相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編71 ブッダ生誕の地 2006/10/19-10/21 | トップページ | アジア編73 遥かなるガンガー 2006/10/23-25 »

2006年10月25日 (水)

アジア編72 ついにインドへ 2006/10/22

310km/18890km ルンビニ-スノウリ-バラーナス(9カ国目 インド)
今日はまたバスに乗ってインドとの国境の町スノウリに向かいました。

Img_1101 その途中バスの中で日本人の二人連れと一緒になりました。海外青年協力隊でネパールに派遣されているお二人です。こちらの小学校で生徒や先生に算数を教えているそうです。自分も昔やってみたいと思ったことがあって応募要項を調べたりしましたが結局仕事を辞める決心が着かなくて断念したことがあります。今までテレビで見たり帰国後の方に会ったりすることはありましたがこうして着任中の方に会うのは初めてだったのでうれしくなって写真を撮らせてもらいました。お二方これからも身体に気をつけて活躍して下さい。

Asia_28 Img_1104 Photo_9 さて国境の町に着いてさっそく出入国です。あらかじめインドのビザを取ってあるのでとてもスムーズでした。こうしてあっという間にインドに入国完了です。しかし実はこの後またネパールに戻ってきたのです。この町のインド側は宿が不十分な為入国後もネパールでの宿泊が許されているのです。ちょっと不思議な気持ちです。
そして翌朝バス乗り場に行きました。この区間にはツーリストバスと公営バスがあるのですが今日はインドの祭りでツーリストバスが出るかどうかわからないので乗り場に停まっていた公営バスで行くことにしたんです。これがまた悲劇の始まりでした。かなりオンボロで前後も左右も狭いバスだけど人が少ないのでまあまあ何とかなってました。途中まで快調に飛ばしていたのですが何と急に故障してしまってノロノロ運転になったんです。仕方がないので後から来た別のバスに乗り換えました。

Img_1122 途中でもう一度乗り換えたり、どこかの町で何か事件があってしばらく足止めをくらったりして結局バナーラスに着いたのは20時でした。もうげんなりです。それでも今まで歴代のワーストワンは未だにこちらです。

http://discoveryearth.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/49_2006072627_833a.html

Img_1132 これからバラーナスを手始めにインドをじっくりと周りたいと思います。これまでガイドブックや実際に旅行した人の話を聞くとインドはかなりひどい所のようです。騙されたり盗まれたりがしょっちゅうあるので気が休まる暇がなくて疲れてしまうというのです。それでもインドのことを大好きになってハマってしまう人もたくさんいるのも事実です。よっしゃーこの目と身体でしかと体験してみるよー。今後の参考になれば幸いです。

« アジア編71 ブッダ生誕の地 2006/10/19-10/21 | トップページ | アジア編73 遥かなるガンガー 2006/10/23-25 »

コメント

今朝、奈良・京都の旅から帰ってきました。
ここ数年、国内旅行では新幹線・飛行機で楽な移動ばかりしていましたが、8・9月、久々の東南アジアで長距離バスに乗ると「けっこうまだイケルかも」と思い直し、今回は往復とも夜行バスを利用してみました。でもやはり疲れました。いびきもすごかった。あはは。
さて、無事にインド到着ですね。
私は雨季の移動で、国境の町では宿を探すのに膝まで水に浸かって歩いたのを思い出します。インドといえば、値段交渉や盗難などわずらわしい事も多いですが、慣れてしまえばインド人の生きることへの必死さと人間臭さがかえって「なんでもアリでいいんだぁ」と快適に感じたりもしますが・・・・。ネパールとのカルチャーショックもあるでしょうが、きっと楽しい旅になりますヨ!体調管理だけは気をつけて!(私はバラナシで下痢と発熱で町医者にかかりましたが、「旅の疲れだね」と言われちゃいました(笑))

ご無沙汰です。遂にインドまで来ましたか!前に私もインドに行く準備中と書きましたが、某社とのインドビジネスの進め方がクリアに構築出来ておらず、延期状態となっています。予定では2週間前くらいに行くつもりだったのですが。11月は1/3くらい他の地域に行くので、インドは多分行けないです。Yoshiさんのインド紀行を参考にして、来るべき時に備えます。インドは牛が偉いそうで、町の至る所にいるようです。

ほーりーさん、
日本だと無意識のうちにいろんな物に対して期待度が高いのでそれだけ満足を得難いかも知れませんね。
ほーりーさんもかつてインドで大変だったんですね。今ちょうどバラナシです。
ありがとうございます。体調に注意してこれからデリーに向かいます。

竹さん、
そうか、インドはしばらく延期になったんですね。これからの日記が何かの参考になればいいなぁ。
確かに牛はすごい数です。ネパールにもいましたがその比ではありません。バラナシのガンガー近くは細い道が迷路のようになっていますがその中をたくさんの牛が通り抜けていきます。そして跡にはたくさんのウンコが、、、

インドに入っているのですね。よくインドは、はまる人とそうでない人が2分化するってきくのですけど、どういうとこがそうさせるのですかね。レポートお願いします。ちなみに、私の周りは全員インドは面白いっていうんですけどね。。

TERUさん、
今のところまだなぜそんなにはまってしまうのか理由を見いだせないでいます。この点は自分もとても興味があるのでこれからも気にしていたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/12424296

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編72 ついにインドへ 2006/10/22:

« アジア編71 ブッダ生誕の地 2006/10/19-10/21 | トップページ | アジア編73 遥かなるガンガー 2006/10/23-25 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ