相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 | トップページ | アジア編62 最後はバンコク 2006/09/12-9/14 »

2006年9月 9日 (土)

アジア編61 再びタイへ 2006/09/5-9/9

780km/ 15176km  ビエンチャン-ノーンカーイ(タイ)-バンコク-パタヤー
ラオスには1週間程の短い滞在でした。今日は ビエンチャンから陸路で国境を越えます。Img_0296 Img_0301 ビエンチャンの郊外とタイのノーンカーイと言う町は友好橋と言う橋で繋がっています。でも歩いて渡ることはできずにバスに乗って国境を通過しました。

入国を済ませるともうタイです。ここはタイ東北地方にあるノーンカーイと言う町です。東北地方はタイでも最ものどかな地方で半日程の滞在でしたが人々ものんびりしている感じがしました。

Img_0318 Img_0314 夕方そこからタイで初の列車それも夜行列車に乗ってバンコクを目指しました。今回の旅行ではずっと2等車ばかりを使ってきましたが2等車が満席だったのでここで初めて1等車に乗ってみることにました。値段は2等車よりも飛行機に近い位高いものでしたがその設備はそれだけのものがありました。寝台車は二人用の個室になっていて座席は昼間はソファ、夜は2段ベッドとして使用します。そこには洗面所もあります。夕方になると車掌さんがベッドメーキングをしに来てくれます。そして何よりうれしいのはトイレと兼用ですが温水シャワーが付いていることです。夜行列車でシャワーを浴びれるのは初めてで本当にうれしいです。

Img_0327 Asia_23 翌朝にはバンコクに到着しました。そこから電車を乗り継いでパタヤーに向かいました。この電車は各駅停車の普通車でエアコンもありません。これに4時間程揺られてついに到着しました。

Img_0387 パタヤは海岸沿いにあるリゾート地でバンコクから近いのでタイ人にも観光客にも人気があります。海もまあまあきれいで各種マリンスポーツが盛んなようです。

Img_0353 海に面しているだけあってシーフードは安くて新鮮でおいしかったです。

Img_0377 Img_0356 Img_0392 夜になると巨大な歓楽街がそこにありました。様々なレストラン、ビアバー(ビール中心のバー)、ムエタイバー(タイボクシングを見ながら飲むバー)、ディスコ(死語?)、ゴーゴーバー(ダンサーが踊るバー)、などなどそれぞれの人が思い思いに楽しんでいました。

« アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 | トップページ | アジア編62 最後はバンコク 2006/09/12-9/14 »

コメント

パタヤに列車で行く事ができるのですね。てっきりバスしか交通手段が無いのかと思っていました。ラオスとタイの国境だったら、魔のトライアングル地帯だったのですか?今はどうなんでしょうね。

久しぶりです。電車、バスの旅もいいですよね。先週、仕事で北海道に行きました。帰りは時間があったので、室蘭から札幌までバスを使ったのですが、約2時間ノンビリでした。日頃、都心にいると慌しいだけで時間が過ぎるのに、旅に出るだけで気持ちが変わるのは不思議です。夏休みが終わったばかりなのに、早くも冬休みが待ち遠しいです。Yoshiさんの旅も、まだ長そうなのでこのプログは本に出来ますね。"実録、地球の歩き方”。

TERUさん、
はい、確かに列車で移動できました。1日1本しかないんですけど安いんです。でも時間も長いし冷房なしでかなり揺れて結構過酷でした。帰りはバスにしたんですが快適でした。
タイとラオスの国境も平和なものでした。
ラオス国内ではあちこちで麻薬が売られていました。あまりに普通に売られているのではまってしまう旅行者もいるんでしょうね。

竹さん、
北海道はもうずいぶん涼しいんじゃないですか。北海道もいいですよね。自分は寒い所が苦手なので今まで北海道は敬遠していたのですが去年行って考えが変わりました。大自然のスケールの大きさには驚かされました。
う~ん、こんな旅行で本が書けたらマジでうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/11822553

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編61 再びタイへ 2006/09/5-9/9:

« アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 | トップページ | アジア編62 最後はバンコク 2006/09/12-9/14 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ