相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編64 神の山々の国 2006/09/16-17 | トップページ | アジア編66 エベレスト・トレッキング記2 2006/09/24-29 »

2006年9月30日 (土)

アジア編65 エベレスト・トレッキング記1 2006/09/19-23

140+24km/ 17720km カトマンドゥ-ルクラ-チュモア-ナムチェ-テンボチェ-ディンボチェ
皆さんのおかげで無事に帰って来ることができました。その様子を2回に分けて紹介させていただきます。少し長いですがよろしくお付き合いください。

19日 カトマンドゥ(高度1400m)―ルクラ(2800m)―チュモア(2950m)
1img_0541 トレッキングに必要な物を揃えました。レンタルした寝袋、ウィンドブレーカー、非常食のチョコレートなどです。

1img_0543 2img_0545 3img_0546 朝早い飛行機でカトマンドゥからルクラを目指しました。15人乗りのプロペラ機で30分ほどの飛行でしたが途中雪を被ったヒマラヤが見えてとても美しかったです。さてルクラの飛行場が近づくと飛行機は山の斜面にどんどん向かって行きます。うわーっぶつかる!と思った瞬間に滑走路に降り立ちました。乗客から思わず拍手が沸き起こりました。
4p1460529 5img_0553 外に出てみるとカトマンドゥよりも更に涼しい感じです。

6p1460535 ここから先はシェルパの世界です。シェルパと言うとエベレスト登山隊に同行するポーターさんかと思ったのですがそうではなくて山岳民族シェルパ族のことだそうです。この地域は正にそのシェルパ族の居住区域なのです。
さてまずはチャーと言うミルクティーと持って来たパンで朝食をとりました。
いろんな人がトレッキングしていますがガイドやポーターを雇っている人達もかなりいます。自分はとりあえず無しでやってみてきついようなら途中で頼むことにしました。
7img_0590 ではいよいよトレッキング開始です。と言ってもそんなに険しい道ではないのでハイキングに毛が生えたようなものです。おじいちゃんおばあちゃんもガイドに付き添ってもらって歩いています。高度にさえ順応できればゴールまでたどり着けると思います。
我々トレッカーと同じ道をシェルパ族の子供達が通学したりポーターが荷物を運んだりと正しく生活するための道です。通り過ぎる人達はみんな気軽にあいさつしてくれます。途中山あり谷あり村ありと変化に富んだ景色で歩いていてあきません。また村によって言葉が違うようで”こんにちは”を何と言うか聞きながら歩いて行くのもおもしろかったです。
10キロの道を5時間かけて今日の宿泊地チュモアに着きました。宿の個室にはベッドと布団があり快適です。温水シャワーは別料金でしたが疲れた体をリフレッシュするには最高でした。食べ物は野菜中心のメニューですがやはりかなり高めでカトマンドゥの2倍以上します。そしてビールは500円と高いし高山病にならないように控えめにしなければなりません。おまけに早寝早起きです。だから毎日こういう生活をしていると健康になって行く気がします。

20―21日 チュモア(2950m)―ナムチェ(3440m)
今日は朝からひたすら登って行きます。ここで焦ると高度に順応できなくて高山病になってしまうそうなので慎重にいきます。
8img_0603 ゆっくりと歩いて4時間程でナムチェに着きました。ここはこの地域のシェルパ族最大の町だけあってかなり大きいです。ロッジや商店もたくさんあって本格的な観光シーズンの10月中旬になるとすごい人で賑わうそうです。今はまだ人も少なく静かです。高度順応の為にここに2泊します。
翌日起きると軽い頭痛がしましたがしばらくしたらほとんど感じなくなりました。
ネパールにはチャンと言う地酒があります。穀物で作ったどぶろくで少し酸味があって日本のどぶろくそっくりです。なかなかいけます。

22日 ナムチェ(3440m)―テンボチェ(3867m)
9img_0629 朝からどんより曇って霧雨が降っています。今日はついに富士山の高さを超える自分にとって未体験の高度に突入します。最初の3時間程は平坦な道で紅葉や高山植物を見ながらのんびり歩きました。そして午後からいよいよ上りです。勾配はそんなにきつくないのですが何しろ高地なのでとにかくゆっくりゆっくり歩きました。

10img_0691 3時間程でやっとテンボチェに到着しました。今のところ頭痛はあまりしません。

23日 テンボチェ(3867m)―ディンボチェ(4350m)

11img_0665 12img_0717 今日は朝からしとしとと雨が降っています。移動は大した距離ではないのですが道がぬかるんでいたりして結構大変でした。おまけに4000mを超えた辺りから頭痛がひどくなって来ました。ディンボチェに着いた頃かなりひどくなりましたがにんにくスープを飲んで休んだらずっとよくなりました。高度順応のためここにもう1日泊まります。

ここまでは雨に降られながらも何とか辿り着くことができました。しかしこの先もっともっと大きな試練が待ち受けていました。この続きは次回に報告させていただきます。

« アジア編64 神の山々の国 2006/09/16-17 | トップページ | アジア編66 エベレスト・トレッキング記2 2006/09/24-29 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/12095922

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編65 エベレスト・トレッキング記1 2006/09/19-23:

« アジア編64 神の山々の国 2006/09/16-17 | トップページ | アジア編66 エベレスト・トレッキング記2 2006/09/24-29 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ