相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の8件の記事

2006年8月31日 (木)

アジア編58 タイからラオスへまたもや悲惨な旅 2006/08/29-30

555km/ 14101km  チェンマイ-チェンコーン-フエサイ(6カ国目 ラオス)-ルアンプラバーン
29日にチェンマイから約6時間バスに乗ってラオスとの国境の町チェンコーンに来ました。Img_0114 Img_0116 Img_0124 Photo_6 そしてここで出国手続きをしてから船に乗ります。目の前のメコン河の対岸にあるラオスのフエサイと言う町までほんの5分の船旅です。到着後すぐに入国手続きです。ビザもUS$30でその場で発給してくれました。今までの国境に比べると人もほとんどいなくてとても静かでした。
船では南アフリカから来た大学生二人と一緒になりました。南アフリカの人と話すのは初めてだったのでその人達と同じ宿に泊まって夜遅くまでいろいろ話を聞くことができました。そして南アフリカは思っていたよりも安全だと言うことがわかりました。今後の行き先を決めるのにとても大きな参考になりました。

さて翌30日は朝早く起きました。ラオスの古都ルアンプラバーンに向かうためです。
今回の旅行では今まで飛行機、フェリー、電車、バス、バイク、自転車、三輪タクシーなどいろんな乗り物に乗りましたが今日また新しい乗り物に乗ります。それは小型ボートです。フエサイ-ルアンプラバーン間にはメコン川を下るスローボート(丸2日)とスピードボート(6時間)があります。どちらにするか迷ったのですが行った先でのんびりしようと思いスピードボートを選びました。自分ではスピードボートとは小型のクルーザーだと思っていたんです。それが大きな間違いでした、、、

Img_0130 船乗り場に行くともう何人かの人が集まっていました。その中のドイツ人らしき女性二人に話しかけてみました。”今日は多分同じボートですよね。””多分ね。私たちはここに来るときもこのボートに乗ったの。上りだったので8時間かかったわ。そりゃあもう死ぬほど大変だったの。””それなのにまた乗ろうとしているの?””仕方ないのよ。これしか方法がないんだから。”とちょっと絶望したような表情を見せたのだ。ええっ死ぬほど大変?こりゃどういうことだ。その答えは間もなく出ました。

Img_0138 Mvi_0137 さてやって来た船を見るとまるで小さな手漕ぎボートです。屋根はありません。しかしその後部には船体にはふさわしくないような巨大な船外機が付いていました。船には人二人がやっと座れるような木の板が4枚渡してあります。もしかしてこれが座席??その通りでした。二人ずつ順番に乗りこみました。どうやら6人で終わりのようです。船首にはみんなの荷物が山積みになっています。それからライフジャケットとヘルメットを渡されました。これがまた臨場感を煽り立てました。そしてついに出発です。6人とドライバー、それにたくさんの荷物を載せて船はもう半分沈没状態です。エンジンがかかり川下に向くと一気に走り出しました。その速いこと!後で聞いたら時速7,80キロで飛ばしたそうです。船はもうあと20センチで浸水する位沈んでいました。それにエンジンの爆音。これはすごい道中になりそうです。そしてそして更に途中であと二人乗せたのです。正に沈没の一歩手前をしかも全速力で駆け抜けて行ったのです。

しばらくすると速さにも音にも水しぶきにも慣れてだんだん景色を楽しむ余裕が出て来ました。両岸は右がタイ、左がラオスです。時々村落や1軒屋がありました。強烈な日差し、青い空、緑の山々、そして心地よい風、それらを感じながらひたすら走って行きました。

Img_0142_1 3時間程走ったところで昼食になりました。たくさんのボートが停泊する船着場兼食堂で1時間程休みました。そしてまた出発です。出発してからすぐ雲行きが怪しくなってきました。あわててビニールシートにくるまった途端ザーーーーっと来ました。それからは雨と雷の歓迎を受けながらそれでもスピードを落とさずに進んで行きました。幸いにもしばらくして雨は上がってまたさっきのピーカンになりました。
それからずっと快調に飛ばしていたその時、突然左右には何もない緑に囲まれた川の上でエンジンが停止したのです。ええーっどうしちゃったの~。話を聞こうにもドライバーは英語を全く話しません。どうしよう~。みんなの間に不安が広がりました。その時です、ドライバーがポリタンクを取り出してガソリンを給油しだしたのです。あーよかった。
そしてそれからまた2時間程走ってついにルアンプラバーンに到着しました。みんな口々に唱えていました。"I will never come back."
Asia_20 きれいな景色だったけどもう2度とは乗りたくない路線のひとつとなりました。もちろんこれからルアンプラバーンを始めとするラオスの旅は楽しみたいと思っています。

2006年8月26日 (土)

アジア編57 マッサージスクールその後 2006/08/17-25

0km/ 13546km  チェンマイ
2週間にわたる教習が終わりついに実技と筆記の試験の日が来ました。

Img_9869 Img_9889 Img_9896 午前中はここで手に入るハーブを使ってのハーブセラピーの方法を習いました。ウコン、レモングラス、ミント、ユーカリ、ライム、タマリンドなどを細かく砕いて混ぜ合わせます。それを布に包んでボールにします。講習ではここまでしかやりませんでしたがそれを蒸してハーブの成分を引き出してから患部に当てるんだそうです。とてもいい香りがして体の外と中から効きそうでした。

Img_0010 さて実技試験の開始です。併設されているマッサージ所で実際にマッサージ師をしている卒業生が試験官をしてくれます。今までに習ったコースから2つをくじで決めてその試験官に実際に行うのです。自分は”うつ伏せ”と”座り”をやりました。テキストを見ながらやったのですがそれでも分からなかったり間違えたりして結構焦りの連続でした。
翌日は筆記試験でした。こちらは持ち込み不可で回答は英語のみなのでかなりしんどかったです。

Img_0045 Img_0052 Img_0063 Img_0083 そしていよいよ卒業式です。今回はどうやら全員修了証をもらえるようです。やった~。
一人一人証書を手渡して手首に幸運の紐を巻いてくれました。
あっと言う間の2週間でしたがここの先生方は楽しく、厳しく、そして優しく丁寧に教えてくれたのでとても印象に残りました。また他の15人の生徒もすばらしい人がたくさんいて大変おもしろく楽しく学ぶことができました。どうもありがとうございました。

もし将来タイでマッサージを習いたいと思っている方がいらしたら強くお奨めします。
SHIVAGAKOMARPAJ (シヴァカ ゴーマーラパット)
The Old Medicine Hospital
238/8 Walai Rd,.Haiya Muang Changmai, Thailand

Tel: 053-201663
www.thaimassageschool.ac.th

Dear great teachers and students,
I was very happy to learn in this school for 2 weeks. Your way how to teach is great. I wish I could come back and take an advantage class some day.
And it was a big fun to learn with these students - Thai people and foreigners. You have been so nice, friendly and helpful.
We will have a different life in the different place in different way, but we will be in one world, same same!
Thank you again to all.

アジア編56 チェンマイあれこれ 2006/08/14-25

0km/ 13546km  チェンマイ

Img_9829 今回は週単位で借りられるアパートに滞在しています。その近くでは日曜日に大きな市が開かれます。衣類、食料品、土産物、マッサージ屋などが並んでいて楽しいです。

チェンマイにもおいしいものがありました。

Img_9808 先日も食べたカオソーイと言うカレー麺。

Img_9798 Img_9804 しゃぶしゃぶと焼肉を同時に食べれる鍋。

Img_9846 これはなぜか"Sukiyaki"と言います。肉、野菜、春雨を甘辛いスープで煮たものです。

Img_9836 そして日本食もありますがやはり少し割高です。このお好み焼きは250円位です。

Img_9851 自分が気に入ったのは近くの店で焼いているこの魚です。白身で柔らかくおいしい~。

Img_0076 このパイナップル炒飯もイケました。

Img_9819 Img_9826 週末に郊外の山の上にあるドイ・ステープと言う寺に行きました。そこには大きな金の仏塔がありまた山の上からのチェンマイの景色もすばらしいものでした。

チェンマイをバイクで走っていて気が付いたことがあります。バンコクでは街行く車はクラクションを鳴らしっぱなしでした。ところがチェンマイではクラクションの音が全くしないのです。1日走っていてもただの1回もしないのです。この違いがチェンマイはのんびりした街だと言うことを如実に物語っています。

Img_9788 チェンマイに2週間程滞在しましたがここは自分には住みやすい所です。大き過ぎず小さ過ぎず自然が豊かで静かでのんびりしていて人々は大変朗らかで食べ物もおいしい。ここは相当気に入ってしまいました。もっといたい位です。本当にありがとう。

それから旅行開始から8/25でちょうど100日目を迎えることができました。これもみなさんの声援のおかげです。本当にありがとうございます。
何となくペースがつかめてきて旅がおもしろくなってきました。これからもよろしくお願いします。

さてまた旅を続けることにしましょう。28日月曜日にはラオスとの国境の街チェンコーンを目指します。

2006年8月16日 (水)

アジア編55 マッサージスクール 2006/08/14-08/16 晴れたり曇ったり

0km/ 13546km  チェンマイ
今回の旅行でタイにやって来た目的がひとつあります。それはタイ式マッサージの学校に行くことです。
自分はマッサージを受けるのがとても好きなので自分でも人にやってあげられたらいいなぁと前から思っていました。
それに現在仕事をしていない自分は日本に戻ったら何かしらの仕事をしなくてはなりません。どんな仕事がいいかいろいろ考えています。そこでマッサージの技術が身についたらもしかしたら何かの役に立つかもしれません。
そう言った理由から今回このチェンマイでマッサージを習ってみようと思ったのです。その為のスクールは何箇所かあって期間も1日から何ヶ月までいろいろあります。その中で今回選んだのはタイ政府公認で学校も大きくカリキュラムもしっかりとしているからです。期間は2週間です。2週間でどこまでできるかわかりませんが久しぶりに学生になって一生懸命習いたいと思います。

Img_0284 Img_9771 さてちょっぴり緊張して初日に学校に行くと続々と生徒が集まっていました。全部で16人、タイ、フランス、アメリカなどいろんな国から来ています。みんなやる気充分の感じです。午前中は講義、午後は実技と言うスケジュールで進んでいきます。講義はタイ語と英語のグループに分かれて、実技は全員で一緒に受けます。
そしてその内容ですが、10日間で一通りをやるのでかなり詰め込んだ内容になっています。体の各部分ごとに丁寧にマッサージの方法を習っていきます。
これから2週間がんばってみようと思います。

Img_9766 Img_9767

2006年8月14日 (月)

アジア編54 泡盛のルーツ 2006/08/12-08/13 晴れたり曇ったり

320km/ 13546km  スコータイ-チェンマイ
上記移動距離の累計が間違っていました。13546kmに訂正させていただきます。
Asia_19 12日にはスコータイを出てまたバスに乗りました。チェンマイに向かうためです。バスターミナルに行くとちょうどチェンマイ行きのバスが来ていたのでそれに飛び乗りました。すると何と満席で立ち乗りです。”ええっ立ち乗りなの?”と聞くと、”大丈夫、1時間で座れるから。”と言うのです。その言葉を信じて乗ることにしました。この辺りはかなり山がちでまだ舗装途中の細い道を走ったりするのでなかなかスピードが出せません。それでも1時間程でタークと言う町に着きました。するとたくさんの人がどっと降りてやっと座ることができました。ずっと立ったままだったらどうしようと心配したので助かりました。ここから先はやはり山道を走って先日よりも距離は短いですが同じ6時間位かかってチェンマイに到着しました。チェンマイは結構大きそうな街でわかりやすくて居心地がよさそうです。これからしばらくここに滞在しようと思います。

タイに来てからずっと探し続けていた物がありました。
沖縄の泡盛の原料がタイ米だと言うのは聞いたことがありました。しかし泡盛のルーツとなった焼酎がタイにあると言うのは今回初めて聞きました。それならば是非その焼酎を飲んでみたいと思いました。その名をラオ・カーオと言います。何でも法律上密造酒扱いになるそうで今まであちこちで探したのですが見つかりませんでした。
今日たまたま通りかかった古びた酒屋のショーウィンドーにビールの大瓶位の褐色の瓶が並んでいました。そのラベルを見た瞬間”これだ!”と思いました。

Img_9721 Img_9723 表示はタイ語なのですが稲穂をデザインしたそのラベルでピンときました。さっそく中に入って店の人に聞くと確かにラオ・カーオだと言うので62バーツ(約186円)で買ってきました。アルコール度数は18度と一般的な泡盛よりも若干低めです。
さて香りは、、あの泡盛の香りを想像していたので大分違った感じがします。でも同じ原料なので何となくその面影はあります。鼻腔の奥深くで懐かしい香りがするのです。
そして味は、、うん、口に含むとほのかに米の香りがします。水割りで飲んでいると違和感もなくなりおいしく思えてきました。そして不思議なことに段々泡盛と似た味に思えてきたのです。これは酔い心地が同じせいなのかなぁ。
こうして大好きな泡盛のルーツと言われる焼酎に出会えてうれしかったです。

Img_9744 そしてこちらはチェンマイ名物のカオ。ソーイと言う麺料理です。カレー味のスープに鶏肉や麺が入っていてそこにさらに揚げ麺が乗っています。好みでライムを搾りつけ合わせの玉ねぎなどを入れて食べます。自分はもともとカレーが好きなのでこの味ははまりそうです。これからあちこちで食べ比べてみたいです。

2006年8月11日 (金)

アジア編53 スコータイの遺跡達 2006/08/09-08/10 晴れたり曇ったり

380km/ 12376km  アユタヤー-スコータイ-ワット・スラ・シー-ワット・マハータート-ワット・シー・サワイ-ワット・チェトゥポン-ワット・シー・チュム-スコータイ
Img_9689 Asia_18 9日にはアユタヤーを出てまたバスに乗りました。スコータイに向かうためです。スコータイにはアユタヤーよりもさらに古い1200~1300年代の遺跡があります。
今回はバスに揺られること6時間、バスの旅は慣れてきたとはいうもののやはり6時間は結構しんどいです。11時に出て17時頃スコータイに到着しました。アユタヤーはバンコクよりずっと小さな町でしたが、スコータイはそれよりもさらに小さく繁華街は徒歩で歩ける範囲にあります。バンコクから離れるほど物価が安くなっていく気がします。

Img_0154 10日にはこのスコータイの町から14キロ離れた遺跡を周りました。遺跡は歴史公園になっていて中にあるいくつかの寺を周るようになっているのですが各寺は結構離れているので自転車を借りて移動することにしました。雨季には珍しく晴れ間が広がり自転車には直射日光がきつかったのですが写真はきれいに撮れました。
P1460453 まずは偶然見つけた塔で像が台座を支えています。この姿が勇ましくも可愛らしくも見えました。

P1460457 P1460468 P1460472 P1460474 P1460477 P1460483 スコータイの遺跡は7、8百年前のものなのでかなり損傷してはいますがアユタヤーとは見た目もかなり違った仏像や塔があって興味深かったです。

P1460491 中でも一番おもしろかったのが、屋根がなく回りを厚さ3mもある壁に囲まれた32m四方の本堂の中に目一杯に収められたアチャナ仏と言う仏像です。おそれない者と言う意味だそうです。

Img_9711 夕食には前から食べたかったパパイヤのサラダを食べました。まだ熟す前の青いパパイヤを野菜として食べます。沖縄でもパパイヤちゃんぷるーなど炒めて食べますがこちらでは生でも食べます。通常はとても辛いそうなのでとうがらしを控えてもらったら甘酸っぱくておいしかったです。

2006年8月 8日 (火)

アジア編52 アユタヤーの遺跡達 2006/08/06-08/07 晴れたり曇ったり

80km/ 11996km  バンコク-アユタヤーーウィハーン・プラ・モンコン・ボピットーワット・プラ・シー・サンペットーワット・ロカヤスターワット・マハータートーアユタヤー
豪華ではないけど安くて快適な宿、豊かな物資、おいしい食べ物(特にシーフード)、それに暖かい人々。居心地がいいのでついついバンコクに長居をしてしまいました。バックパッカーの間ではこういうのを沈没と言うそうです。何となく理解できる言葉です。
Img_9636 Asia_17 6日はバンコクを出てまたバスで移動です。と言っても2時間約70キロの近距離です。昼頃出発して14時にはもうアユタヤーに到着しました。バスも今までの他の国と違ってゆったりしていて道路も舗装なので快適です。日本にいると当たり前のことが国によってはまだまだだと言うことがよくわかりました。
アユタヤーは世界遺産にも登録されている有名な遺跡ですが、バンコクから近いので日帰りで観光する人が多いようです。その為かこの街は観光客を受け入れる宿、食堂、旅行代理店などが少ないです。バンコクから来たので余計にそう感じるのかも知れません。Img_9642 また宿の近くにはTUTAYAやファミリーマートがありまるで日本にいるみたいです。

さて7日にはアユタヤー遺跡の中にある寺を周りました。今回の旅で初めてバイクを借りて自分で運転しました。左側通行だしこの街は車の通行量も少ないので危ない目に合うこともなく楽しく運転できました。自由に動き回れるっていいですね。
それぞれの寺には特徴的な塔や仏像がありました。

P1460429 青銅でできた金箔の17mの巨大な仏像、

P1460432 辛うじてビルマの攻撃から逃れた3つの塔、

P1460436 全長28mもある寝仏(今でも信仰の対象となっています)。

P1460443 そして一番印象的だったのは頭部だけが木の根に取り込まれてしまった仏像です。長い時間の経過を感じて何とも不思議な気持ちになりました。

2006年8月 4日 (金)

アジア編51 王宮と寺 2006/08/01-08/03 晴れたり曇ったり

0km/ 11916km  バンコク
Img_9487 バンコクに来て初めて見たものがあります。これです。車にATMを乗せている”走るATM”です。これはきっとATMがない街の人にとったらとても便利ではないでしょうか。日本でも流行るかもです。

Img_9509 2日はこれから周るタイ国内の情報を得ようと思ってタイ国政府観光庁に来ました。タイ各地の観光情報や電車、バスなどの情報が得られて便利なのですが場所が行きにくい所にあります。観光客が気軽に来れるようにもっと繁華街に何箇所か作ってくれるといいと思います。

Img_9537 Img_9543 Img_9544 Img_9551 Img_9554 さて3日はバンコクの一番の観光地ワット・プラケオと言うお寺と王宮に行きました。今までのベトナムやカンボジアの寺よりもタイの寺は豪華絢爛という感じです。金色の塔やエメラルドの仏像など見た目にわーっと訴えるものがあります。
Img_9570_1 .

Img_9594 次に来たのがワット・ポーと言うお寺です。ここの見どころは46mもある巨大な金の寝釈迦仏像です。とてもカメラに収まりきらない程大きな寝釈迦仏が堂々と鎮座している様は豪快です。

Img_9600 それから渡し船で対岸に渡ってワット・アルンと言う寺に行きました。この寺は金ピカではないけれどその造形の美しさが目を引きます。

Img_9604 Img_9605 夕食には宿の近くを歩いていて見つけた海鮮料理の店に行きました。カニのカレー炒めやボイルしたエビがおいしかったです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ