リュックの中で半分以上漏れてました、電気機器がずぶぬれで心配です。(笑い
これからも、ブログ更新楽しみにしています。

虹の写真、すっごーいキレイですね☆
特に滝+虹の写真!
こっちではなかなかこんな景色を見ることが出来ないのでうらやましいです♪

竹さん、
仕事であれだけ海外を飛び回っているのに休みの日にも海外に旅行するとは。
もしかしたら竹さん実は海外旅行がとても好きなんじゃないですか?
将来お互いに時間ができた時に一緒に旅行しましょうか?
自分の今回の旅行はあとどれ位続くか正直まだわかりません。緊急な用事がない限り途中帰国もないと思うんです。一度帰ると再出発するのにかなりのエネルギーが必要になる気がするんです。

kazutomoさん、
その節はお世話になりました。
CHIBUKUの件はお気の毒でした。大丈夫でしたか?
こちらこそこれからよろしくお願いします。

snowintheseaさん、
滝+虹の写真を気に入ってもらえてうれしいです。結構苦労して撮ったものですから。
これからも喜んでもらえるような写真を目指します!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/14975883

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカ編25 ビクトリアの滝とルナレインボー:

« アフリカ編24 ジンバブエあれこれ | トップページ | アフリカ編26 バス大移動、一気にマラウィ湖へ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ