相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編58 タイからラオスへまたもや悲惨な旅 2006/08/29-30 | トップページ | アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 »

2006年9月 3日 (日)

アジア編59 古都から何もない町へ 2006/08/31-9/2

175km/ 14276km  ルアンプラバン-プーシー-ルアンプラバン-バンビエン
Img_0160 Img_0172 ルアンプラバンは古都で古いお寺がたくさんあります。その中でも特に高台にあって見晴らしがいいプーシーを訪ねました。すると英語が堪能な若い僧侶の一人が案内をしてくれました。ここの寺では100人を超す僧侶が就業に励んでいるそうです。彼は18才でもうじきバンコクに修行に行くそうです。ここの僧侶達は毎日9時に寝て翌朝4時に起きて6時から托鉢に回るそうです。自分にはとてもできない生活です。そこで明日早起きをしてその様子を見たいと思います。

Img_0188 Img_0193 夜市場に行くとたくさんの店と人で賑わっていました。その中でおいしそうな鶏のもも焼きを見つけて食べてみました。おいしかった~。

翌朝5時半に起きてまずは昨日のお寺に行ってみました。そこでは既にたくさんの僧侶が掃除などをしていました。

P1460506 P1460521 6時になると境内の大きな太鼓が打ち鳴らされそれと同時にたくさんの僧侶達が通りに行列を作り始めました。そしてそれから街の中を網の目のように回ります。そのあちこちに信者がご飯を持って待っています。僧侶が通る度にその手にした入れ物にご飯を入れて行きます。これが延々と続くのです。この風景が多分何百年もの間毎朝繰り返されているのです。そう思うととても神秘的で荘厳な気持ちになりました。

さて今日はまた移動日です。

Img_0199 ルアンプラバンからバスに乗ってバンビエンに向かいました。道路は所々穴があいていますが一応舗装されているし、バスも2階立ての大型バスだったので快適に6時間の旅ができました。途中たくさんの小さな村落を通りましたがみんなこの大きなバスを好奇の眼差しで見ていました。

Asia_21 Img_0202 このバンビエンと言う小さな街は何もないのがウリなんです。ラオスの内戦時代にアメリカ軍の基地があってちょうど横須賀のように軍人さんで栄えていたそうです。その頃培った英語や外国人に対する接し方を受け継いで戦後は外国人観光客に受け入れられる街になったと思われます。
ガイドブックを見てもこの街はまだ観光客慣れしていなくてのんびりと過ごせる街だとこぞって紹介しています。街を歩いてみると確かにこじんまりしてのんびりしていて穏やかです。ただ物価が意外に高いのだけがちょっと気になりました。

次の日は日帰りのトレッキングツァーに参加しました。まず午前中に3つの洞窟探検をしました。

Img_0233 Img_0222 雨でぬかるんでいるのでものすごく滑るので泥だらけになっちゃいました。まるでそれを楽しむための探検のようでした。昼食にはバーベキューを、腹が減っているせいもあってこれはイケました。

Img_0243 そして午後にはタイヤのチューブに乗って洞窟を探検するという結構無謀なことをしました。洞窟の入り口には水が流れ出ていて人一人がやっと入れる隙間しかありません。そこからやっと中に入って進んで行ったら途中からはチューブを置いてそこから歩幅前進で進んで行きました。中は真っ暗でみんなの頭につけたトーチライトだけが頼りなのにそれがバッテリー切れか故障で一個減り二個減りして心細い限りでした。ある程度行ったところで引き返してきたのですがこれはスリル満点でした。
Img_0557 そしてそれからラオ族の村を訪ねながら今日のメインイベントであるタイヤのチューブでの川下りの場所に向かいました。そこから川下りの開始です。しばらく行くとターザンジャンプのロープがあってそのロープを持って川に向かって飛び込みました。気持ちいい~。
それからはゆっくりと流れに身を任せながら川を下って行きました。すばらしい景色にビールの酔いも手伝ってのんびりしたいい~気持ちになりました。ラオスに来て初めてのんびりリラックスした気分になりました。ここはのんびりするのにいい所です。
Img_0571 この日のツァーでは東京の大学院生の4人組と一緒になりました。無事に帰りついたかなぁ。また6ヵ月後にどこかで会うのを楽しみにしています。

« アジア編58 タイからラオスへまたもや悲惨な旅 2006/08/29-30 | トップページ | アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 »

コメント

ご無沙汰してます。最近忙しさで
チェックできてなくてごめんなさい!!

YOSHIさんの元気な笑顔の写真を見て
すごく楽しそうな様子が伝わってきます。

ずいぶん焼けましたね!いい色ですね!

それにしても見事に現地の人に溶け込んでいますね~!!

体に気をつけて旅を続けてくださいね!

ツアーで一緒になった三郎です。

ルアンパバーン昨日着きましたよ!ヨシさんに教えてもらった鳥も食いました。めちゃめちゃ美味かったです。

しかしながら、久しぶりの屋台であたったのか、この旅行初のお腹の調子に数人がダウンしています(笑)

これからも気をつけてよい旅を!

これからもチェックさしてもらいまーす。

お元気そうで安心しました。

写真クリックすれば、でかくなるんですね。今日初めてわかりました。
 日焼けされつつも、いつもの感じで
元気そうですね。
 旅長くなりそうですが、道中のご無事を 祈願しています。

ゆっきぃさん、
ありがとう。最近はだんだんペースも掴めてますますおもしろく感じてきました。これからもよろしくね。

さぶろうさん、
先日はどうも。
あの鶏うまかったですか、よかった~。
ありがとう。
みなさんも最後までラオス楽しんでください。

nagasawaさん、
ありがとう。
体重が増えすぎないように気をつけつつ(汗)元気に続けたいと思います。

バンビエンのツアーで一緒になったきよたけです。

ハードなスケジュールでしたが、今日無事帰国することが出来ました。


ブログの更新楽しみにしています。


PS ルアンパバーンに日本人浮浪者を見かけませんでしたか?付きまとわれて怖い思いをしました・・・

きよたけさん、
お帰りなさい。
ルアンパバーンに日本人浮浪者がいたとは気がつきませんでした。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/11745522

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編59 古都から何もない町へ 2006/08/31-9/2:

« アジア編58 タイからラオスへまたもや悲惨な旅 2006/08/29-30 | トップページ | アジア編60 ラオスの首都へ 2006/09/3-9/4 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ