相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編39 桂林あれこれ 2006/07/04 晴れ | トップページ | アジア編41 バスでベトナム国境越え 2006/07/09-10 曇り »

2006年7月 8日 (土)

アジア編40 桂林川下り 2006/07/05-07 晴れ時々曇り

200km/ 8351km 桂林-り江(りこう)川下り-ヤンシャオ-興坪(シーピン)-桂林
今日は桂林の目玉であるり江(りこう)の川下りに行きます。朝8時前に宿を出て車で郊外の船乗り場に行きました。そこには既にたくさんの人が続々と船に乗り込んでいました。その中の1つに乗って出発です。今日の船旅は約60キロ、5時間弱です。船は1階が座席になっていて屋上に上がってそこから川の両側に広がる景色を眺めました。

P1460098 P1460103 P1460111_1 P1460123 しばらくするとあのこの辺りのとんがった山々が連なる景観が目の前に広がってきました。白黒の山水画をイメージしていたのですがそれよりも真っ青な空と濃い緑に包まれた山々のコントラストがとても美しかったです。船は結構なスピードで川を下って行きます。次々に変わり行く景色は見ていてまったく飽きません。カンカン照りの太陽に照らされながらも静かな船旅を楽しみました。
P1460132 これはその中の見どころのひとつで9頭の馬が見えるそうなんですがどうでしょうか?

さて船旅が終わって終点のヤンシャオの町に着きました。そこからバスに乗って今日の宿泊地興坪(シーピン)に向かいました。そこには日本人の旦那さんと中国人の奥さんがやっている宿があるのです。
http://www.kakura.jp/xp/
泊まっている人も日本人の人が多くて食事もあっさりの味付けです。何よりもお二人のおもてなしの心が伝わってきてほっとすることができました。

翌日は朝早く起きて裏にある200メートル程の山に上りました。急な石段を登って行くので結構大変でしたがその上からの景色がまたすばらしかった。朝日を浴びて刻々を変わっていく風景は幻想的でした。

Img_8630 Img_8642_1 Img_8649 白黒で写真を撮ってみました。
山から戻って朝食を食べてシャワーを浴びてさて今日は何をしようかと考えていたら突然部屋の明かりとエアコンが止まりました。停電です。ブレーカーが働いたんだろうと思ってしばらく待ってもそのままです。どうやら町中停電のようです。
旦那さんの話だと去年はよくあったけど今年はあまりなかったのになぁと言うことでした。
しばらくすると水も止まりました。もう笑って待つしかなさそうです。
午後になると気温はぐんぐん上がります。ついに前の川で水浴びをすることにしました。上流で生活排水を流しているらしいこの川は決してきれいとは言えません。それでも水に浸かっていると冷たくて気持ちいい~。
P1460222 Img_8718 Img_8720 Img_8727 夕方になってまた景色を見に行きました。夕陽は見れませんでしたが少し色づいた山々はまた違った趣できれいでした。
夕食にはカレーライスを食べました。そのまま日本のカレーライスでむちゃくちゃうまかった~。やはりこう言うものは食べたくなります。

Img_8734 7日朝に宿とお別れしました。林さん、ビンビン、そして喜多郎ちゃん、どうもお世話になりました。カレーライス最高においしかった♪またいつか石に彫ってもらった記念碑を見にきます。

Dscn0001_exposure それから興坪(シーピン)から更に山奥に入った川の上流で急流下りに挑戦しました。二人ずつゴムボートに乗り込み落差220メートル全長4.5キロの自然の川を利用して作ったコースを90分程で下ります。途中かなりの急流や岩場があったりしてスリル満点でした。途中でボートから投げ出されてリタイヤする人続出でした。
夕方バスで桂林に戻って来ました。

« アジア編39 桂林あれこれ 2006/07/04 晴れ | トップページ | アジア編41 バスでベトナム国境越え 2006/07/09-10 曇り »

コメント

凄く雄大な景色ですね☆特に白黒の写真が凄く幻想的でため息が出そう・・・(^_^)
こんなに美しい景色を見られるなら僕も1度中国に行ってみたいです!

次はどんなすばらしい景色が見れるのか楽しみです☆

Kenta君、
中国は広いだけあって本当に各地で様子が違うんだ。できればなるべく時間を長く取って周るといいと思うよ。

桂林って聞いた事やポスターでみた事があったけど、想像以上に凄いとこみたいですね。ボクの中では中国で行ってみたいとこNo1になりました。日本人の人のやっている宿があるっていうのもいいですね。

TERUさん、
行く前に桂林はすごく観光地化されてるからって聞いてたんだ。確かに立派な観光地だけどそれでも大自然やのどかな人々の生活も残っていました。日本人宿の近辺は特にお勧めです。

こんにちは、YOSHIさん。
桂林・興坪の宿で同じ日に宿泊したkohdaiです。
って、名前を言っても分からないですね…汗
旅館のネット回線がおかしくなって、二人で復旧作業に挑んだモノです。
で、分かりますかね?(笑

現在私は雲南省の大理にいます。
興坪の宿は居心地が良くて結局8泊もしてしまいました。
天候が優れなかったり、体調が芳しくなかったりといろいろ問題があったので。

「私もいつかは世界一周!」という目標があるので、今後もちょくちょく覗かせていただきますね♪
ではでは。

kohdaiさん、こんにちは。
ネットの、、、でわかりました。
ようこそいらっしゃいました。興坪は本当に静かでいい所ですね。あれから停電はありませんでしたか(笑)
大理も行ってみたかったなぁ。
もし将来の旅行の参考になればうれしいです。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/10845468

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編40 桂林川下り 2006/07/05-07 晴れ時々曇り:

« アジア編39 桂林あれこれ 2006/07/04 晴れ | トップページ | アジア編41 バスでベトナム国境越え 2006/07/09-10 曇り »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ