相互リンクさせていただいています

  • 奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活
    2008年3月にウシュアイアでお会いしたカップル。ニックネームもユニークですが、世界各地で行われるマラソン大会に出場しながら各地を周るというこれまたユニークな旅をしている元気なお二人。長い滞在ならではの穴場情報もありますよ。
  • 一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行
    1982年生まれのKJさんが経験したヨーロッパ・アジアでの海外一人旅の旅行記を画像・動画を交えて綴ります。
  • 雲と地平線の間
    2007年4月ジンバブエで会った友達。2008年再びジンバブエでの生活を始める。旅の中で考える様々なことを綴った日記は興味津々です。
  • バックパッカーズ
    3年半に及ぶ世界一周の旅を紹介するとともにバックパッカーに役立つ情報を満載しています。,長旅の準備,世界の安宿,193カ国の査証(ビザ)・国別情報,旅行用語集など見ているだけでワクワクしてきます。
  • ねこ旅
    世界各地を旅行されているぐれねこさんのサイトです。ぐれねこさんお手製のイラスト地図は情報が入りにくい地域の物が多くとても参考になります。

最近のトラックバック

« アジア編12 天津から北京へ 2006/05/29 晴れ | トップページ | アジア編14 中国王朝の象徴 2006/05/31 曇り »

2006年5月31日 (水)

アジア編13 北京と言えば 2006/05/30 曇り

0km/ 2509 km 北京市-タイ大使館-ワンフーチン(王府井)-北京市
Img_7277 今日は昨日に続いて牛肉麺を食べました。チェーン店の店で食べたのは昨日のとは全く違って濃い色のスープでした。これはこれで150円でおいしかったですがやはり昨日のがまた食べたいです。
さて今日は後日に備えてタイ大使館にビザの申請に行きました。窓口では丁寧に質問に答えてくれましたが申請は午前中のみというので明日出直して来ることにしました。
それからやはり中国での情報をもっと欲しいと思い旅行ガイドを探しに行きました。近くにある大きな本屋に行ったのですがそこにはほとんど中国語のガイドで少し英語がある位でした。仕方がないので北京の日本大使館に電話をしました。そして北京市内で日本語の本を売っている書店を聞いたところちょうど自分がいるワンフーチンの中に外国書専門店があると言うので教えてもらいました。今まで日本大使館に世話になったのはこれが初めてです。その店に入ると中に日本書の専門コーナーがあって文庫本、漫画、旅行ガイドなどいろいろ売っていました。地球の歩き方を買いました。これで中国の情報をかなり取れると思います。
Img_7281 Img_7283 Img_7287 この辺りには大きなデパートや小さな土産物屋、食べ物屋などがひしめいています。こーんな物も売ってました。

Img_7290 Img_7291_1 Img_7299 さて北京に来たらやはり本場の北京ダックを食べたいと思い全聚徳と言う店に行きました。ところがそこは高級料理店でちょっと不似合いな感じでした。それでもほどよく焼けた皮が香ばしくとても甘みがあってネギや味噌などと一緒に薄い皮に包んで食べるともう最高の味でした。1羽分で3000円ちょっとなので日常の食事に比べるとすごく高いですが滅多にないチャンスなので満喫しました。

Img_7302 夜の天安門はライトアップされてとても美しかったです。

« アジア編12 天津から北京へ 2006/05/29 晴れ | トップページ | アジア編14 中国王朝の象徴 2006/05/31 曇り »

コメント

北京ダックはあるんですね。縁起ものだと聞いた事があるんですけど真実は?串にさしてあるのがグロイですね。あれを買って食べてる人っているんですか?観光用?高級料理?日本でも、たまにそういう店があるけど庶民的じゃないですよね。。

画像は竜の落とし子とサソリですか??小さく写ってるときはきれいだなーと見てたんですが、クリックするとグロすぎ・・・・。まさか食べるのでは?

中国のスケールはでかいね!建物といい、道路といいさすが大大陸国家。でも三輪タクがあったりと人力パワーも健在のようで面白い。でも皆さんと同じで、タツノオトシゴ&サソリの見世物には...降参です(^^;まさか食べられる訳は無いと信じてますが。それとも漢方素材かしら?
まだまだじっくりと中国を見せてください、興味津々です。
では、元気にがんばって(^^)/

TERUさん、
北京ダックにも高級料理もあれば庶民のおかずもあるようです。おかずの場合は皮だけじゃなくて身も全て食べるようです。またお持ち帰り用も売ってました。

minoruさん、
その通りです。もしかしたら人目を引くために飾ってあっただけかも知れませんがちょっと食べられないですよね(汗)

ひらりんさん、
確かにスケールはでかいですね。それだけに地図を見て近いからと思って歩いて行こうとすると痛い目に合います(涙)
食べ物に関してはこれからもいろいろありそうな予感が(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177483/10331111

この記事へのトラックバック一覧です: アジア編13 北京と言えば 2006/05/30 曇り:

« アジア編12 天津から北京へ 2006/05/29 晴れ | トップページ | アジア編14 中国王朝の象徴 2006/05/31 曇り »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ