相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編30 西安灼熱地獄 2006/06/16 晴れ | トップページ | アジア編32 西安の美しい夜 2006/06/18 晴れ »

2006年6月19日 (月)

アジア編31 西安の見どころ 2006/06/17 晴れ

0km/ 5769 km 西安市-リーザン-北院門街-西安市
今日はツァーバスに乗ってあちこち観光します。小さなバスに乗って出発した途端に停車しました。

Img_8156 どうしたかと外に出るとタイヤがペチャンコです。しかもスペアタイヤまでパンクしてます。仕方なく待つこと1時間、やっと代わりのバスに乗って出発です。

Img_8179 ツァーの参加者には日本人のご夫婦がいました。引退されていろんな国を周られているそうです。またこれからだんだん偏狭の地に行かれるそうなので気をつけて旅を続けてくださいね。どこかでまたお会いできるのを楽しみにしています。

Img_8158 他に中国蘭州出身の兄妹がいました。自分が今まで何度も食べたあの牛肉ラーメンの発祥の地です。彼の話だとやはり蘭州で食べる牛肉ラーメンがけた外れにおいしいそうです。機会があれば是非食べてみたいです。

Img_8170 Img_8167 さて最初はケーブルカーに乗ってリーサンという秦時代の城址に来ました。高台からの景色は素晴らしく遠くに始皇帝の墓が見えました。

Img_8184 Img_8197 それから秦の始皇帝のお墓に行きました。中では秦の時代をモチーフにしたショーをやっていました。

Img_8212 この頃からまた気温がグングン上昇してついに39度にまで達しました。こういう時の見方はバンダナです。水をたっぷり含ませてかぶると気化熱を奪ってくれるのでかなり涼しいんです。

P1450808b P1450815b さてそれから西安のメインである兵馬俑(へいばよう)を見にいきました。秦の始皇帝の墓の近くの地中から偶然発見されたはにわのようなもので兵士、戦車、馬などが等身大で何千も埋まっていました。彩色まで施されていたそうです。東京ドームのような巨大なドームの中には発掘されて修復された何百体もが並べれていてその姿は圧巻です。当時の始皇帝の力を見るようです。
P1450826b その後華清池(かせいち)と言う歴代王朝が温泉として使った場所を見に行きました。2700年も前にすでにこのような温泉施設があったのは驚きです。

Img_8215 Img_8217 さて西安に戻ってきてから大雁塔(だいがんとう)を見に行きました。同じ方面に帰るという蘭州の兄妹と学生街で食事をしました。恋人同士かと思っていたら学生のお兄さんと看護師の妹のとっても仲のいい兄妹でした。学生街だけあって安くてボリュームたっぷり、ご飯は無料というサービスでした。それから中国式のジャンケンを教えてもらいました。二人でやって負けたらビールを飲むと言う勝負です。グーチョキパーに相当するものにカンツー(棒)>ラオフー(虎)>チー(鶏)>ツォン(虫)という4つがあります。ツォン(虫)はカンツー(棒)に勝ちます。勝負は”カンツーカンツー”と言ったあとに上の4つのうちどれかを言います。隣り合ったものが出ればそれで勝負がつきます。同じものや隣り合っていない場合は引き分けです。これを延々と繰り返すのですがこれが結構熱くなってみんな結構酔ってしまいました。でも楽しかった~。ありがとう。
おかげで大雁塔(だいがんとう)には行けませんでした。

« アジア編30 西安灼熱地獄 2006/06/16 晴れ | トップページ | アジア編32 西安の美しい夜 2006/06/18 晴れ »

コメント

6月17日の西安・東コースツアーでご一緒しました三ヶ月 勉・サヨ子(みかづき つとむ・さよこ)と申します。大変お世話になりました。18日に無事帰国しました。帰国の機中で気付いたのですが、私達夫婦が強引にご一緒してご迷惑をお掛けしたのではないかと気がかりです。私達夫婦にとって初めての中国個人旅行でした。共産主義国に対する不信感、警戒心が心の片隅から離れず、緊張して毎日を旅行していましたので、お二人とご一緒してすっかりリラックス出来ました。夫婦の間では親しみを込めて「二人の連れのあんちゃん」と呼ばせて頂いています。お二人は今後2年間ほど世界旅行を続けられるとの事ですので、どうか健康、安全ににお気をつけ下さい。ご連絡が遅れて申し訳ありませんでした。取り急ぎ御礼まで。また、ご連絡いたします。
郵番316-0011
  茨城県日立市塙山町1-15-10
TEL&FAX 0294-35-5014

三ヶ月 勉・サヨ子

三日月さんご夫婦、
おかえりなさい。無事にお帰りとのこと何よりです。
迷惑だったなんてとんでもありません。こちらこそ旅のひとときを一緒に過ごして楽しかったです。ご丁寧にありがとうございます。
これからも気をつけていろいろな所への旅をお続けください。
もしよろしければ時々はこちらも見に来てくださいね。

ボクの夢は子供が離れた時、嫁さんとYOSHIさんのような旅ができる事です。

TERUさん、
是非実現するように応援してます。

日本一周の時から楽しませて頂いてます。最近国際情勢が緊迫してますので、十分注意して旅を続けてください。

ラプンツェルおばさん、
本当にありがとうございます。これからも注意して続けたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/10590529

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編31 西安の見どころ 2006/06/17 晴れ:

« アジア編30 西安灼熱地獄 2006/06/16 晴れ | トップページ | アジア編32 西安の美しい夜 2006/06/18 晴れ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ