相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編63 御見逸れしました、ビーマン 2006/09/15 | トップページ | アジア編65 エベレスト・トレッキング記1 2006/09/19-23 »

2006年9月18日 (月)

アジア編64 神の山々の国 2006/09/16-17

680km/ 17556km ダッカ-カトマンドゥ(8カ国目 ネパール)
Mvi_0473 ダッカには乗り継ぎの為に1泊しただけでした。

Mvi_0494 Photo_8 Asia_26 そしてそこからまた飛行機に乗り昼頃ネパールの首都カトマンドゥのトリブヴァン空港に到着しました。
ここは1400mの高地にあるためか暑かったダッカとは違いタラップを降りた途端に涼しい風が吹き抜けました。空港の敷地内にはススキの穂がたれ久しぶりに秋の装いです。

Img_0510 カトマンドゥにはゲストハウスや土産物屋などの旅行者のための店が集まったタメル地区と言う場所があります。バンコクにも有名なカオサン通りがありますが最近はその規模でカオサン通りを抜いてアジア一になったと言う話もあります。街を歩いてみると確かに大きくて人もたくさんいます。それにうれしいのは物価がカオサンに比べてかなり安いことです。ネットカフェは半額以下、それに食堂の食べ物もざっと半額位です。しかも食べ物のおいしさにはびっくりしました。

Img_0498 ネパール版餃子のモモは150円でこのボリュームです。カレーソースをつけるとまたおいしいです。

ここカトマンドゥに来て知ったことがあります。タイ北部で山岳民族の村を周る小旅行をトレッキングと呼びますがその語源となったのがこのヒマラヤのトレッキングだったんです。もともとはオランダ語で旅をするTrekから来たそうです。今日旅行店でいろいろ話しを聞くうちにこの”本物”のトレッキングをしてみたくなってきました。ここには正しく世界一のエヴェレストがあります。遠くからでもその姿は見られるそうですが、富士山を近くで見ると迫力が全然違うようにやはり近くで見るエヴェレストは違うらしいんです。でもその為にはカトマンドゥから飛行機である程度の近くまで行きそこから往復10日以上かけてトレッキングをしないといけないそうなんです。今までそんなに何日間も歩き続けたことがないししかも富士山よりも高い所まで行くには高山病も心配です。さて行くべきかどうかここは思案のしどころです。
丸一日考えてついに行く決心をしました。
19日朝7:45の飛行機でルクラと言う町に行きます。そしてそこから10日以上の旅に出ます。最終目標地点はエヴェレストベースキャンプです。初めての体験なのでどきどき緊張ですが行って参ります。すみませんがその間しばらくはブログの更新ができないと思います。みなさんも無事を祈っていてくださいね。

« アジア編63 御見逸れしました、ビーマン 2006/09/15 | トップページ | アジア編65 エベレスト・トレッキング記1 2006/09/19-23 »

コメント

ラオスのファイサイでボート乗り場までトゥクトゥクでご一緒させていただきました日本人二人の片割れ「ほーりー」です。
「ルアンナムターまでの悪路、どんな道だったか教えてください」とのことでしたので、ワタシのブログにて報告させていただきました。なかなか面白かったです。
それにしてもエベレストのベースキャンプまでとは思い切った挑戦ですね!ワタシも10年ほど前にネパールに行きましたが、6月で雨季。ポカラまで行きましたがゲストハウスの窓からエベレストが雲を吹き飛ばして顔を見せてくれたのはたった1回でした。
美しい山々の写真とエピソードを楽しみにしています。

そろそろ帰ってきている頃でしょうか??
無事であることを祈っています。

山の上は寒いですから風邪にも気をつけてください☆

中国、タイくらいならまだ、親近感があったけど、ネパール、エベレストとなると想像出来ないですね。Yoshiさんのプログは実体験をタイムリーに克明にレポートしているので、生々しいですね。読み応えは十分です。今度、インドに行こうと思い、ビザの準備中です。廻りで行った人が多いのですが、半数以上の人はお腹を壊します。中には高熱でダウンという人もいます。ネパールあたりも大丈夫ですか。ご安全を祈るばかりです。

ほーりーさん、
こちらこそご無沙汰しています。
今回は自然の底力をまざまざと見せ付けられその前では人間は非力だとつくづく感じました。
ほーりーさんのブログも拝見させていただきます。

ゆっきぃさん、
ありがとうございます。
今朝何とか戻ってきました。
また更新するので見てくださいね。

竹さん、
これまででお腹はかなり鍛えられてきたと思います(笑)
竹さんインドにはいつ頃どこに行かれるのですか?自分もネパールの次はインドを目指そうと思っているのでもしかしたらどこかで合流できるかもしれませんね。

YOSHIさん、お帰りなさいませ。
神々の山はどうでしたか?きっと、口をあけっぱなしの感動だったことでしょう。
インドの手前には、ブータンもありますよ!まだ行ったことはないけど、是非訪れたい国の一つです。
旅の続き、気をつけて!

ほーりーさん、
帰りましたです。
本当にあの景色は体に焼きつきました。
ブータンにも行きたかったのですが今回は行けなさそうです。現在のポカラから南下していきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/11950619

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編64 神の山々の国 2006/09/16-17:

« アジア編63 御見逸れしました、ビーマン 2006/09/15 | トップページ | アジア編65 エベレスト・トレッキング記1 2006/09/19-23 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ