相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編31 西安の見どころ 2006/06/17 晴れ | トップページ | アジア編33 さよなら西安 2006/06/19 晴れ »

2006年6月19日 (月)

アジア編32 西安の美しい夜 2006/06/18 晴れ

0km/ 5769 km 西安市-西安市内-大雁塔(だいがんとう)-西安市
Img_8229 朝食に宿の前にある包子(パオツー)の店でワンタンを食べました。薄皮に具がたっぷりと入ってこれが22円はうれしいです。
今日は西安の市内を周りました。昨日も相当な暑さでしたが今日も気温はグングンと上がって何と42度になってしましました。湿度が低いので蒸し暑くはないのですが外にいるともう火傷しそうです。外を歩いていると暑くてすぐに商店に入ってしまいます。ふらっと入った店ではパソコン用のゲームソフトを売っていていかにもコピーしたようなゲームソフト100本分入って220円と何とも信じられない値段で売っていました。露店とかではなくてIBMや東芝などの一流メーカーのパソコンの隣で売っているんですよ。これではやはりブランド品や登録商標、知的所有権などの問題が出てくるのも当然だと思います。
昼間は暑いので出控えていて夜になって暑さも一段落したので昨日行けなかった大雁塔(だいがんとう)に行きました。
Img_8233 Img_8248 Img_8256 Img_8264 Img_8274 Img_8277 大きな敷地を歩いているとものすごい人だかりが見えます。何かと思って行ってみるとみんな噴水の周りで何かを待っているようです。これは見てみようと思い待っていると9時から始まりました。噴水と照明、レーザー光線、音楽のショーですy。昼間の暑さを吹き飛ばすように美しく綺麗なショーでした。

Img_8288 Img_8286 さて夕食には昨日の蘭州の兄に教えてもらった珍しい串さししゃぶしゃぶの店に行きました。串にさした野菜、練り物、きのこ、モツ肉、イカなどを辛いスープと辛くないスープが半々になった鍋に入れてしゃぶしゃぶしてそれをゴマダレにつけて食べます。辛さや油の量を自分で加減できるので好みの味にしておいしかった。この串が1本3円です。思い切り食べても安くておいしい満足の鍋でした。

« アジア編31 西安の見どころ 2006/06/17 晴れ | トップページ | アジア編33 さよなら西安 2006/06/19 晴れ »

コメント

西安ですかあ。昔は市場で赤ん坊を売っていたとかいなかったとか。それを思い出します。だんだんと楽しそうな所に移動していってもう、たまんないっす。中国ってしばらく行かないと変化がすごいんで驚く事ばっかなんだよね。シルクロードに三年連続で行ってたことがあったけど毎年あのオイルロードに食べ物屋さんが出来ていたのには中国人のパワーを感じたよ。今はもっといっぱいあるんだろうなあ。懐かしい食事ばっかでなんだか、悲しい。私の分まで食べてね。あ、白酒は地方ごとに度数も違うし味も違うので、飲み比べてみて!

KINO-Qさん、
そうか、西安では昔そんなこともああったんだね。中国の街を歩いているとみんなパワーがみなぎっていてこっちまで元気もらうって感じだよ。
食べ物に対するこだわりってすごいね。こんなにいろんな物作っちゃうんだから。これからもいろいろ試してみるね。白酒も♪

イルミネーション綺麗ですね。こういうのがあるっていう事は景気がいいっていう事なんでしょうかね。ある一日だけ東京タワーの電気を消して省エネを叫んでいる日本を見てて複雑な気分になりました。誤解が無いように付け加えると、どっちも大切だと思っているんですよ。串シャブ美味しそうですね。メモメモ。。。。

TERUさん、
観光客に人気がある街はやはりある程度発展した街のようです。非日常を求めるならそれ以外の街もいいかも思いますけどね。

ご無沙汰です。
先日、手紙を受け取りました。ビックリしました。前から、違うとは思っていましたが、かけ離れていて呆然!
ところで今はどちらにいるのでしょうか。こちらは、毎日、ちまちましてうんざりしています。(東京勤務は続いていますが、他の連中とはコンタクトがとれていません)
あいにく、僕は、インターネットをやっていないので、一方通行となるかと思いますが、日本橋の地下鉄構内の貸PCから送っています。無事、届いているでしょうか。

E.Hirakoshiさん、
いやーどうも大変久しぶりですー。
手紙が届いてよかったです。
メッセージは無事届いてますよ。
現在インド洋上のモーリシャスにいます。
東京に戻ったら是非会いたいですね!
もしよかったらこれからもブログ見てみて下さい。よろしくお願いします。
さっそく大事件が起きてしまったのですが、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/10590647

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編32 西安の美しい夜 2006/06/18 晴れ:

« アジア編31 西安の見どころ 2006/06/17 晴れ | トップページ | アジア編33 さよなら西安 2006/06/19 晴れ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ