相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の15件の記事

2006年5月31日 (水)

アジア編13 北京と言えば 2006/05/30 曇り

0km/ 2509 km 北京市-タイ大使館-ワンフーチン(王府井)-北京市
Img_7277 今日は昨日に続いて牛肉麺を食べました。チェーン店の店で食べたのは昨日のとは全く違って濃い色のスープでした。これはこれで150円でおいしかったですがやはり昨日のがまた食べたいです。
さて今日は後日に備えてタイ大使館にビザの申請に行きました。窓口では丁寧に質問に答えてくれましたが申請は午前中のみというので明日出直して来ることにしました。
それからやはり中国での情報をもっと欲しいと思い旅行ガイドを探しに行きました。近くにある大きな本屋に行ったのですがそこにはほとんど中国語のガイドで少し英語がある位でした。仕方がないので北京の日本大使館に電話をしました。そして北京市内で日本語の本を売っている書店を聞いたところちょうど自分がいるワンフーチンの中に外国書専門店があると言うので教えてもらいました。今まで日本大使館に世話になったのはこれが初めてです。その店に入ると中に日本書の専門コーナーがあって文庫本、漫画、旅行ガイドなどいろいろ売っていました。地球の歩き方を買いました。これで中国の情報をかなり取れると思います。
Img_7281 Img_7283 Img_7287 この辺りには大きなデパートや小さな土産物屋、食べ物屋などがひしめいています。こーんな物も売ってました。

Img_7290 Img_7291_1 Img_7299 さて北京に来たらやはり本場の北京ダックを食べたいと思い全聚徳と言う店に行きました。ところがそこは高級料理店でちょっと不似合いな感じでした。それでもほどよく焼けた皮が香ばしくとても甘みがあってネギや味噌などと一緒に薄い皮に包んで食べるともう最高の味でした。1羽分で3000円ちょっとなので日常の食事に比べるとすごく高いですが滅多にないチャンスなので満喫しました。

Img_7302 夜の天安門はライトアップされてとても美しかったです。

アジア編12 天津から北京へ 2006/05/29 晴れ

119 km/ 2509 km 天津市-北京市
Asia_6 今日は天津から北京に向かいます。

Img_7254 天津から北京へは列車かバスで行きます。電車は切符を買うのが大変そうだったのでバスで行くことにしました。駅の周りではバスの安売り合戦です。50元、25元、20元などいろいろ売ってます。今回は一番安い20元(300円)に乗ることにしました。案内のおばちゃんについて行くと小さなバンに乗ってバス乗り場に行きました。そこで30分ほど人が集まるのを待ってから出発です。それから一時間半ほど高速を走って北京駅に着きました。

Img_7270 ここは高層ビルも多く本当に都会です。そして道路も建物も全てスケールが大きいんです。駅から宿のユースホステルまで近いと思ったら歩いて30分もかかってしまいました。

Img_7259 夕食はカフェテリア形式の食堂で鴨の醤油煮やナスピーマンの炒め物などを食べました。やはり中華料理はいつも食べ慣れているので何でも口に合います。
これからしばらく北京に滞在して市内を周りたいと思います。

2006年5月30日 (火)

アジア編11 天津の1日 2006/05/28 晴れ

0 km/ 2390 km 天津市-天津駅-古文化街-南市市場-天津市
今日は天津の市内を周ります。
Img_7190 Img_7191 まずは腹ごしらえに牛肉麺の店に行きました。店の前で手打ちの麺を作っていて打ち立てを食べさせてくれます。出てきた麺を食べて大感激!あっさりしてしかも牛肉のだしがきいていて香菜の香りがして麺はつるつるしこしこで香酢を少しいれるともう最高においしかったです。ザーサイと八角、かすかなカレー粉も隠し味になっていました。この麺がな、な、なんと45円なんです。もう涙出そうでした。
Img_7195Img_7197  それからまず天津の駅に行きました。街中の道路も広いのですがこの駅がまた巨大でびっくり。銀行のATMは日曜日もやってくれていて感激です。

Img_7206 Img_7220 Img_7217 そしてやって来たのが古文化街です。ここは古い中国の町並みを再現していてそこに中国のいろいろな工芸品や土産物の店が並んでいます。また今日は日曜日のせいか路上でフリーマーケットをやっていて骨董品、共産党全盛時代のポスターや人民バッジ、それにガラクタのようなものなどいろいろ並んでいました。
Img_7229Img_7232_1 Img_7235  それから南市市場に3輪車で行きました。3輪車は小回りがきいて反対車線でも自由自在に走り回ってそれはもう迫力満点でした。市場の近くでは日曜日のせいか結婚式の披露宴があちこちで行われていて爆竹のものすごい音が響き渡っていました。

Img_7245 Img_7244 夕食はホテルの近くで羊の串焼きなどを食べました。3人で思い切り飲んで食べて1800円といううれしい値段でした。

2006年5月29日 (月)

アジア編10 中国天津へ 2006/05/27 曇り

Asia_5 890 km/ 2390 km 黄海-天津港(2 中国)-天津市

Img_7153 今日はほぼ一日船の中です。韓国と中国は1時間の時差があるので船内には韓国時間と中国時間の2つの時計がありました。
朝5時20分に日の出だと言うのでがんばって起きて甲板に行きました。すると空はどんより曇り空。日の出は全く見れませんでした、残念。

船の中では食事をしたり景色を見たりして過ごしましたがやはり24時間は結構長いです。
P1450488bP1450493bP1450498b   夕方7時になって予定通り天津の港に到着しました。

Img_7166 入国手続きをしていよいよ入国です。

Img_7167_2 外に出るとそこには電車もバスもなくタクシーだけがたくさん停まっていました。その中から安そうなタクシーを選んで天津の市内まで行ってもらうことにしました。料金は110元、1540円ほどです。それから1時間弱で天津市内のホテルに着きました。中国はこう言っては失礼ですが思っていたよりも綺麗で都会で整備されているという第一印象でした。
Img_7170Img_7186  ホテルで遅い夕食を食べました。中華料理のバイキングにビールの飲み放題までついてなんと220円という信じられない値段でした。料理もまぁまぁおいしく満足でした。
こうして中国への第一歩を踏んだのですがとてもいい印象の出だしでした。

2006年5月28日 (日)

アジア編9 韓国にお別れ 2006/05/26 晴れ

Asia_3 0 km/ 1500 km ソウル-インチョン国際フェリーターミナル-黄海
今日はいよいよ韓国とお別れの日です。

Img_7104Img_7105_2 昼食には宿の近くで韓国ラーメンと巻き寿司を食べました。韓国ラーメンは辛いスープにインスタントラーメンの麺が入っている感じでしたがおいしかった。巻き寿司は卵焼き、きゅうり、カニカマなどが入った太巻きでこれまたおいしかった。両方で400円でした。

Img_7111 地下鉄で東インチョン駅まで行きそこからバスでインチョン国際フェリーターミナルに向かいました。そこから24時間かけて中国の天津に行くのです。

今日で9日目になる韓国ですがこれまで毎日のように地元の方々にはとても親切にしていただきました。道がわからなかったり、地下鉄の乗り場や食堂で困ったりしていると近くの人が気軽に声をかけてくれてお互いに外国語同士の英語でたどたどしく話すのです。いやな顔ひとつせず、また時には知っている日本語まで話してくれてこちらはもう大感謝でした。それに引き換え自分がこの9日間で使ったのはアンニョンハセヨ(こんにちは、またねなどいろんな意味で使います)とカムサハムニダ(ありがとう)だけでした。ちょっと情けないです。
韓国のみなさん本当にありがとうございました。おけがでとても順調に旅を始めることができました。カムサハムニダ、アンニョンハセヨ。

Img_7115 Img_7109 ターミナルはとても大きく韓国に観光に来た中国人や中国に観光に行く韓国人などで賑わっていました。
夕方5時半から乗船開始です。手荷物検査をして出国手続きをしてと飛行機の場合と同じです。乗船して2等船室に行くとそこに自分の寝場所がありました。上下2段のベッドで思ったよりも広いです。船内は食堂、風呂、売店、免税店、ゲームコーナーなどがありかなり広い造りです。テレビではサッカーの韓国戦をやっていてみんな熱中していました。韓国のサーカー熱はものすごいです。
P1450455b 7時の出港直前に船の上から日没を見ました。遠くに沈んでいく夕陽は辺りを赤く染めて美しかった。

Img_7143 夕食には最後の韓国食を食べました。野菜、ソーセージ、春雨などが入った鍋です。辛いけどおいしかった。
夜船内を散歩していると大阪から来た日本人と知り合った。その人はこれまで中国、インド、中東、エジプトなどを旅したことがあってその話はとても参考になりました。
明日は是非早起きして海の上から日の出を見たいと思います。

2006年5月26日 (金)

アジア編8 国境地帯へ 2006/05/25 曇り

0 km/ 1500 km ソウル-トラサン駅-第3地下トンネル-トラ展望台-統一村-ソウル
今日は電車で北朝鮮との国境付近に設けられたDMZ(非武装地帯)に行きます。
Img_7083 まずソウル駅で腹ごしらえ。キムチがおいしいので毎日たくさん食べていたら腹の調子が少しおかしくなってきました。そこで今日は辛いものを止めようと思います。駅の中にうどん屋があったのできつねうどんを食べました。日本のうどんそのもので刺激を受けっぱなしだったお腹にはとても優しかったです。
Img_7085 Img_7086 Img_7093 さてそこから各駅停車に乗って約1時間半ほどでイムジン江駅に着きました。この駅のホームには将来この線が北側にも開通してピョンヤンに行けるようになった時のためにピョンヤンまで209kmと表示されていました。

P1450440b そこでパスポートチェックをして電車を乗り換えてから韓国最北端のトラサン駅に行きました。
ここでは首から番号札を下げて自分の身分証明の代わりになります。

Img_7095 この辺りから警備が厳しくて軍隊の隊員が荷物チェックや改札を行っていました。
さてそこからはバスに乗ります。バスは番号札によってどのバスのどの席かが決まっていてもし途中でいなくなるとすぐにわかるようになっています。一行は第3地下トンネルへ向かいました。ここは朝鮮戦争が終わった後になって北朝鮮が韓国に攻め込むために掘ったトンネルです。これまでに4本見つかったそうでこの第3地下トンネルが1番大きいんだそうです。細いトンネルをトロッコに乗って300メートルほど降りて行きさらにそこから数百m歩いてやっと韓国側の終点に着きました。ここは北朝鮮からの侵攻に備えて常時テレビカメラで監視しているそうです。この辺りは写真撮影禁止でした。
P1450450b さてそれから国境に最も近い所にあるトラ展望台に行きました。望遠鏡を見ると北朝鮮の小さな町が見えました。その町の中心にはキム・イルソンの大きな銅像も見えました。北朝鮮にはこのような銅像が2万5千個もあるそうです。この窓の遠くに見えるのは北朝鮮です。

Img_7097 P1450452b そしてそれから向かったのが統一村という小さな村です。ここには地元で採れた農産物や北朝鮮の製品を売っている。北朝鮮の焼酎が韓国産の2倍ほどの値で売られていました。そして外にはテンジャン(味噌)を熟成させる瓶が並んでいました。
今日のツァーに参加して感じたのは同じ民族が戦争によって分断されてしまった悲惨さです。肉親と離れ離れに暮らしている人達もいるのです。統一に向けて努力は続けられているもののその速度は遅いです。何とか統一が実現して国境がなくなってくれることを祈るばかりです。
Img_7101 ソウル駅に戻ると韓国の新幹線KTXが停まっていました。

2006年5月25日 (木)

アジア編7 キムチな一日 2006/05/24 晴れ

0 km/ 1500 km ソウル-東大門市場-キムチ博物館-ソウル駅-ソウル
Img_7065 昨日食べた鶏の鍋がおいしかったので今日もまた別の店で食べました。スープの味が微妙に違ってこちらもおいしかったです。

Img_7067 Img_7068 Img_7073 それから韓国ならではであろうキムチ博物館に行きました。そこではキムチの歴史から韓国各地のキムチの紹介、キムチが発酵食品で体にいいことなどを紹介していました。そしてキムチの試食コーナーまであっておいしいキムチを食べることができました。
韓国に来てたくさんのキムチを食べましたが同じ白菜のキムチでもこんなに味が違うのを初めて知りました。鍋に入れるキムチは発酵が進んで酸っぱい位の方がおいしいです。また真っ赤なのに辛味が少なくてまろやかでおいしいものもありました。これからますますキムチが好きになりそうです。
Img_7074 帰りにソウル駅に行って明日行く北朝鮮との国境沿いの非武装地帯に行く電車の切符を買いました。

Img_7079 夕食には露店で売っている豚串を食べました。こってりしたたれで焼いてあっておいしかった~。1本100円でかなりボリュームがありました。

2006年5月24日 (水)

アジア編6 ソウルの台所 2006/05/23 曇り

0 km/ 1500 km ソウル-東大門市場-南大門市場-ソウル
Img_7045 今日は東大門と南大門という二つの大きな市場を周りました。食料品、衣類、文具、お菓子など生活品の問屋や小売やがひしめき合ってとても活気あふれていました。

Img_7040 Img_7042 昼食は東大門にある鶏なべ屋に行きました。洗面器ほどもある鍋に鶏が1羽丸ごととじゃがいも、餅(トッポギ)、しいたけ、ねぎなどが入っています。テーブルでその鶏を食べやすいようにぶつ切りにしてくれます。それに後から麺をいれると二人で十分な量になります。コトコトと煮たったら取り出してねぎやとうがらし入りのたれをつけて食べます。おいしいスープが出てこれは体に優しい味でした。これで2人前1500円ですからうれしいです。

Img_7049 Img_7048 Img_7050 市場を歩いていたらいろんな食べ物を売っていました。この虫も人気がありそうでしたが食べる勇気はありませんでした。

Img_7059 This is Alex staying in the same guest house I'm in.

2006年5月23日 (火)

アジア編5 ソウルの王宮 2006/05/22 雨

0 km/ 1500 km ソウル-景福宮-民俗博物館-ソウル
Img_7001 昼食にはご飯の上に野菜炒めがのったものを食べました。これぞ庶民の料理という感じでおいしかったです。

Img_7006 Img_7011 Img_7013 Img_7016 今日はソウル市内の宮殿で最大級の景福宮を訪ねました。
http://www.seoulnavi.com/miru/miru.php?id=1
あいにくの雨でしたが地元の小中学生などたくさんの人達が訪れていました。

Img_7027 そして夕食にはたまには辛くないものをと思いこれも庶民に人気のおでんを食べました。

2006年5月22日 (月)

アジア編4 ソウルの街へ 2006/05/21 晴れ

0 km/ 1500 km ソウル-ミョンドン-イテウォン-ソウル
Img_6979 Img_6981 今日はソウルの市内を散策します。まずはショッピングの町ミョンドンへ。日曜日なので地下鉄の駅から通りまでものすごい人です。狭い路地にもいろんな出店が並んでいておもしろいです。

Img_6980 昼食にはソウル名物のソルロンタンを食べました。牛肉の骨や肉を長時間煮込んだスープでごはんを入れて雑炊のようにして食べます。牛の味が出てとてもおいしいです。これが600円です。
今日地下鉄に乗っていて気がついたのですが韓国では車内で次の駅を案内する時に乗り換え駅の場合にはウグイスの鳴き声で知らせてくれます。これなら言葉がわからなくても判りやすいです。
それから外人がたくさん集まるイテウォンに行きました。他の場所ではほとんどハングル文字の看板しかないのにこの地区は英語や日本語の看板が多く目につきます。歩いているのも白人や黒人が多かったです。
Img_6987 夕方に宿の近くの銭湯に行きました。日本の銭湯そっくりでサウナもあって快適でした。料金は350円とちょっと高めなせいか年配の方が多かったです。

Img_6990 Img_6994 さて夕食にはまたテジカルビという豚肉の焼肉を食べました。野菜もついて1人前500-600円はやはり安いですよね。これでお腹一杯になりました。
韓国ではビールは割高で食堂では300円、スーパーでも200円位します。その代わりみんなが飲むのはJunroなどの焼酎の水割りの瓶詰めです。日本のカンチューハイと同じ感覚です。やはりどこの国でも安くておいしいお酒はあるようです。

2006年5月21日 (日)

アジア編3 プサンからソウルへ 2006/05/20 晴れ

380 km/ 1500 km プサン-ソウル
Asia_2 Img_6954 今日はいい天気になりました。朝から冷麺を食べてお腹の中はもうとうがらしで一杯です。
今日はプサンを離れてソウルへ移動します。新幹線も走っているそうなのですが高いし週末は席を取りにくいということでバスで行くことにしました。そこで地下鉄1号線の終点ノポドンにあるバスターミナルに向かいました。
その地下鉄の車内で見た光景です。座る席がほぼ埋まる位の混雑具合で学生や奥さん家族連れなどいろんなグループが乗っていました。ある駅に停まると老人の団体が乗って来ました。すると話をしていた学生達が一斉に立ち上がって席を譲ったのです。老人達は何事もなかったかのようにそこに座り学生達も立ったまま話を続けていました。その光景がとても自然で当たり前なのです。日本ではなかなか見られなくなってしまったこの光景を見て何だか心が温まりました。
Img_6961 Img_6963 Img_6958 さてバスターミナルに着きました。ここからソウルまで約4時間半のバスの旅です。料金は2740円です。高速道路をひた走るバスは横3列のゆったりシートでとても快適です。窓からは韓国ののどかな田園地帯が広がっていました。途中1回の休憩を挟んでちょうど4時間半でソウルのバスターミナルに到着しました。

Img_6965 そこから地下鉄を乗り継いでソウルの宿Kim's Guest Houseに着きました。

Img_6970 夕食にはまた豚焼肉を食べました。辛いものにだんだん慣れてきた感じです。

2006年5月20日 (土)

アジア編2プサンの1日 2006/05/19 雨時々曇り

Img_0949 Img_0939_3 0 km/ 1120 km プサン(1 韓国)

今日はまずジャガルチ市場に行きました。ここは魚を始め肉、野菜などの生鮮食品や生活用品など多種多様な物を売っている市民の台所です。水槽に入ったウナギやたらばがになどおいしそうなものがぎっしりでした。

Img_0941 まずはここで腹ごしらえに鯖の塩焼き定食を食べました。韓国では定食にはキムチなどの小皿が5品位一緒に出てくるのでとても食べ応えがあります。今日は8品もありました。これで締めて300円はうれしい。

さてそれから韓国でも有数の大温泉地に行きました。地下鉄の駅はその名も温泉場です。駅から歩いて10分位の所に温泉街らしきものがありました。しかしガイドブックも観光案内もなかったので日帰り入浴できる場所がわかりません。看板はほとんどがハングルのみで書かれているので全く読めません。おまけに人に聞こうとしても日本語や英語はわかってくれません。

P1450432b 30分位歩き回ってやっとたどり着きました。中はスーパー銭湯のようにいろんな浴槽があって結構混んでいました。そこでやってもらった垢すりは痛いけど気持ちよかった~。

Img_0955 さてそこから海を見に行きました。プサンは海外沿いにある街で海側の高台には高級住宅街がありました。

Img_0982 Img_0988 そして夕食には鶏の焼肉ダッカルビを食べました。辛い味ですがくせになるおいしさ。チヂミもカリッとしていけました。

旅行に出るといつも食欲旺盛になるんですが今回も出だしからがんがん飛ばしてます。これからも安くておいしいもの目指して食べまくるぞ!

尚、同じ地点の中に留まっていた場合は移動距離を0キロとしました。

2006年5月19日 (金)

アジア編1 さあ始まるよ- 2006/05/18 雨時々曇り

1120 km/ 1120 km 世田谷区(日本)-成田空港(日本)-プサン(1 韓国)

Asia

いよいよ出発の日です。

Img_6926 自分で買ったりいただいたりした4つのお守りをバッグに入れて準備完了です。

小雨の中自宅から新宿駅に向かい、そこから成田エクスプレスで空港まで。今日は人が少なく3割ほどの埋まり具合いでした。バスと違って1時間半位で時間通りに到着するのがいいですね。

でも飛行機はほぼ満席の込み具合でした。

Img_6933 ほんの2時間ちょっとのフライトですが機内食が出ました。何かと思ったら何と手巻き寿司でした。それがナムルっぽい中身でこれから韓国に行くんだということを実感しました。

Img_6936 ちょっとうとうとしていたらもう到着です。プサンはあいにくの小雨模様でしたが気温は18度と半袖でも平気でした。

ビザも帰りの航空券も持ってなかったので入国審査が少し心配でしたが、全く問題なく90日の入国許可をくれました。

Img_6938 Img_6940 空港からは空港バスと地下鉄を乗り継いでプサン市内にある Guest house 4u という宿までやってきました。

Img_6941 もう22時近かったので宿の人に案内してもらって近くの店で食事をしました。豚肉の焼肉(名前忘れた!)なんですがサンチュやごまの葉で包んで食べるとってもヘルシーでおいしい料理でした。

昨日遅くまで最後の準備をしていたので今日は早めに寝ることにしました。

2006年5月11日 (木)

出発は5月18日に決定

ICパスポート、中国ビザ、予防接種、バックパック、パソコン、海外携帯、、、

準備も着々と進み出発日も5月18日に決定しました。

その最初の目的地は

韓国プサン

です。

ようこそ世界の入り口へ

Asia_1 Japan

はじめまして。YOSHIと言います。

自分は現在45才の元サラリーマンです。

長年続いたサラリーマン生活に別れを告げて、この度小さい頃からの夢だった世界一周の放浪の旅に出ることにしました。ここまでは結構長い道のりでしたがついに実現することになったのです。

ここを訪れて下さった方の中には同じような夢を持ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。その夢を是非実現すべく少しでもその助けになればうれしいです。

またこれから始まる放浪の旅でご一緒に旅を味わっていただけたらなぁと思います。

それではいよいよ世界放浪の旅、はじまり~。

トップページ | 2006年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ