相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編22 ジンバブエの食べ物 | トップページ | アフリカ編24 ジンバブエあれこれ »

2007年4月25日 (水)

アフリカ編23 アフリカは安全?

0km/40388km ハラレ

今回はいつもの日記と少し趣きを変えて、いったいアフリカは安全なのかどうかを検証してみたい。
Img_0744 Img_0801 モーリシャス、マダガスカル、スワジランド、そしてジンバブエ。3ヶ月でアフリカ4カ国を訪れた。
アフリカに来る前はアフリカはとにかく危険だというイメージがあった。ガイドブックにもアフリカには危険な都市がたくさんあるように書いている。
現在ワースト3にあげられているのが南アのヨハネスブルグ、ケニアのナイロビ、そしてここジンバブエのハラレだそうだ。

Img_0809 その中でもここハラレは最近急激に治安が悪化しているんだそうだ。
その理由として①1980年の同国独立以来実権を握り続けてきたムガベ大統領(83)の政策の失敗により、同国のインフレ率は実に1730%(つまり100Z$で買えたハンバーガーが1年後には1830Z$になってしまう!)の超ハイパーインフレになり、失業率も80%と庶民の生活はどんどん苦しくなっている。②南アでは2010年に予定されているサッカーワールドカップに向けて治安をよくする努力が続けられている。それに伴って今までヨハネスブルグなどで暗躍していた窃盗、強盗犯達が北に追いやられる形でジンバブエに入ってきた。と言うのだ。

Img_1019 では実際にどれ位犯罪が起きているのか?在ハラレ日本大使館や宿の情報ノート、それにここで出会った日本人旅行者などから情報を集めてみた。
①まずこの宿の周りでも何件か起きているのが数人のグループによる強盗。ある日本人旅行者は夕方歩いてこの宿から5分ほどのスーパーに買い物に行き、帰る途中にナイフを持った3人組に襲われ現金を持ち去られた。抵抗はしなかったのでけがはなかった。
②また隣の宿では日本人旅行者が自室に鍵をかけておいてあったカバンから現金を抜き取られた。
③昔日本人がたくさん泊まる日本人宿として有名だったパウパウロッジと言う宿は数年前に強盗に入られ、それが原因で廃業に追い込まれた。
などいろんなケースがある。ただしここでは白昼の被害はまだ少ないようなので少しはましなのか。

Img_1106 Img_1436 南アからやってきたと言う日本人旅行者はヨハネスブルグで散々な目にあった。
真昼間に街中を歩いていたら首絞め強盗にあった。いきなり羽交い絞めにされてパスポートや腹巻のように体に巻いて見つからないようにしていたマネーベルトをあっさり見つかって全て持ち去られてしまった。回りにはたくさんの人が歩いていたのに誰も助けてくれなかった。そして警察に行ったらそれがまた大変。あまりにもこの手の犯罪が日常茶飯事なので警察でもあまり相手にしてくれず、被害にあった通りの名前が分からなければもう一度行って調べて来いと言ったんだそうだ。警察が被害届を書いてくれないと困るので仕方なしに1人でまたその現場に行った。するとあろうことかまた別のグループに首絞められたそうだ。でもさっき全部盗られたのでもう何も持ってないのがわかると舌打ちして行ってしまった。
日本から乗り継いでやってきてヨハネスブルグに降りてたった3時間の間に2回も首絞め強盗にあうなんてやはりヨハネスブルグ恐るべし。
しかし別の人の話ではヨハネスブルグは確かに治安がよくなってきていて特にワールドカップ会場予定地周辺では夜歩いていても大丈夫だと言う情報もある。

Img_1536 また初めて聞いたケースとして、タンザニアの首都ダル・エス・サラームでのこと。タクシーに乗って走っていたら途中で両側のドアから見知らぬ人が乗ってきて自分が真ん中になった。乗り合いタクシーなのかと思っていたらその両側の人がいきなりナイフを突きつけて身包み剥がされた。つまりタクシーの運転手も全てグルだったのだ。
また同じくタンザニアの宿では夜中に子供が窓から侵入して置いてあったズボンのポケットに入れていたお金を取られた。

Img_1541 別の日本人旅行者はナイロビでやはり白昼に集団強盗に襲われ取っ組み合いになった末奪われかけたバックパックを奪い返したそうだ。でも手に負傷した。

Img_1545 こんなに犯罪の話ばかり聞くと一刻も早くアフリカから抜け出したくなってしまう。
でもたくさんの旅行者はそういう危険を覚悟してでもやってくる以上の価値があると思っている。今回紹介した犯罪の中には前もって用心していれば防げることもある。でもどんなに努力しても運悪くやられてしまうかもしれない。
どうやらアフリカにいる間はできるだけの努力をしてあとは運を天にまかせるしかないようだ。そのことばかりに気をとられているよりもその分アフリカのいろいろを発見したいと思う。

« アフリカ編22 ジンバブエの食べ物 | トップページ | アフリカ編24 ジンバブエあれこれ »

コメント

随分と物騒な話が多いですね。
気をつけて下さい。無事を祈っています。

ハラレで現金4000ドルやられたわたしです。

KOPAさん、
ありがとうございます。
こうやって並べるととても危険に見えてしまいますが実際には一般市民も毎日生活している訳ですしある程度の注意さえ払えば被害に会うことは随分避けられると思います。

すみさん、
これはこれはご本人からコメントいただけるなんて光栄です。
これから先の旅どうぞ気をつけて続けてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/14846334

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカ編23 アフリカは安全?:

« アフリカ編22 ジンバブエの食べ物 | トップページ | アフリカ編24 ジンバブエあれこれ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ