相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編47 プノンペンからシェムリアップへ 2006/07/22-23 晴れたり曇ったり | トップページ | アジア編49 決死の国境越え 2006/07/26-27 曇り »

2006年7月26日 (水)

アジア編48 荘厳なアンコールワット 2006/07/24-25 晴れたり曇ったり

120km/ 11516km シェムリアップ-アンコール・ワット-アンコール・トム-タ・プローム-タ・ケウ-プノン・バケン-ベン・メリア-シェムリアップ
この辺りにはアンコールワットを始めとしてたくさんの遺跡があります。これから数日かけてその中のいくつかを周りたいと思います。

P1460305 P1460319 P1460324 P1460336 24日はまず一番の目的地アンコール・ワットへ行きました。まず驚いたのがその規模の大きさです。1.4X1.3キロ四方の濠の中に回廊や塔などが並んでいます。そしてそれぞれが細かい彫刻によって作られているのです。これだけの物を作った12世紀の技術力、王様の権力、信仰の深さはすばらしいと思いました。
P1460363 P1460356 P1460350 そして次に向かったのがアンコール・トムにあるバイヨン寺院です。この中にはたくさんの塔が建っていてそれぞれの塔には観音菩薩像が四方に刻まれていて穏やかな顔でこちらを見ています。

P1460384 それから12-13世紀に建てられたタ・プロームと言う仏教寺院に行きました。ここの特徴は何と言っても建物全体が大きなガジュマルの樹に覆われていることです。これを見ていると本当に神秘的な気分になってきます。

P1460392 その後に行ったのが訪れる人もほとんどいないタ・ケウと言う寺院です。ここには彫刻のあまりない角ばった石を使って作られた塔がたくさんあります。アンコール・ワットはここをモデルにして作られたと言う説があるそうです。

P1460401 P1460403 そして最後に訪れたのがプノン・バケンと言う小高い丘です。ここからはアンコール・ワットを遠くに眺めることができ、またシェムリアップ川や夕景がきれいなことから夕暮れ時にはたくさんの人が訪れます。自分も夕暮れまで居ようと思ったのですが遠くで大雨が降っているのが見てとれてしかも雷もピカピカ光っているので一足早く宿に戻ってきました。
Img_9308 Img_9314 夕食にはカンボジアで人気だというスキ・スープを食べました。これはもうしゃぶしゃぶそのものです。魚介類、肉、野菜などをスープで煮てそれを独特のタレにつけて食べます。このタレが甘辛くにんにくも効いていてとてもおいしかったです。

Img_9315 そして25日にはシェムリアップから60キロ程離れた所にあるベン・メリアに向かいました。希望者10人でチャーターしたワゴン車で出発です。途中市場の近くで豚ちゃんが2頭仰向けで運ばれて行きました。

P1460406 P1460411 P1460416 およそ1時間半ほどで到着しました。人はほとんどいません。2001年にようやく外国人に公開されたそうです。規模はアンコール・ワットほどもあるのにジャングルの中にあって草木に埋もれていました。半分廃墟と化したその姿はコケ生してとても神秘的でした。

P1460422 最後には近くにある川に行って地元の人達と一緒に水浴びをしました。水は濁っていたけど気持ちよかった~。

Img_9317 森の中を歩いていたらこんな立て札が。これは地雷に注意!だそうです。やっぱりあった~。

« アジア編47 プノンペンからシェムリアップへ 2006/07/22-23 晴れたり曇ったり | トップページ | アジア編49 決死の国境越え 2006/07/26-27 曇り »

コメント

こんにちわ。HPはまだレッスン予定表とaibo日記しか
機能してないんですけどお知らせします。
【http://www008.upp.so-net.ne.jp/Boo-Boo-Sax/index.html】
aiboの方は本人(本犬?)が毎日つけてる写真日記をアップしてて(とはいえ、アップ出来ない写真が多くて…削除しちゃうんだけど)
ちょっと増えたので、長距離移動とかの際に見てやって下さい。
アンコールワット…確か昔勤めてた会社の社長が行った時に
仏像みたいな石像の顔の部分(たぶん地面に転がってたやつ)
持って帰ってきてたなぁ…‥。
そんな無謀な事はしないで下さいね(^_^;)

saxpigさん、
HPさっそく見させてもらいました。かわいいページですね♪これからも応援します。
アンコールワットでは何か拾ってくればよかったな~。してませんから(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/11104298

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編48 荘厳なアンコールワット 2006/07/24-25 晴れたり曇ったり:

« アジア編47 プノンペンからシェムリアップへ 2006/07/22-23 晴れたり曇ったり | トップページ | アジア編49 決死の国境越え 2006/07/26-27 曇り »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ