相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アフリカ編17 スワジランドあれこれ | トップページ | アフリカ編19 ついにストライキ »

2007年3月31日 (土)

アフリカ編18 大変だ、ジンバブエ

1350km/40248km エズルウィーニ-マンジーニ-ヨハネスブルグ-ハラレ(15カ国目 ジンバブエ)
Africa_1 Photo_10 マンジーニから飛行機に乗ってヨハネスブルグ経由でジンバブエのハラレにやってきました。空港での入国審査の際出国用の航空券を持ってないと言うことで入国拒否されました。その態度から賄賂を要求していたのは明らかです。またここでもかと思いながら断固として拒否して2時間程すったもんだしてやっと入国することができました。

Img_1456 この国に入ってまず驚いたのが通貨の為替システムが全く機能していないと言うことです。空港の両替所では1US$=250Z$(シンバブエドル)だったのですが1歩外に出るとタクシーの運ちゃんは1US$=5000Z$だと言うのです。頭が混乱したまま宿に行くとそこでは何と1US$=15000Z$なんです。そしてその後もさらにこのレートは毎日、いや一日のうちでも朝と夕方でどんどん変わって行きました。5日後には1US$=24000Z$になってしまいました。
ですからこの国に旅行する方、間違っても銀行や両替屋でUS$や円からZ$に両替しないでください。大損してしまいます。
一方物価はと言うと食堂でご飯を食べて10000Z$、スーパーでビール1本が5000Z$なんて感じです。でもこの物価も為替レートの後を追っかけるように急激に上がっているのです。ビールは翌日一気に10000Z$になりました。こうなると市民の生活はどうなってしまうのでしょうか。これと同じ速度で給料も上がればいいですがそうはいかないと思います。だから生活は窮地に立たされると思うのです。そうなると暴動にも発展しかねません。また犯罪も増えることでしょう。だからいつもにも増して用心しないといけないと思います。
Img_1437 Img_1464 Img_1483 一方人々はと言うとこちらの人々は皆陽気できさくで気軽にあいさつしてくれます。道を尋ねると丁寧に教えてくれる人が多いんです。みんな一生懸命仕事をしています。こんないい人達が大変な目に会うのはとても気の毒です。ではそんなこの街を見て周りたいと思います。

« アフリカ編17 スワジランドあれこれ | トップページ | アフリカ編19 ついにストライキ »

コメント

YOSHIさん、大変そうですね。
 ちょっと見ない間に、ムツゴロウ王国のような感じになってますね。
楽しく読ませてもらいました。
 日本では、桜がぼちぼち開花しています。

では、気をつけて旅行してくださいね。

Nagaさん、
日本は今年は暖冬だと聞いていたんで桜はもうとっくに開花したと思っていたのですがそうでもなかったんですね。もっとも地方によってもずいぶん時間差があるでしょうけれども。
これからはまたいろんな動物が登場すると思うので楽しみにしていて下さいね。

遂に今度の日曜からインドに行けそうです。現地と日程調整中ですが、コルカタとムンバイに行く段取りです。Yoshiさんのプログを遡っていたら、Yoshiさんもこの両都市に行かれてますね。だいぶ前から行って見たいと思ったのですが、行った同僚の半数以上?が体調不良となってます。かなり症状が重い人もいました。水、野菜は絶対に取るな、歯磨きも危険など、異口同音に注意事項があるようで、ちょっと腰が引けて来ました。他に何か注意事項があればアドバイスお願いします。

為替レートがどんどん変わるのは困り者ですね。
 ところで、インドへ行く方のコメントを読みました。
私はインドは5回行きました。
中には親切な人も居ますが、空港や銀行の両替
の時は、出されたお金を、目の前できちんと数えてから財布に入れましょう。(ちょろまかすことが有るので)
 タクシーに乗る前に、ホテルや現地の人に
目的地までの大体の料金をリサーチしておき
乗る時は、メーターがついていても、目的地までの料金を決めてから乗ってください。
 メーターは、ほぼ壊れています。
 ぼったくりもとても多いので・・・。
生水は絶対に避けてください。ミネラルウオーターを買う時は、キャップがきちんと閉まっているか確認してから買ってください。(時々
水道や河の水を入れて売っているので)
 下痢止めやかぜ薬は日本で買って持って行ったほうが良いです。旅行日程にもよりますが、
長期になると、必ず下痢、腹痛、熱中症、などになります。私がインドに居た時も、1週間以上滞在している人は、皆、下痢か腹痛になっていました。4月はインドの真夏の始まりなので
暑さ対策もお忘れなく。
 では気をつけてインドの旅を楽しんできてください。インドは面白い国です。
 危険もいっぱいですが、思いもよらない
ラッキーにめぐり合うことも有ります。

竹さん、
ついにインドに行くんですね。コルカタとムンバイは同じ大都市でもかなり違った表情を持っているので興味深いかもしれません。
衛生面はかなり気をつけた方がいいかもしれません。よく火が通った食べ物、しかも調理してすぐ食べるのがいいと思います。また自分は歯磨きの水もペットボトルの水を使ってました。
でもあまり神経質になると疲れてしまうのでインドに行ったら下痢になる位は仕方がないものと割り切って正露丸などの常備薬を持って行くのがいいかと思います。
いつ頃から行くんでしょうか?

KOPAさん、
いろいろなアドバイスありがとうございます。竹さんにとって参考になると思います。

下痢の時は汗だけじゃなく体が水分を十分にとりきれてないので、意識していつも以上にペットボトルの水を飲むようにしておかないと脱水症状になっちゃうので気をつけたほうがよいですよん。

Yoshiさん、Kopaさん。貴重なアドバイスありがとうございます。インド経験のある方の話はとても有り難いです。今度の日曜に出てコルカタに夜中に着き、月曜早朝に電車で数時間離れた取引先に行きます。先日、この取引先と事前のTV会議をやったら、画面の向こうに頭に布を巻いた人たちがたくさん出て来たので、うちのメンバー全員が呆然としました。驚いたうえに、英語の発音がとても聞き取りにくく苦労しました。ムンバイには火曜の夜に行く予定です。強行日程なうえ、インド訪問経験のある同僚たちからは、かなり刺激的な注意事項を聞かされてます。アドバイス頂いたように神経質にならないように、異境の地を楽しむ気持ちで行ってみます。また、レポートします。宜しくお願いします。

竹さん、
KOPAさんや自分の情報が少しでも役に立ったらうれしいです。
ターバンを巻いた人達はシーク教徒の人達です。彼らは髪の毛や髭を切ってはいけないそうで長く伸びた髪の毛を束ねてあのターバンの中に入れているそうです。
彼らは商才に長けていてよく人気のあるレストランを経営していたりします。サービスもいいですよ。
では気をつけていってらっしゃい。またレポート楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ編17 スワジランドあれこれ | トップページ | アフリカ編19 ついにストライキ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ